三宅島 『新鼻新山』

【2012.10.26-28 三宅島の旅 その6 】

「新澪池跡」と同じ1983年の噴火によってできた山「新鼻新山」へ

私の中では今回の旅のメインな場所。
新鼻新山説明 RIMG0117

海辺一帯は、直径1cmほどの小さな溶岩が覆っている。
新鼻新山3 RIMG0166


実際に行ってみると、想像をはるかに超えたものだった。
規模が大きい。



赤い突き出した半島の上に登ってみた。
先っちょの小さな粒が私。
新鼻新山2 RIMG0155
どれくらいの大きさなのか、わかるかな?


新鼻新山1 RIMG0133
赤い地層は鉄分を多く含んでいる。

同じ大地なのに手前は黒、奥は赤
地層も美しいとさえ思えるほど見事。

自然が作り出した芸術作品や~


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 三宅島 『新鼻新山』
  • 2012年11月05日 (月)
  • 15時38分23秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる