海外旅行中に死亡したら 

あなたは海外で旅行中、自分が死亡したらどうなるのか、考えたことはありますか?

パックツアーに参加して海外に行く場合なら、
現地で何かあれは添乗員から旅行会社に連絡がいき、旅行会社から家族に連絡が入り、旅行会社がいろいろ動いてくれるでしょう。


今回ちーちゃんの死によってわかったこと、
個人旅行中に海外で死亡すると、家族はどれだけ大変なのかお伝えしようと思う。


「バックパッカー」といわれる個人で飛行機を手配し、個人で海外を旅する人が、
旅先で死亡すると、
現地の警察から日本大使館に連絡が入り、外務省から家族に電話が入る。

家族が海外旅行中だと知ってる場合はすぐ理解できるが、
長い間1人住まいをしていて、しょっちゅう海外旅行に行く人の場合、
わざわざ毎回、実家や家族に〇~〇日まで〇〇に行ってくるなんて伝えないでしょう。

長旅なら言うかもしれない。
しかし、韓国や台湾、香港2泊3日くらいなら、わざわざ家族に言います?
しょっちゅう行ってる人なら、国内旅行に行く感覚で、友人にも言わずに行く人が多いのでは?

しかし、伝えずに行ってしまうと、家族はすぐ理解できない。
まさか自分の子供が!?
今までいろんなところに行って旅慣れてるはずなのに「海外で死亡した」と、突然外務省の担当者と名乗る人から電話があっても、すぐには理解できない.
オレオレ詐欺の新バ―ションかと思うみたい。

だから行く前には、今から行く国を家族に一言言っておいた方がいい。



外務省から連絡があると、次に何をしないといけないのか。
すぐに家族が現地に駆け付け、遺体確認する人がほとんどでしょう。

ちーちゃんの家族は現地に行ってない。
迎えに行くより、1日でも早く日本に返してあげたいという思いから、家族は現地に行ってない。

もしも、行くとなれば、飛行機の手配は、自分でしないといけない。
外務省は、旅行会社を紹介してくれるだけ。
ま、家族全員がパニックになってる場合、外務省の担当者が旅行会社と連絡をとっていろいろと動いてくれるかもしれないが、最終的な手続きは家族が行うことになる。

そして、遺体を日本に送ってもらうことになる。

ここで、大切なことがある。

あなたは海外死亡保険に入っていますか?

海外死亡保険に入ってると、保険会社が遺体を日本に運ぶ手続きをしてくれるが、もしも加入していない場合は、家族が手配しないといけないし、悲しみのどん底に突き落とされた家族は、遺体を引き取るために大金も払うことになってしまう。
だから、海外旅行に行く際は、必ず海外死亡保険に加入することをお勧めする。

今は、海外旅行保険付きのクレジットカードがある。
クレジット会社や補償内容にも異なるが、一番安いもので年会費1500円程度で、死亡の場合1500万円だったと思う。
家族に保険金をたくさん残したいと思ってる人は別だが、そうでないという人はクレジットカードの海外死亡保険で十分。


「自分は海外死亡保険に入ってるから大丈夫」と思っていても、家族は知らないことが多い。

だから、普段から親しい友人や家族に「〇〇カードの海外死亡保険に入ってるから、自分が死んだら〇〇カードに連絡して」と言っておくことをお勧めする。


ちーちゃんの場合、家族に言ってなかった。
私も聞いたことがなかった。
私は「何かあればお願いね」と言っていたが、ちーちゃんは自分のことは言わなかった。

家族から電話があり「ちーは海外旅行保険とか入ってたんでしょうか?」と聞かれた。

「ちーちゃんは旅行する度に保険に入ってなかったから、
きっとクレジットカードに保険が付いているのに入ってると思う。
ちーちゃんが持ってたクレジットカード会社は知らないですが、クレジットカードがあるはずです。
でも、クレジットカードは海外でもしもの時に使うものだから(私らは)、現地に持って行ってる可能性が大きいですね…
犯人にカードを盗まれてなかったら、遺品にあるはずですが…」

私の知ってる限りの事を伝えて、一旦電話を切った。

遺品が戻ってくるまで待ってられない。
外務省から現地の日本大使館連絡してもらい、遺品の中にクレジットカードがあるか確認してもらうしかないかも…
そういえば…
ちーちゃんは、「クレジットカードは親名義だ」と言っていたのを思いだした。
(だからほとんど使用してなかった)

そのことをすぐに電話で伝えた。

お父さん名義のクレジットカードだったから、すぐカード会社がわかり手続きができた。
(お父さんは海外に出張経験があり、その時にカードの海外死亡保険に加入していたらしい)

しかし、一般的には親やきょうだいは、本人がどのクレジットカードに加入してるかなど知らない。
よく一緒に買い物行ったるする友人の方が詳しいかも。

いくら親しい友人の方が理解してても、連絡が入るのは家族になる。
死亡した時に連絡がいく家族には、海外死亡保険が付きクレジットカードの名前や連絡先を伝えといた方がいいだろう。


カード本体がなくても、加入してるクレジット会社に電話し事情を説明したら、あとは外務省と連絡をとってくれ、いろんな手続きを素早く行ってくれる。


その他に、家族は亡くなった本人が利用した旅行会社を外務省や保険会社に伝えないといけない。
しかし、今の時代ネットで予約し、メールでEチケットが届く。

全て、メール・・・

携帯メールに届けてもらう人もいれば、PCに送ってもらう人もいるだろう。
ここで問題が発生する。

携帯だと、最近は海外でも使用できるため、携帯を旅先に持って行く。
そうすると、どこの旅行会社を利用していたのか、家族は探しようがない。

では、PCなら大丈夫、と思った人もいるだろう。
しかし、ここでも問題がある。
最近は、hotmail,Gmail,Yahooなどのフリーメールを使っている人が多い。

そうすると、パスワードが必要になり、パスワードを入力しないとメールが見れない。

ちーちゃんは、携帯を一人で住んでいた家に置いて行ったが、携帯には旅行会社からのメールは入ってなかった。
(ちーちゃんは、けっこうpcメールを使用していた)
しかし、ちーちゃんのフリーメールのパスワードを誰も知らない。

旅行会社がわからない…
次から次へと、いろんなことが分からない事だらけ・・・

「そういえば。。。ちーちゃんはバンコク経由と言ってたから、タイ航空を利用してたはず!」
と家族に伝え、タイ航空連絡し、調べてもらって旅行会社がわかった。


ちーちゃんの家族は、海外とは無縁で、海外旅行に関することは誰もわからなかった。
これはちーちゃんの家族だけではないと思う。

家の前には、取材陣が詰めかけ、警視庁から連絡がいって、家の前には警察が警備の為に立ってくれている。
今まで経験したことがない状態。
家では、いろんな人、いろんなところから次々に電話がかかり、その中にはメディア関係者も。

外務省から電話があるたびに、新しい情報も入ってくる。
家族は悲しみの中、いろんな対応に追われながらも、遺体を帰国させる準備をしないといけない。


情報が錯綜しショックで冷静に考えられない時に、どこの保険に入っていたのか、死亡保険会社の電話番号、利用した飛行機会社、今回利用した旅行会社など、なかなか思いだせない。


ちーちゃんのPCメールには、たくさんの情報が入ってるだろうが、パスワードは本人しか知らず…
きょうだいや親せきが試行錯誤したようだが、今もPCメールを開けることができないらしい・・・


よく海外に行く人は、(海外で亡くなった場合だけに限ったことではないが)
エンディングノートのようなものを作り、誰が見てもわかるように
死亡保険の加入先、連絡先、PCアドレスのパスワードを書いておいた方がいいと思う。

そして親しい友人数人の連絡先も記入するように。

大人になれば、家族より友人の方が、よく理解している場合が多い。
親は子供の友人の名前は知ってても、連絡先まで知らない。

仲がよかった友達に連絡すれば、他の友人たちとも連絡が届き、お通夜、お葬式の連絡をしてくれるでしょう。

そして、自分が事故などで亡くなった場合、動いてくれそうな親しい友人には、実家の連絡先を伝えといた方がいいかもしれない。


ちーちゃんは、SNSに登録していた。
しかし、家族はちーちゃんがSNSを利用していたことも知らなかった。
親やきょうだいは、それを利用していない。
生前からSNSで繋がっていれば、友達にメッセージを送ることができ、友人たちに知らせることができる。
亡くなってから友達として申請しても、承認してくれる本人はもういない・・・
メール同様、SNSのパスワードもわからない・・・
そのため私が、ちーちゃんのSNSでつながっている友人たち1人1人に連絡を入れた。


事故などで突然自分が死ぬことも想定し、残された人にもわかりやすくノートや紙に書いて封筒に入れて、
「もしものことがあればこれを見て」と渡しておいた方がいいでしょう。
PCのデスクトップに置いておいて「もしものことがあればPCを見て」というのもいいかもしれないですね。

人生何があるかわからない。
これは海外行く人に限った話ではない・・







コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

とおりすがりの女様

お知り合いが海外で死亡されたのですね・・・
さぞかしショックを受けただろうとお察しいたします。

連絡が行くのは家族だけで、友人たちは詳しい情報はメディアでしか得ることができないので、途方にくれますよね・・・
家族がSNSをしてて、友人たちにも情報を流してくれればいいのでしょうが、ご家族も突然死亡の連絡が入り外務省とのやりとりや手続きで大変な思いをしていることだと思います。

今は、スマホを海外に持っていくのがあたりまえになり、海外で死亡した場合残された者はスマホを入手しないと全く情報がない状態になると思います。
海外に旅立つときは、予約した旅行会社、航空会社、便名、海外保険先、スマホのパスワードなど紙に書いてすぐわかる場所(テーブルの上など)に置いていくことをお勧めします。

No title

非常に参考になりました。今ちょうど知り合いが海外で死亡し、対応を調べていてこちらにヒットしました。
私自身発展途上国への訪問や高所登山といった危険なことをしているのでぜひ実践してみたいと思います。ありがとうございました。

Re: No title

★ ヤマヒロさん(私が勝手に名付けました~^^)

お久しぶりです!!

私も旅の行程を渡してるけど、便名、時間を書くくらいで、死亡保険の電話番号とかも書かず、行程は大雑把でほぼ空白ですわー
旅は予定通りにいかないものですしね・・・

死亡保険の電話番号は、しっかり書いておいてた方がいいですね。

今年も中国行きますか!?
私はどうしようか悩み中です・・・
行くとしたら8月に貴州省かなー?
一度夏に行ってみたいしね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

不確かなものでも、一応行程表作って、パスポート番号とかクレジットカード会社、旅行保険番号とか記入して、親、家族にはファックスするぐらいの事はした方が良いと思います。
日本に残る人へのマナーかな?

いつも、行程としては往復のフライトしか書き込めませんが、他の情報加えてカレンダーにベタ付して出かけていますよ。
家族から「で、どこに泊まってるの?」と聞かれますが。笑

Re: No title

★KAYOちゃん

読んでくれてありがとう。
親しい友人には、実家の電話番号や親の携帯番号とか伝えといた方がいいと思う。
親にも、親しい友人の電話番号を伝えといた方がいいよ。
私はちーちゃんの実家の電話番号を聞いてたけど、高校時代の親しい友人も実家の電話番号は知らずやってん。
実家の電話番号知ってる友達なんて小学、中学くらいかもな…

この話をすぐ書きたかったけど、ご両親、きょうだいへの配慮もあって、ブログに書くまで1年半かかってしまった。。。


> エンディングノートって高齢者用のことばかり思ってたけど、
> 個人旅行に限らず、1人暮らしだともしものときのために必要なんですね~
> 友達関係なんて絶対に親は知らないし。
>
> 私は旅行に行くときは1泊2日の国内でも一応行先は両親に伝えるようにしています。
> 海外だと飛行機の便名と宿泊予定のホテルの連絡先は必ず。
>
> でも保険のことまでは全然頭にありませんでした。
> すっごい勉強になりました!!

No title

エンディングノートって高齢者用のことばかり思ってたけど、
個人旅行に限らず、1人暮らしだともしものときのために必要なんですね~
友達関係なんて絶対に親は知らないし。

私は旅行に行くときは1泊2日の国内でも一応行先は両親に伝えるようにしています。
海外だと飛行機の便名と宿泊予定のホテルの連絡先は必ず。

でも保険のことまでは全然頭にありませんでした。
すっごい勉強になりました!!

Re: No title

★ sky_Aさん

お久しぶりです!!
お元気ですか?
読んでくださってありがとうございます。

エンディングノートを作ったら、実家に渡しておくか、置き場所を家族に伝えといてくださいね!

親しい友人には、親きょうだいの電話番号を伝えといた方がいいと思います。


No title

エンディングノートつくんなきゃデスね。
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 海外旅行中に死亡したら 
  • 2013年02月01日 (金)
  • 10時46分21秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる