うるさくて洗い物が山積みの宿

【メルボルン旅行記】
2013.12/26-2014.1/10 16日間の旅

● 12/29 4Day-1

夜中、ベットがグラッと揺れた。
「地震か!?」
ハッと目が覚める。

地震ではなく、二段ベットの上で寝ていたA氏の寝がえりだった。

ベットは細いパイプベット。
お互いが寝がえりえを打つたびにベットが揺れる。


たまにベットが揺れるが、あまり気にせず熟睡したようで、
朝、A氏が起き激しくベットが揺れて目が覚めた。

Kちゃんも今起きたばかりだった。

「おはよー よー寝たわ~」

「えー!? あんなにうるさかったのに眠れたのー!?」

「え~? 何の事~?」

私もA氏も意味がわからない。

「昨日の夜、うるさかったじゃん? 
あれからさらにうるさくなって、朝方までクラブ状態でものすごくうるさかったんだよー
あんなにうるさいのに、よく眠れるねー
私なんて、あまりにもうるさいくて全然眠れないから、下まで怒りに行ったんだよー」

「下??
下ってどこ?
この宿の下ってクラブやったっけ~?」

「ちがうよー この下よー! 
あんなにうるさかったのに2人とも本当に知らないの?
明るくなるまで、とんでもなくうるさかったんだから~
やっとさっき頃、静かになったばかりなんだよー」

「え~?そうなん~? 全然知らんわ~」

「信じられない~~ 
私あんなうるさいの、もう嫌だから今日この宿出ることにするわ」

うるささを知らない私たちはキョトンとしていた。


とりあえず、朝ごはんを食べることに。
共同スペースに行くと、すごく静かで、ほとんど人がいない。
IMG_0126.jpg

キッチンを利用してる人もおとなしい。
IMG_0129.jpg

Kちゃんは
「昨日の夜はここがクラブ状態になってたんだからー」
昨日の夜、どれだけうるさかったか一生懸命説明してくれるが、
あまりピンとこない・・・


その日の朝、キッチンをせっせと掃除してくれている背の高い欧米人男性がいた。
この宿の掃除をしてくれているサイモンだった。

昨日の夜、夕食を作る時、流しにてんこ盛りになったフライパンや食器がそのままに放置されていた。
あまりにもひどい状態だったから、私とKちゃんは自主的に洗い物をし、キッチンをきれいに片づけてから料理した。
片付けに30分以上要した。

この宿のキッチンは常に洗い物が放置され、いつもこんな状態。
IMG_0288.jpg
これでは、何もできない・・・

夕食作る前に洗い物を済ませたのに、夜寝る前に見ると、またこの状態になっていた・・・

朝、キッチンはサイモンによってきれいになっていた。
サイモンに何度も「ありがとう!」と言った。

サイモンは「ここの客はクレージーだ! 洗い物をしないなんて酷過ぎる!」と怒っていた。


Kちゃんは、朝まで大騒ぎし、洗い物をしない宿泊客に、怒り爆発!
共同キッチンを使用し、自分が使った物を片付けないなんてマナーがなってない!
非常識すぎる!
私も一緒に怒っていた。

しかし、一人一人を見てみると、良さげな人たちばかり。
全員モデル並みの美男美女。

夜の騒がしさが嘘のように、朝は静か。
サイモンのおかげで、キッチンも片付いていてきれい。
Kちゃんと昨日私たちが体験したことが嘘みたいねと言いながらコーヒーを入れ、パンを焼き朝ごはん。

IMG_0125.jpg

KちゃんとA氏と三人で朝食を食べ終え、
Kちゃんと今日の昼のサンドイッチを作っていたら、
オーナーのおじいちゃんのようなおっちゃん?のbozoがやってきて、
1泊分しか払ってない私たちに、
「もう一泊するのか?」と聞いてきた。

私とA氏は、「この宿でいっかぁー」と連泊を決めた。
(他の宿なら男女別のドミになるから)
連泊すると伝えると、すぐに「今、お金を払え」と要求する。
「5泊分のお金は両替しないとないから後ででいい?」
「日本円は両替してやる。1万円=100$だ」
それは安い!!
ホテル代は日本円で払ってもOKだった。

1人30$×5泊=300$ 
日本円の3万円を支払った。

ずいぶん得した気分になったが、朝から3万円が消えたことにため息が出る。

最初から1週間泊ると言っておけば、連泊割引があり1泊25ドルになる。
(オーストラリアのバックパッカーでは、よくあるシステム)
最初に「1泊30$、1週間だと1泊25$」と言われたが、泊ってみたものの気に入らず1泊で宿替えすることも多々ある。
だからいつも初日は「1泊」と言って泊ってる。
しかし連泊を決めていたら1泊分が無料になってたのに・・・少々悔やまれる。

Kちゃんは「私は出る」とオーナーに告げた。

オーナーのbozoは「ここから少し歩いたところの宿なら静かできれいだ」と自分が経営するもう1か所の宿を勧めた。

オーナーはKちゃんに「チェックアウトは10時までだ。10時過ぎてるから部屋から荷物を出せ」とせかす。
Kちゃんは慌てて荷物をまとめると、もう1つの宿に行くように勧められ、そのままKちゃんは行ってしまった。


今日の昼、3人でサンドイッチを食べようと作ってたのに、彼女は連れさらわれるようにして行ってしまった・・・

そして、Kちゃんのサンドイッチだけが残ってしまった・・・・

IMG_0045.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • うるさくて洗い物が山積みの宿
  • 2014年01月30日 (木)
  • 11時12分57秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる