友達

バンコクで私のファンが急増中らしい。(ほんまかいな??)

私の本を取り扱ってくれている親友は、
私のファンの人たちから
出会いとかいろいろ聞かれたらしい。

「韓国の空港からカオサンまで話したら、

『すごーい。運命的やね。ちょっとした一言で、繋がりができるんやね。』

と言われたらしい。


韓国の空港???

彼と会ったのはバンコクの空港で、私から声をかけて一緒にタクシーをシェアし、そのまま一緒に泊った。

(私はベット、彼は床に敷いた簡易マット。
私をよく知る人ならおわかりでしょうが、私たちは何もしてません。)


翌日一緒にバンコク観光し夕方別れ、彼はカンボジアへ。私は夜行バスでチェンマイへ。

私の記憶はそんな感じ。


彼に「韓国の空港で会ったっけ??」と質問した。

「ほら、俺が「ウォン持ってない?」って聞いたら、君は「持ってない」ってそっけなく返事したじゃん」

あーーー!!!
そうやったー

トランジットのキンポ空港で、私の前のベンチで座っていた。
彼は当時、怪しげでナニ人か分からなかった。

めっちゃ怪しげな男性が急にクルッと振り返り、突然「ウォン持ってない?」と日本語で言ってきた。
見知らぬ人にかつ上げされる!
びっくりして「もっ、もっ持ってません」と返事した。

出会いは、いつもちょっとした一言。

その後つながっていくか、疎遠になるかは、お互い次第? 運しだい? 


私は、旅先でいろんな人と会う。
出会った時のフィーリングもあるし、この人と友達になりたいなー
友達関係を続けていければいいなーって思う人には連絡先を聞くし、帰国後には連絡を入れる。
(連絡をとりたいけど、おこがましく感じたり躊躇してしまって連絡取れずにいる人もいる)


私は出会いを大切にしてるつもり。

ただ、結婚や出産で疎遠になってしまったり、
一瞬にして壊れることもある。。。



どんなに親しくなっても相手への気づかいが大切と思う。



バンコクに住む親友とは、帰国後も頻繁に会っていた。
海外で知り合い、その後5回一緒に海外旅行もした。
長い時には3週間一緒に南米横断をした。
(しつこいようだが男女の関係など一切ない)

些細なケンカはある。
私が覚えてるケンカは、旅先のチュニジアでジュースの取りあい。
彼は仕返しに、長距離バスでの移動中、トイレに行った私を置いてきぼりしてバスを出発させ、
私は必死にバスを追いかけた。
その時は気まずい空気だったが、バスから降りるときにはもう普通どおり。
彼は基本よく笑うから、いつも2人で大笑いしている。
仲直りのきっかけは覚えてないけど、きっと何かおもろいことがあって2人で笑ったんだろう。

彼は写真がヘタ。
でも本人は、自覚が無い。
遺跡や景色をバックに彼に撮ってもらうが、まともな写真が無い。
フィルムカメラ時代には帰国後現像してみると、めちゃめちゃなアングルだったり、私の顔が隠れていたり、まともな写真が無く怒り爆発したことが多々ある。
その度に、彼は自分の写真の腕のなさに笑い転げる。
私もつられて笑ってしまう。



出会って10年目の時。
何気に「私らって出会ってもう10年になるねんなー」とつぶやいた。
「そうか~ もう10年になるのかぁ~
今まで友達でいてくれてありがとう」

そう言われた時、驚きつつグッと胸に響いた。


彼との友情、信頼関係だけは崩さないようにしていきたい。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 友達
  • 2012年10月05日 (金)
  • 12時52分19秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる