うるさーーーいっ!!

【メルボルン旅行記】
2013.12/26-2014.1/10 16日間の旅

● 12/29 5Day-4

グレート・オーシャン・ロードのツアーから帰ってきたのは、夜の9時前だった。
8時半か9時頃には戻るとKちゃんに伝えていた。
戻り次第Kちゃんの宿に会いに行く約束をしていた。

私たちは、自分たちの宿に戻らず、そのままKちゃんのいる宿に直行した。

彼女の部屋をのぞくが留守。
キッチンかな?とキッチンへ行くがいない。
共同スペースの娯楽室かな?と覗くがいない。
シャワールームも見に行くが、だれも使用してない。

キッチンで若い日本人の女の子と男の子が、欧米人に英語で一生懸命説明していた。
たぶん情報交換してるんだろう。
ファーム情報を収集してるようだった。

「あのぉ~ Kちゃんって子がこの宿に泊ってるんですが、Kちゃんはどこに行ったか知ってますか?」
「hi! my name is ○○. I`m japanese. He is Japanese」
「わかってるっちゅーねん。 だから日本語で話しかけたんやん~」
「Oh! sorry sorry」
「いや、だから、私、日本人やってー 日本語で話してくれていいねんで~」
「あぁ~ すいません~ 頭がこんがらがってしまって~」

彼女は一生懸命英語を喋ってるから、頭が英語にモードになってるんやろう。
彼女の一生懸命さが伝わってくる。

「で、Kちゃん知ってる?」
彼女の名前は、前日Kちゃんから聞いていた。

「She is・・・ あ、いや、Kちゃんなら、日本人の友達が今晩ツアーで帰って来るからって、さっきその人たちの宿に行きましたよー」
「それ、私のことやん~」
「えー! 30分ほど前に行きましたよー」

慌てて自分の宿に戻ったら、Kちゃんは私たちの部屋の前で座り込んで待ってくれていた。


私たちはリビングで夕食のインスタントラーメンを食べながら、Kちゃんの今日の動きを聞いていた。

RIMG1476.jpg

RIMG1477.jpg


Kちゃんの宿では同じように農場の仕事を探してる子がいて、それぞれが自分の知り合いを使って情報収集をし、次々に入ってくる情報に一喜一憂していたらしい。
ネットで探せばいいのにと思うだろうが、今の情報を知りたい者にしたらネットでは情報が古い。

農場での仕事は、時期や収穫する物によってあたりはずれがあって、酷いところでは猛暑の中、休憩もなく過酷な重労働をかせられるから、できるだけ生の声を聞いてから農場先を決めた方がいいらしい。

詳しく聞きたいが、2人とも大声で話さないと聞こえない。

リビングでは、いつものように大きなスピーカーで、ドンドンと重低音を響かせ大音量で音楽を流している。
リビングにいるのは私たち以外は欧米人男性3人。
2人はPCに向かってネットを黙々としてる。
こんなに大音量なのに、なぜ平気なのか理解できない。
もう1人は、上半身裸で酔っぱらいのように踊ってる。

裸の男がフラフラしながら、私たちのすぐ横で、何度も大声で雄叫びをあげる。
耳が痛く思わず私たちは両手で耳をふさぐ。

なんで雄叫びやねん・・・
頭を振り、フラフラになり、よろける。
彼は正常ではない。
狂ってる・・・

Kちゃんの話しがなかなか聞き取れない。
大声を出さないと相手の声が聞こえない。
会話してるだけで疲れてくる。

裸の男は、何度も雄叫びをあげる。
すると、4階から女性の雄叫びが聞こえてきた。

男は女性の雄叫びに答えるように吠える。
そして、4階の女性も、宿中に響くように雄叫びをあげる。
雄叫びの連鎖。

あんたら狼か!?

私らはあきれて、半笑い。

笑えるけど、さすがにすぐ横での雄叫びの連鎖をされると、さすがにうるさい。

もう我慢ができない!!

「うるさーーーーーいっ!!!」

私が日本語で大声で叫んだ。

一瞬、雄叫びの連鎖が止まった。

リビングンに居た3人の欧米人男性が一斉に私を見た。
隣にいたA氏もKちゃんも、私が突然怒鳴ったからびっくりしてた。

私は「シッーーー!」と言い、口に人差し指をあてた。

大声で雄叫びをあげてた裸の男は、口に人差し指をあて肩をすぼめ、おとなしくなった。

おとなしくできるんやん。

怒る時はヘタな英語で言うよりも、日本語で一括した方がい効き目がある。

PCをしてた2人の男性は、私に向かってニンマリ。
みんなもうるさいと思ってたみたい。


雄叫びをあげてた男とは、それをきっかけに仲良くなった。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • うるさーーーいっ!!
  • 2014年02月06日 (木)
  • 10時38分52秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる