本を出したことによって見えてくる人間像

私は旅行記本を2冊出している。

 


本を出したことがきっかけで、たくさんの人と出会い、親しくさせてもらっている。

最近では、私がなぜ本を出すことになったのか、どんなに苦労をして本を出版するまでに至ったのか、全く知らない人が増えている。

「本を書いている人」
「本を出版した人」
「作家さん」
として見たり、接してきたり。

そのような人は、たいてい
「本、何冊売れてるの?」
「英語話せるんですよね?」
と、聞いてくる。

そんな目線で付き合われたりするのはすごく嫌。

そのようなことを言われるたびに、
この人は物事をそのような目線でしか見ないんだな・・・って思ってしまう。

私が英語も中国語も話せないとわかると、徐々に態度を変え小馬鹿にしてくる人もいる。
 


英語や中国語が話せないと外国に行ったらあかんの???


私の本は、

『英語話せないから…と外国旅行を諦めるのではなく、
勇気を出して一歩踏み出そう!』

旅ではトラブルがつきもの。
トラブルが無いスムーズな旅などありえない。

まず違う国の文化に触れてみよう。
いろんな価値観や文化が国や地域によってこれほど多彩なんだと感じることができる。
しょーもないこだわりや悩み、固定観念を取りはらって、今までと違った自分を見つけよう!

旅は比日常。
ありきたりな観光名所に行くだけでなく、その地に立った喜びを思うぞんぶん楽しみ
ワクワク、ドキドキ感をかみしめられるのも旅の良さ。

そのようなことを、私の旅を通しドキドキハラハラ感を味わいながら、
読み終わるころには、ちょっと勇気がでてくるような本に仕上げている。




正直言って、お金も時間もかけている本だから、ちゃんと買って読んでくれる方が嬉しい。

印税が目的で本を出したのではない。

有名になりたいから本を出したわけでもない。


今まで一歩も踏み出せなかった人の”心を動かせる本”にしたいと思って書いただけ。


昔から付き合いがある親しい友達は、私の考え理念をよく理解してくれているけど、
何も知らない人は、
「作家といっても本で食べていけてるの?」
「たいして売れてないんでしょ?」とか言ってきたり
態度がそのように出ていたりする人もいる。

そのような人と出会うと、悲しくなってくる・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 本を出したことによって見えてくる人間像
  • 2012年10月04日 (木)
  • 11時51分27秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる