都内の6つの山を制覇

4/14(日)は、朝からはりきって都内にある山に登ってきた。
しかも6つの山を制覇した!
1日して6つの山を制覇なんてすごいでしょー

高尾山じゃーないですよ。
目黒~品川にある5つの台地『城南五山』+ミニ富士(富士塚)に行ってきた。

「城南五山」は、目黒駅から品川駅の南にある台地のせり出した5つの部分。
これら5つの山を総称して『城南五山』と呼ぶ。
5つの山は、花房山、池田山、島津山、八ツ山、御殿山。
台地と谷戸(台地や丘陵を水などが浸食して形成された細長く入り組んだ低地)が複雑に入り組んだ地形。
この5つの山の名前は、今ではマンション名にしか残っていない。

ここは江戸時代、薩摩藩の島津邸、岡山藩の池田邸、徳川の別宅があった大名屋敷だった。
(山の名前は大名の当主名にちなんでいる)

大名屋敷は明治以降も残っていたらしいが、その後は分割されて高級住宅になっていった。

この地に建つマンションはこのんで五山の名前をつけ、
「入居できるものはお殿様レベルの選ばれたお客様」と現代長者の心をくすぐるのだとか。
実際行ってみると、たしかに、山の名前が付いたマンションばかりだった。
しかも高級感たっぷり。

台地(山)や谷をアップダウンしていると、山ではない谷にも山の名前が付いてる物件があったり・・・
山の上(台地の上)だけでなく、現代では、谷でもその一帯が高級住宅地のエリアになってるのかも???
でも、やはり、台地の上と下では、家の大きさが全然違う。

ちなみに、この「山」は正式名称ではないから、現代の地図には載ってない。
ネットで山の名前を検索しても、不動産情報ばかり。


朝9時に目黒駅下車。
尾根道の目黒通りを進む。
東京 目黒駅前

目黒駅から3本目の角を曲がると、その先の道が消えている。
東京 坂 花房山
ここが花房山の台地の終わりで、ここから急な坂道になる。

この坂の入り口横に、
世界のナベアツとコンビを組んでいた元ジャリズムの「オモロー山下」の『山下本気うどん』の店がある。
以前、食べに行った時、店の前の坂道が気になっていた。
山下本気うどん
山下本人がうどんを作って店を切り盛りしていた。
彼は香川出身だからうどんは本格的でおいしい!
山下本気うどん
写真ではわかりにくいが、店(建物)の入り口を見たら、どれくらいの傾斜かわかりやすい。

写真中央の道を進むとひたすら下り坂。
東京 坂 花房山
振り返るとこんな感じ。
東京 坂 花房山

途中、うっそうと木が生い茂る場所に道沿いにはコンクリートの高い塀が続いていた。
タイ大使館
ここは、なんやろう~?と近づくと、タイ大使館だった。
タイ大使館
あれ?タイ大使館って、千鳥ヶ淵横のインド大使館の裏じゃーなかったっけ??
ここは大使公邸かな???
ま、深く考えず、次の池田山を目指す。

坂を下りきると、正面に山手線の線路に突き当たる。
東京 坂 山手線
山手線沿いに五反田方面に歩き、路地を入って、できるだけ坂や階段があるルートを選ぶ。
東京 坂 池田山
さっきの階段の上り少し歩くと、まだ階段が。
おおー、池田山にどんどん登ってる。
東京 坂 池田山

階段を登り切ってもまた坂道の遊歩道。
池田山の階段
階段で傾斜がわかる

この坂を登りきると、池田山の頂上!
池田山の階段

登り切った所は、台地の端っこだから、道がストンッと落ちている。
池田山

池田山には、皇后美智子さんの生家跡がある。
以前、ニュースで生家跡地が公園になったって知って、行ってみたかった。
それがここ。
美智子さんの生家

有名な門も再現されたのか残っていた。
美智子さんの生家の門

美智子さんの生家跡地

美智子さんの生家跡地

美智子さんの生家の近くには、インドネシア大使公邸がある。
インドネシア大使館

インドネシア大使館
この建物は、松坂屋百貨店の創立者の子弟が結婚時に建てた洋館。
昭和11年築。
池田山の分譲当時から残る邸宅。
昔のまま使ってくれてるのはありがたいですね。
インドネシア大使館

池田山から品川駅方面を眺めた景色。
右側の緑地は、池田山公園。
池田山公園
この池田山公園は、すごい落差が見れる。
池田山公園
写真では伝わらないのが残念…

底には池がある。
池田山公園の池
昔の池田邸の一部かなー?

池田山を下って、次は島津山へ!
道を曲がると、上り坂になっていて、その正面に急な階段が現れる。
島津山への階段
この階段を登りきって振り返ると、こんな感じ。
島津山から見た階段

そして、登りきると、このような平坦な道。
島津山台地頂上
台地になじみがない私には、すごく不思議な地形~

そして、また道がストンと消えている。
なんとも不思議~
島津山
道が消えた際に行くと、こんなに急な階段が!
島津山階段
平坦な道を歩いていると思ったら、突然こんなに急な階段が現れたら、一瞬足がすくむ。

島津山を下山して、島津山を見ると、珍しく自然の崖が残っている所があった。
島津山
手前にあった建物が取り壊されて、久しぶりに崖が姿を現した感じ。
そのうちマンションが立ち、崖は見れなくなるかもね。


次に、八ツ山へ。
御殿山
さぁ~ 4つ目の山に登るぞー!

スタートからけっこうな傾斜。
八ツ山

この辺り、本当は八ツ山だけど、再開発で街が新しくなり、マンション名は「御殿山」。
「八ツ山」というより、「御殿山」という響きの方が、なんかお殿様気分かも??
八ツ山

ここはソニーの会社が点在している。
そして、頂上には『ソニー歴史博物館』がある
ソニー博物館
(冬にもう行った)
ここを登りきると高輪。
今日は高輪には行かない。
だから、八ツ山を下山する。
下山はこの急階段。
八ツ山

標高20m弱の御殿山頂上(台地上)には、原美術館がある。
原美術館

御殿山の頂上には、高級感あふれる低層マンションがいっぱいだった。
このマンションの外壁、赤のマーブルの大理石。
どこ原産かなー?
御殿山のマンション

フラフラ歩いていると、どんつき正面に、見覚えがある建物が!
ミャンマー大使館
ミャンマー大使館だった!
ちょうど1年前、ビサ取得のため来たなぁー
2回ともとんでもない大雨と強風やったなー

ミャンマー大使館

御殿山の谷には、庭園が残っている。
ガーデン

これで5つの山を制覇した。

さー、次は最終登山!

品川の線路を渡る。
品川の線路

線路を渡った先もほんとうは御殿山だけど、高級感が全然ないのはなぜ??
品川神社 までの坂
御殿山の坂を下る。
直角なカーブ。しかも坂!
品川神社 までの坂

そして、今日6つ目の登山の品川神社に到着~
品川神社
門をくぐり参道の階段を上って振り返ると、昔は海だった景色を一望できる。
都内の坂や階段を求め歩いていると、神社は台地の端にあることが多い。
都内では、神社=急な階段なのだ。
品川神社階段

が、ここは御殿山。
本当の最後の登山は、この神社にある富士塚登山!
富士塚

今日最後の登山、富士塚全貌。
ミニ富士山の全貌

一歩一歩かみしめて登る。
富士塚

さすが富士山!?
登り切ったら、こんな絶景が!
富士塚

下山してたら、どうやらこっちが本当の登山道だったみたい。
富士塚
〇合目とかちゃんと書いてあった。

この富士塚の石は、本当の富士山の溶岩で作られている。
ちょっと富士山に登った気分??

午前中の行程は終了し、品川駅でランチ。
品川でランチ

午後から白金高輪の路地探検に行くつもりだったが、午後から太陽が隠れ、風も強くなり街ゆく女性たちの髪に毛が風にあおられ逆立っている。
自転車に乗ってた人も、酷い向かい風に断念し、自転車を必死に押してすすんでた。
台風並みの強風。
午後の行程は来週に持ち越しにした。

この日は2万5000歩。
まーまーかな?

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 街が綺麗ですね

★dareoyajiさん

東京でもこの辺りは高級住宅地みたいです。
人がいないときを狙って写してるけど、dareoyajiさんの住む町は、どれだけ頑張って粘っても人が写ってしまうでしょうね^^
人が多いと活気はありますよねー

1万歩では物足りないって感じ。
ちょっと歩いたかなー?って時は2万弱ほどですね。

街が綺麗ですね

私の住んでいるところと比較してはいけないと思いつつ、東京の街は
どこで切り取っても綺麗ですね。しかし人が少ない。私の住んでいる
街は場所を問わずカメラを向けると必ず人が写る・・。私も年ですから
健康の為に最近は良く歩くように努力していますが2万歩は厳しいですね。私は足がつります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お見事!

★トモヒコさん

あー!ほんまやー!!
津島山になってる~
ありがとうございます!!
さっそく書き換え、書き忘れてたインドネシア公邸の説明も付け加えときました~

毎週末こんな感じで都内の台地や坂、暗渠を歩きまわってます。
行程(内容)が多いので、ブログになかなかアップできないですわー
今日は頑張ってこないだの行程の極々一部をアップしました~

お見事!

2万5千歩とは、よう歩きましたね。
さすがかおりさん!
東京はまさに台地と谷が入り組んだ町だということが実感できました。
富士山に登ってみたいという江戸人の気持ちがそんな所に残ってるのですね。
ところで、津島山→島津山ですよね……

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 都内の6つの山を制覇
  • 2013年04月16日 (火)
  • 11時25分08秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる