トラを抱きに

【2012.7 バンコク滞在記】

久しぶりにバンコクでの日々の事を書くことに。

今回のバンコクでは、心身ともに疲れ果てた体や心を休めるために滞在していた。

しかし、5年ぶりのバンコク。
私は、どうしても行きたいところがあった。
今回のバンコクではゆっくりするとともに、『トラを抱きに行く』ことも1つの目的だった。

5年前、トラの赤ちゃんを抱きに行った。
今回は、大人のトラを抱きたい!!

日曜日はみ―君も仕事がお休み。
み―君と一緒に出かけることにしていた。

しかし、大人のトラを抱ける所はバンコクから遠く、み―君はそこには行かないと言う。

「大人のトラを抱ける所はバンコクから遠いんだー
俺はそこには行かないから、かおりちゃん1人で行ってきな。
その代わり、以前君が行ったことがあるトラパークに行こう。
運転手付きの車を手配したから、オーさんとオーさんのお姉さんの4人で行こう」

当日、朝起こされると(いつも起こされる)
オーさんが朝から朝食を作ってくれていた。
7.1 (2)朝食

早く家に到着してたオーさんのお姉さんと一緒に朝食を食べ、チャーターしていた車に乗り込み4人で出発!


おーさんのお姉さんと聞いていたが、全然似てない。
オーさんも「お姉さん」と呼ぶが、実は本当のお姉さんではなく、同じ村出身で幼馴染の少し年上のお姉さん。
家族ぐるみの付き合いをしている仲だった。

お姉さんから「バンコクでは、もう寺院には行った?」と質問があった。
「行かない」
それを聞いたお姉さんはびっくりしていた。
「何をしに来たの?」
「トラを見に来た」
今から虎パークに行くこともあり、お姉さんは納得しつつ驚いていた。
「トラに会いに行くことが目的」なんて人と初めて会ったらしい。



トラパークへは、車で2時間ほど。
 ※ もしバスで行くと3-4時間かかる。
   しかも直通バスが無く、途中でバイタクかトゥクトゥクをチャーターしないといけない。
   現地ツアーで行く方が便利と思う。

5年ぶりのトラパークの駐車場には、大型バスがずらーーーっと並んでいる。
大型バスから、次々に乗客が降りてきて、パーク内に入って行く。

5年前は、駐車場もバラバラで、園内もガラガラ。
唯一出会った客は、イラン人観光客家族だけだった。
ほんとうに客がおらず、近いうちに潰れるんじゃーないか?と心配したほどだった。

今回はパーク内は改装されお客も多く、以前と比べると建物が増え、トラが増えていた。

前回のように、トラ、犬、豚が一緒に入れられた場所はなかった。
あれは強烈やったのに、ちょっと残念~

ショーの種類も増えていたように思う。
以前は、ゾウとトラのショーだけで、私は帰りのバスの時間もあって、肝心なトラのショーが見れず帰るはめになった。
だから、今回はトラのショーを見るのが目的。

その前に今回も子トラを抱っこ♪
7.1 (330)虎ミルク
2回目なので、ちょっと余裕。
子供のトラだが、手足がデカイ!!
一心不乱にミルクを欲しがるところがかわいい~♪

ちなみに5年前はこんなん。
2007年 トラ抱っこ
わー! 5年前の写真を見比べてびっくり!
私、今の方がえらい太ってる~
トラも2012年の方がデカイ!


子トラと抱っこして写真撮影 
150B(約400円 2012年7月レートでの計算)

トラパークの入場料 
450B(約1200円) 2012年7月現在

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • トラを抱きに
  • 2012年09月13日 (木)
  • 12時34分59秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる