メルボルンの交通機関に乗るには

【メルボルン旅行記】
2013.12/26-2014.1/10 16日間の旅

● メルボルンの交通機関に乗るには

メルボルンの市内は、トラムがいたるところに走っている。

RIMG1229.jpg

町の写真を撮ろうとしても、いつもトラムが写ってしまうほど、頻繁に走っている。
RIMG1658_20140129104732d0e.jpg

RIMG1508.jpg

RIMG1780_20140129104733584.jpg

郊外のセントキルダのトラム駅
RIMG1217.jpg

city中心のエリザベスストリートのトラム駅
RIMG1227.jpg
中心地から少し離れると、風よけ、雨よけがなく、駅の段差は無く道路の真ん中が駅。
RIMG1269.jpg

トラムに乗る時、ドアの横にある黄色い物にmikyカードをあてると電子音が鳴る。
RIMG1232.jpg

RIMG1233.jpg

mykiはセブンイレブンで購入する。
RIMG2343.jpg

mikyカードの料金システムが非常にややこしい。

本体代は$6(約640円)
本体を買う時、1日フリーか2時間なのか告げる。
それぞれ料金が違うし、週末でも料金が違う。

しかも、zone1かzone2かzone1,2両方か
そして2時間か1日かによって料金が変わってくる。

説明書きを何度読んでもめちゃめちゃ複雑な料金システム・・・

しかし、メルボルンの交通機関を利用する人は必ず購入しないといけない。

トラムを利用すれば便利に移動できるのだが、料金システムもややこしいから、私は1日しか利用せず、無料トラムを利用するか、市内移動はほとんど徒歩にした。

トラムにはチェックマンが乗車しているらしく、無賃乗車が見つかると200$の罰金になってしまう。
2時間フリーのつもりが2時間過ぎていたら、21200円の罰金になってしまうから気をつけよう。



cityの外枠をぐるっと周遊してる無料トラムもある。
無料トラムは昔の古い車体。
RIMG1270_201401291047304e7.jpg

私はこの無料トラムと徒歩で市内のあちこち行ってた。
メルボルン市内はコンパクトで、端から端まで歩いても1時間かからない。
ちょうどいい運動になった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • メルボルンの交通機関に乗るには
  • 2014年01月26日 (日)
  • 21時07分39秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる