伊豆半島ジオ第二弾2日目

12/7.8、伊豆半島ジオ巡りの旅をした。
1日目の様子はこちら→「伊豆半島ジオ第1弾」

旅先でも6時起き。
朝ぶろに入り、朝食も食べ、出発!

外はまだ静かで朝の冷たい空気
RIMG1251.jpg

下田の港近くの恵比寿島へ
RIMG1253.jpg

島の海岸沿いは2種類の地層を見ることができる。

1つは、層理面(違う砂の層が重なってる部分)がはっきりわかる。
RIMG1258.jpg
角ばった石の層は、海底を流れた土石流

もう1つは、縞模様が美しい火山灰の層
RIMG1260.jpg

RIMG1261.jpg

次に柱状節理の場所へ~
RIMG1283.jpg
海からニョキニョキッと大量の柱状節理が飛びだしている!
RIMG1300.jpg
海岸全て柱状節理で埋め尽くされている。
RIMG1304.jpg
RIMG1311.jpg
こんな広範囲で規模の大きい柱状節理を日本で見られるんて!!
しかも、伊豆で見られるなんて知らんかった~

自然というのは、見事な芸術作品を見せてくれる。
RIMG1288.jpg
沖縄の久米島にも、このような亀の甲羅のような石畳がある。

ずいぶん昔、その話を知り、それを見たくて久米島まで行ったことがある。
当時は柱状節理など全然知らなかった。
ネットもない時代、地元の人に聞いても伝説のような適当な話しか教えてくれず、なんでこんな不思議な石畳ができるのかさっぱりわからなかった。
しかし、今では、なぜこのような石畳ができるのか理解できるようになった。

次は、竜宮屈へ
階段を下りると、天井がぽっかり空き、正面の穴から波が打ち寄せる。
RIMG1344.jpg
ここは、ある場所から見るとハートに見えるらしく、カップルがやたら多かった。
RIMG1345.jpg
天井に開いた穴がハートに見えるんか???
RIMG1347.jpg

ここは波と風の浸食で天井が崩れ落ち、ぽっかり穴が開いた。

そのおかげで地面内部の地層を見れることとなった。
RIMG1357.jpg
上の写真に、グレーの太い斜め線が入ってるのがわかるかな?
これって岩脈ちゃうか?
岩脈とは、地下のマグマだまりから溶岩が噴出した通過の道。

竜宮屈を一度出て、上から見れる場所に行ってみた。
あー 確かにハートや~
RIMG1375.jpg

RIMG1376.jpg

次に百合ヶ浜へ
RIMG1392.jpg
ビーチの左側に歩いて行くと、とんがった岩が波の浸食によってポッカリと穴があいてる「エビ岩」がある。
RIMG1389.jpg
どう見たらエビにみえるのかなー?
なんでエビ岩て名前がついたんやろう???
こういうのはあまり興味がないので、サラッと見て次の場所へ移動。

次は伊豆半島の最南端「石廊崎」へ
RIMG1401_201312121438473ff.jpg

次の目的地に行く途中、ジオセンターがあり、何気に立ち寄ったら、こんな写真を見つけた。
RIMG1422.jpg
な、な、なんじゃこれ~~~
すぐ、ジオセンターの人に質問する。
「これって、柱状節理ですか!?」
「放射柱状の柱状節理です」
「どこにあるんですか?
「弓ヶ浜の左側の岩場にありますよ」
「えー!さっき行ったけど、こんなんなかったー」
「いえいえ、あるはずですよ」
「エビ岩は看板もあって見たけど、放射状の柱状節理があるなんて看板に書かれてなかったですよ~
あぁ~見たかった~残念~~」
「また戻ったらどうですか?」
「え!? また戻るの!?」
あっさり言うけど車で20~30分。
往復1時間弱・・・
ん~~~
どうしよう。。。
めっちゃ悩んだが、伊豆半島の先っちょなんて気軽に来れない。
戻ることにした。

伊豆半島をジオパークとして観光を勧めるなら、甌穴(ポットボール)と放射状の柱状節理の看板をちゃんと出しておてほしい。


また車を走らせ、弓ヶ浜へ。
写真では岩場だったので、エビ岩のあたりの岩場まで行ってみる。
RIMG1460.jpg
もしかして・・・・
ここか??
波打ち際の石まで下がって岩場を見て見ると現れた!
RIMG1450.jpg
これかーーー!
予想以上に大きい。
縦の長さは5m以上ありそう。

これは珍しい!
戻るのめっちゃめんどくさかったけど、戻ってきて良かった。
RIMG1465.jpg
私が初めに来た時は、満ち潮で放射状の柱状節理を正面から見えなかったと思う。

また戻り、別の柱状節理へ
RIMG1425.jpg
この山全体が柱状節理
RIMG1442.jpg
四方八方に伸びる柱状節理
RIMG1426.jpg
柱状節理の洞窟
RIMG1429.jpg
大きさがわかるかな?
RIMG1439.jpg

ここは江戸時代から昭和初期まで石の採掘現場だった。
RIMG1484.jpg

採掘場までは、急で足もとが悪い段差を下って行かないといけない。
内部は5時まで灯りが付いてるが、観光客は誰もいないし、入ってすぐに不気味な人形がいて、ビビってしまう。
内部はけっこう広く不気味。

部屋がいくつかあり、奥から自然光が射している方向に出るとこんな道が作られていた。
RIMG1503.jpg
この先は断崖絶壁。
切り出された石は、ここを通り海から船で運ばれた。

日が暮れる寸前、今日の最終目的地へ。
(本当はもう1か所あったが、日没時間になり諦めることにした)

RIMG1516.jpg

RIMG1519.jpg

三島で温泉に入り帰路。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 伊豆半島ジオ第二弾2日目
  • 2013年12月12日 (木)
  • 15時13分42秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる