タイの老人施設へお見舞いに

◆ 2013.4/27-5/12 GW ラオス&バンコク 16日間の旅
【10day バンコク 】

5/6(月)は、タイは祭日だった。
オーさんとオーさんの友達のレックさん夫妻が車で水上マーケットに連れて行ってくれた。

バンコクからちょっと郊外だから、途中のスタンドで休憩。
私たち車の後に着いてくるように、赤で目立つ牽引車が入ってきた。

移動式アイスクリーム屋だった。
2013GW バンコク アイス売り

途中、レックさんの親族が入ってる老人施設へお見舞いに立ち寄った。

2013GW バンコク 老人施設

中庭があり、男性女性と建物が別れてて、その間に渡り廊下がある構造。
部屋は2人一部屋。
ベットと枕元に棚が置かれてあり、病室の2人部屋と同じつくりだが、日本の病室より広く感じた。
エアコンはない。
扇風機があるだけ。
窓を全開にしてるから、風はよく通ってた。
バンコクは蒸し暑く、少し動くと汗ばんでしまう。
じーっと動かないのが一番。
それっていいんだか、悪いんだか・・・?

入居者たちは、廊下の椅子に座り、ただボーーーっとしていた。


広い敷地にゆったりと建てられていて、建物前には、このような庭園もあった。
ただ、暑いからか、入居者は動けないからなのか、利用者はいなかった。

2013GW バンコク 老人施設

親族はまだ70代というが、日本人的な目線だと80代後半か90歳代に見えた。


レックさんの親族のように、このような老人施設に入れる老人は、タイではすごく特別でずいぶん裕福な家だそうな。
一般のタイ人はこのような施設には入れないみたい。

レックさんは、スタッフにトランク山積みの抱えきれないほどのお土産を持ってきていた。
スタッフへの心遣いに関心するばかり。



バンコクの町中を散策してて思うことは、「老人」の姿を見ない。

4月に初めて日本へ来たレックさんに、日本で驚いたことを聞いたら、
「老人が電車やバスに普通に乗ってることにびっくりした」と言っていた。
それはオーさんも日本に来て、すごく驚いたらしい。
「なんで、老人が1人で電車に乗ってるの?」
「なんでって言われても・・・ 老人もいろんなところ出かけたいやろう」
としか言えなかった。

バンコクの人口比率がほんとうに老人の人口が少ないようだが、公共交通機関を利用して老人を見たことがない。
「見たことがない」とは大げさかもしれないが、老人前のおっちゃん、おばちゃんなら見るが、
席を譲るほどの老人は、ほんとうに見かけない。
だから、老人に席を譲る場面を見たことがない。

オーさんに質問した「老人はどうしてるの? 老人は出かけないの?」
「老人は、家族が車で連れて行く。1人では出かけない。
日本は杖をついて電車やバスに乗ってて危ないよー びっくりした~」

国が違えば、驚く部分や場面も違う。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

★ Yasuさん
ほんとうですねー
日本は核家族で老人だけで住んでる家が多いですもんねー

タイでは、きょうだいも多く、腹違いの子も多いようで親族も多く、誰かしら両親と一緒に住んでるようですよ。

No title

日本は核家族が多いですからねえ。
老夫婦だけで住んでいる家庭も多いので、家族に外出を手伝ってもらうのも難しいのだと思います。

タイはやはり、まだ大家族が多いのでしょうか?
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • タイの老人施設へお見舞いに
  • 2013年06月06日 (木)
  • 11時51分46秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる