メルボルンCity バックパッカー宿 1

【メルボルン旅行記】
2013.12/26-2014.1/10 16日間の旅

メルボルンCity内のバックパッカー宿(安宿)は少ない。
私が泊った、見た、メルボルンCity内のバックパッカー宿(安宿)を紹介します。


● 『BOZO BACKPACKER 3』

クイーン・ビクトリア・マーケットの北にあり、
エリザベスStとビクトリアStとの交差点にあり
立地がよく便利。
RIMG1253_2014022511471217c.jpg
水色の外観でわかりやすい。
RIMG1255_201401230004569bb.jpg

この宿は、フロントがない。
宿泊したい場合は、入口のドア横のインターホンを押す。
すると、男性の声がする。
要件を伝え、少し待っていると、オーナーのおっちゃんが出現する。
日本人なら有無を言わず、もう一軒の宿を勧められてしまう。
理由は、この「BOZO3」は、欧米人の若者が多くうるさい時もあって、日本人は嫌うらしい。

すぐ近く(徒歩1分 ビクトリアSt沿い)の角のビル
1-2階と韓国系のスーパーがあり、日本の食材も手に入る。

すぐ近くにも別の韓国系スーパーがある。

宿の前には、ビクトリアマーケットがある。
RIMG1257_2014020123092494a.jpg


RIMG1486.jpg
この写真の右端に水色の建物が見える。(木の横)
ここが「BOZO 3」


4階建。
1階は物置き化した昔のフロントと階段だけ。
階段を上がると2階はキッチンとパティオがある。
RIMG1485.jpg

2階のパティオ
RIMG1481.jpg

4階に広いルーフがあるが、ここは誰も利用してなかった。
RIMG1480.jpg
2階のパティオは常にだれかがいた。
キッチンが隣なので、すぐ飲み物や食べ物を持って来れるからだろうか?

2階の共有部屋。(リビング)
フリ-Wi-Fiが使える。
IMG_0126.jpg
キッチンは広く、コンロも多く、使いやすい。
IMG_0129.jpg

キッチンには、湯沸かしポット、炊飯器、レンジがある。
炊飯器があるから、お米も簡単に炊ける。

冷蔵庫には袋に油性マジックペンで名前を書き、食材をキープ。
RIMG1800.jpg
名前がないと処分されたり、勝手に使われる事もあるので、マジックペンがない場合は、メモ紙に名前を書いて袋の下に見えるように置くといい。
(名前を書かずに入れていたら、掃除の人からのメモが貼られ、「部屋番号と名前を書くように。名前が無い場合は2日後に処分します」と書かれてしまった)


部屋は、ドミトリー、ツインなどある。
ドミトリーは男女別。

私が泊っていた3階の三人部屋
IMG_0249.jpg

RIMG1479.jpg


シーツは、チェックアウトした時に毎回かえていた。
毎日午前中、清掃の人が来るため、掃除はしてくれる。
ゴミもほぼ毎日回収してくれる。

シャワーの出も良い。
ただし、3階のシャワーは換気扇が大きく寒い。時には熱湯と水が交互に出る。
4階のシャワーは問題なし。



◆ 料金 (2015年1月現在)
ドミトリー、ツインともに1人1泊30$
1週間宿泊だと150$

『BOZO BACKPACKER』
bozo backpackaer


★ 良い点
立地がよく、前にはクイーンビクトリアマーケットがあり、
エリザベスストリートが真ん前。
トラムに乗らなくても中心地まで歩いて行ける。
FLINDERS駅にも30分ほどで歩いて行ける。
SOUTHERN CROSS駅にも徒歩30-40分。
近くには「FLAGSTAFF GARDEBS」の広いガーデンもあり、いつでもピクニック気分を味わえる。
無料トラム乗り場まで徒歩10分もかからない。

★ 悪い点
宿でハッパをする若者が多く、PCから大音量で音楽を流し、夜な夜な騒がしい。
フロントが在中してないため、若者はやりたい放題。
眠れない人が続出し、みんな違う宿に移るらしい。
しかしそれは宿泊客のタイミングによるかも?
うるさい若者連中がいなくなれば、穏やかな宿になると思う。

私が宿泊した時は、マナーが悪い若者が多く、キッチンで使用した食器類を一切洗わず放置する人ばかりで、流しには値物の山だった。
IMG_0289.jpg
コップやフォークを自分の部屋に持ち帰ってしまうのか、自分の物にしてしまうのか、マグカップとフォークが極端に少なく困った。
毎日巡回に来るオーナーも理解てて、翌朝買いそろえてくれるがすぐに無くなる。


宿はきれいだから、マナーある宿泊客が多くなれば、快適な宿になると思う。
私が泊った時期が悪かっただけなのかも…?


※ 夏の時期に行ったが朝晩は寒く、各ベットにブランケットがあるが薄い。
寝袋を持って行った方がいい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • メルボルンCity バックパッカー宿 1
  • 2014年02月24日 (月)
  • 10時42分18秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる