紫陽花を見に鎌倉へ

先々週(6/7)紫陽花を見に鎌倉に行ってきた。

しかし、正直言って、紫陽花の時期に鎌倉へ行くのが気が重かった…

それは、ちーちゃんが亡くなる3ヵ月前、彼女は紫陽花を見に鎌倉に行ってたから…

「鎌倉の紫陽花、良かったですよー」と嬉しそうに写真を見せてくれた。

私も紫陽花の時期に行って、ちーちゃんが撮った写真の場所を見つけてしまって、自分が正気でいられるかすごく不安だった。

私の心情をあまり把握してないのか、それともちーちゃんの死のショックを克服させようとしているのか、A氏が「鎌倉なんて大阪帰ったら行かれへんでー 行こう、行こう」としつこかった。

東京で暮らし鎌倉が近くなり、ちーちゃんが「良かったですよー」と言っていた鎌倉に行くことにした。
とは言うものの、すごく気が重かった・・・

ちーちゃんは鎌倉のどこに行ったんだろう…?
生きていたら一緒に行ってただろうし、ちーちゃんが行けなかったらお勧めを絶対聞いていただろう…
でも、もう聞くことはできない・・・
気が重いがいろんなことを乗り越え克服するために鎌倉へ行ってきた。。。



車窓から景色を眺めていると、下車する北鎌倉駅手前に見事な地層があった!
鎌倉 紫陽花 5
美しい~
鎌倉 紫陽花 6

地層のトンネル
鎌倉 紫陽花 3
地層が斜めになってる。
鎌倉 紫陽花 4

鎌倉の紫陽花で有名な明月院までの道中にも紫陽花がいっぱい
鎌倉 紫陽花 7

鎌倉 紫陽花 8
紫陽花の満開もきれいが、咲き始めがなんともかわいらしい~
鎌倉 紫陽花 9
な、な、なんじゃこの紫陽花~!
鎌倉 紫陽花 10

明月院の紫陽花
鎌倉 紫陽花 11

鎌倉 紫陽花 12

鎌倉 紫陽花 13

鎌倉 紫陽花 14
紫陽花って可愛いなぁ~
鎌倉 紫陽花 15

鎌倉 紫陽花 35

鎌倉 紫陽花 16

鎌倉 紫陽花 31
明月院は水色の紫陽花が多かった。
鎌倉 紫陽花 33


鎌倉 紫陽花 18

鎌倉 紫陽花 17

鎌倉 紫陽花 30



明月院の奥に菖蒲園があるが、別料金500円を支払わないといけない。
せっかくだから、私1人入ってきた。
鎌倉 紫陽花 菖蒲 21

鎌倉 紫陽花 菖蒲 22

鎌倉 紫陽花 菖蒲 23

鎌倉 紫陽花 菖蒲 24
菖蒲園の端に、古墳があった!
菖蒲の奥
鎌倉 紫陽花 菖蒲 25

菖蒲園に小さな滝があり、周辺には苔があった。
鎌倉 紫陽花 26
最近、苔が好き。
苔はよーく見るといろんな種類がある。
鎌倉 紫陽花 27
苔ってジメジメしたイメージがあったが、苔を近くでみると、すごく美しい。

鎌倉 紫陽花 28

鎌倉 紫陽花 32


円窓の奥は菖蒲園
鎌倉 紫陽花 29

明月院を出たどっかの寺院(名前忘れた~)
鎌倉 紫陽花 34

鎌倉 紫陽花 36

鎌倉 紫陽花 37

山道の大仏坂ハイキングコースのルートで移動。
ここは「尾根道」
鎌倉 紫陽花 38
鎌倉 紫陽花 39

けっこう本格的な山道で、このルートでは誰ひとり会うことはなかった。
鎌倉 紫陽花 41

鎌倉 紫陽花 42

鎌倉 紫陽花 43

「大仏切通し」
鎌倉 紫陽花 40

この神社はお金を洗うと増えるらしい(?)
鎌倉 紫陽花 45
このトンネルを入って抜けると神社がある。
鎌倉 紫陽花 44
数万円洗ってる人がいて、びっくり!
札を洗うかっ~~

長谷寺へ
鎌倉 紫陽花 長谷寺 47
私が行ったのは平日だったからまだ人が少なかったが、週末だととんでもない人だろう。
写真では人が入らないように撮ってるが、ほんとうは通路が列になるほどの人がいる。

鎌倉 紫陽花 長谷寺 48
長谷寺の方が紫陽花の色も種類も豊富。
鎌倉 紫陽花 長谷寺 49
明月院より長谷寺の紫陽花の方が、私の個人的な意見だが断然お勧め。
明月院の入場料は600円だが、長谷寺は半額の300円。
鎌倉 紫陽花 長谷寺 50
鎌倉 紫陽花 長谷寺 51
鎌倉 紫陽花 長谷寺 52
鎌倉 紫陽花 長谷寺 53
鎌倉 紫陽花 長谷寺 54

長谷寺を後にし、最後の目的地の成就院へ
その道中、ハッとした。
赤いポストと紫陽花・・・
鎌倉 紫陽花 長谷寺 ポスト
これと同じ写真をちーちゃんに見せてもらった・・・
あぁ・・・ちーちゃん、ここを通ってんね・・・

成就院に向かう参道で、またハッとした。
ここ・・・ちーちゃんの写真で見た・・・
鎌倉 紫陽花 55
ちーちゃん、ここに来ててんね・・・
私は2年前のちーちゃんと同じ景色を見てるねんね・・・
鎌倉 紫陽花 56

表現できないくらい、いろんな思いが交差したが、ちーちゃんの面影と向かいあうことができた。
私も少しは乗り越えられたかな。。。


無事に鎌倉へ行けて、私の気持も少し軽くなった。

ちーちゃんのお母さんと2月に会った時いろんな話をしたが、私たちは全く同じ苦しみから抜けだせないでいた。

鎌倉に行った頃、ちーちゃんのご両親から新茶が届いた。
お礼に連絡を入れたら、ちーちゃんのご両親は九州の山に登っていたらしい。
お母さんは「ずいぶん気持も楽になりました」と。
私と同じだ・・・
「同じですね」とだけ言った。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 紫陽花を見に鎌倉へ
  • 2013年06月21日 (金)
  • 21時49分52秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる