三宅島の旅 『朝日』

【2012.1.26-28 三宅島の旅 その2】

三宅島に到着したはいいが、まだ真っ暗。
しかも、眠くてたまらない。

三宅島到着

レンタカーを事前に予約していて、レンタカー屋さんが港までピックアップに来てくれた。
レンタカー屋(ガソリンスタンド)で、手続きをすませ、朝日が見れるお勧めの場所を聞くが、
島の人は、朝日など興味がないのか、どこがお勧めと聞かれても困り果て、
「太陽は海から出て来るから、どこでも見れますよ」というのが答えだった・・・

島の地図をもらい、東西南北を把握し、島の東側を走る。
島の東側は、まだ有毒ガスが出ていて、高濃度危険地区がある。
もう少し北に行くと、高台に登れそうな道がある。
そこを目指した。

三宅島の道は簡単。
島を大きくぐるっとまわれる周遊道路が幹線道路。
数本だけ島の中心にある雄山の中腹に伸びている。
とは言うものの、道は廃道のよう。

朝日が出る前に見晴らしがいい場所を見つけたい。
せっかくだから、高台で見たい。
細くうっそうと草が覆っている廃道のような道を登って行く。

「火の山峠」という展望台に行くことができた。

島の中心にある雄山と2日間私と共にしたレンタカーの軽四。
雄山とレンタカー

だんだん空が明るくなってきた。
今日は水面には雲がかかっている。
朝日1

だんだん太陽が昇ってくると、雲の縁が金色に輝いた。
朝日2

グレーだった雲がピンクに変化してきた。
朝日3

そして、雲から太陽がやっと出てきた。
朝日4
太陽が出たとたん、周囲の草が黄緑色に輝いた。
朝日を受けた山

朝日は気持いい~
朝日を受けながら、何度も深呼吸。
朝の空気は冷たくて気持いい~♪


が、私はすごく眠い…
宿では朝7時半に朝食。
私は、とりあえず、宿にチェックイン。
朝食時間まで少し仮眠を取る。
宿の部屋

朝食

朝食を食べ終えると、車に乗り込み、いざ三宅島観光へ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 三宅島の旅 『朝日』
  • 2012年11月02日 (金)
  • 18時36分42秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる