妙義山

富士山登山の為の体力作り(?)と予行演習の為、
7月上旬、1泊2日で群馬県の碓氷峠ハイキングと妙義山に登りに行った。

1日目は、碓氷峠ハイキング。
2日目は、妙義山。

妙義山の全貌
妙義山 全貌
妙義山は、日本でもっとも登山者の死亡事故が多いらしい。
そんな山にど素人の私が登れるのか!?と不安もあったが、初級者コースに挑戦した。

登山道はここからスタート。
登山道入り口には、遭難した時のために、入山者が住所などの連絡先を記入する用紙が用意されている。
妙義山

初級コースといいながら、さっそく鎖をよじ登る。
妙義山

鎖をよじ登った先には、こんな奇岩が見える。
妙義山
この穴をくぐり、ちょっと中級コースへ。
妙義山 
ちょうど小雨が降ってきて、岩場が濡れ、滑りやすくなり、めっちゃ慎重に進む。
写真では、たいしたことないように見えるが、実際はけっこうな岩場で、足を滑らせば数十m落下する。

途中でもこのような景色が見られる。
妙義山 岩場
正面の穴に鎖が続く。
妙義山 岩場
穴をくぐったら、今度は急な岩場を降りないといけない。
妙義山 岩場
ビビってしまって、めっちゃ嫌な汗が出る。

妙義山 岩場
こんな景色が見られるが、どこまでも続く鎖だけで下るのは、めっちゃ恐怖。
この写真は登りではなく、ここを下る。
妙義山 岩場
私のような素人のハイカーが来る山ちゃうやん~~
富士山の予行演習って言うけど、富士山でこんな岩場は登らへんっちゅーねん~~

妙義山
妙義山
足の置き場を少し作ってくれてあるが、小雨で岩場が濡れていて、気が緩んだ瞬間足を滑らせてしまう。
妙義山
急斜面の岩場のアップダウンを繰り返していると、所々で奇岩が現れる。
妙義山
景色はすばらしいが、鎖を必死につかみ、足もとが悪い断崖を進むのは嫌な汗が流れる・・・
妙義山
何度も「ここで足を滑らしたら、もう終わりや~」と思いながら、鎖を必死に握ってよじ登ったり、下ったり。

景色がいいところに出たと思ったら、また鎖で急な下り・・・
妙義山

この急な岩場の下りが終わると、やっと普通の登山道。
土の道はホッとする。
妙義山
しかも階段まである。

男性なら背をかがめながら歩かないといけない高さ。
妙義山
ここで岩場から水がしみ出していた。
これが本物の石清水!?
さっきの雨で岩からしみ出してきたんだろう。
雨がやんで少しすると岩からしみ出していた水は止まった。

振り替えると、今まで歩いてきた(よじ登ってきた)ルートの全貌が見えた。
妙義山

妙義山登山はまだまだ。
妙義山

もう鎖のコースは終わったと安心してたのに、またもや目の前には鎖が!
妙義山
どんだけよじ登らすんや~~
妙義山
腕の力も落ちてくる。
(それで転落するみたい)
妙義山

妙義山登山は5時間。
私は前半雨で足元が滑り、ヒヤヒヤしながらでしんどかったけど、後半は雨も上がり気持よく歩け、無事事故もなく終えた。

妙義山登山中にも、私はヒルに襲われた!
「山ヒル出現注意」と看板があったが、妙義山にもヒルがいるから、山に入る際は肌の露出は避けた方が良いと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 妙義山
  • 2013年08月05日 (月)
  • 10時04分51秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる