ピアノリサイタル

11/5は、浜離宮朝日ホールで行われた
レイ・チェン ヴァイオリン リサイタル」を聴きに行ってきた。

レイ・チェン ヴァイオリン リサイタル」は去年の夏にも行って、今回で2度目。

私の目的は、ピアノのジュリアン・カンタン

ジュリアンのピアノ演奏





初対面の時、ジュリアンはプライベートだったので、ピアニストだと紹介されたが、全くそのようには見えなかった。
日本食が大好きなお茶目な欧米人という印象。

出会って数カ月後の夏、ジュリアンのリサイタルがあると教えてもらい、友人と聴きに行ってきた。
舞台に登場したジュリアンは、スーツでビシッと決めて、まるで別人。

今年の春にも、リサイタルがあり、友人たちと聴きに行った。
その日の演奏が終わると、次の演奏地のヨーロッパへ帰らないといけない。
その日、私たちは演奏が終わったジュリアンを駅まで見送り、またの再会を約束した。
その時の様子はこちら「日本の中のフランス」



今回、私たちは、前から6列目を確保できた。
しかも、舞台向かって左から3列目!
ピアノ演奏では、演奏者の指を見るなら舞台左側がいい。
それに、演奏者は、左から出入りする。
演奏者をじっくり見るなら左側がいい(と思った)

舞台に登場したジュリアン。
半年ぶりに見るジュリアン。
あれ?頬がこけてる。
一緒に行った友達と拍手で迎えつつ「ジュリアン、ずいぶん痩せてどうしたの~?」と心配。

2人の演奏は息がぴったり。
2曲目の「プロコフィエフ:ヴァイオリン ソナタ 第2番 ニ長調」は激しく迫力満点で圧巻。

だれもが聞き覚えがある曲目もあり、クラッシック好きでも、私のような素人でも、飽きさせない選曲で、大満足だった。


ところで、演奏後ジュリアンが去っていくとき、
何度も手を振ったが、全然気づいてくれない。
「ジィリア~ン」と声をかけたかったが、クラシックのリサイタルで、そんなことをしてもいいのだろうか??と疑問に思った。
一緒に行った友達に聞いてみた。
「こういう時って、拍手しかしたらあかんのかなー?声をかけたらあかんのかなー?」
「どうだろうねー?」
「マナーがなってないとか言われるのかなー?」
「ん~ どうだろう~?」
私たちは、ジュリアンに向かって手を振り続けていたが、全く気付かれなかった。

リサイタル終了後、ジュリアン本人に聞いてみた。
「このようなリサイタルで、声をかけていいの?」
「いいよ!」
「レイチェンと一緒なのにレイチェンを呼ばず「ジュリア~ン」だけ言ってもいいの?」
「もちろん、いいよ」
「声をかけるタイミングって、演奏が終わってから?
最初に登場した時でも声をかけてもいいの?」
「最初でも終わりでも全然構わないよ」

へー そういうものなんや~

マナーが悪い客とか思われないか、
クラシックのマナーに反しないよう、拍手だけしかダメかと思ってたけど、そうでもないんですね。

もしかしたら、クラシックファンの間では、声援をおくるなんてとんでもない!って言う人もいるのかもしれないが、ジュリアンのリサイタルにおいては、演奏者本人が声かけOKと言ってるので大丈夫みたい。

ジュリアンの来日は来年。
来年が楽しみ♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • ピアノリサイタル
  • 2013年11月06日 (水)
  • 11時30分36秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる