NGV博物館

【メルボルン旅行記】
2013.12/26-2014.1/10 16日間の旅

● 1/5 11Day-4

Kちゃんと服を路上販売したが、反応がいまいちなかった。
Kちゃんは、農場からの連絡をすごく気にしていた。
「やっぱ私宿に帰るわ。宿に帰って農場からの連絡を待ちながら、情報を集めるわ」
そう言って、彼女は服をまとめ帰って行った。

まだ3時頃だったので、私は近くの「NGV博物館」(無料)に行くことにした。
NGV博物館は、オーストラリア最大級の展示物らしい。

◆ http://www.ngv.vic.gov.au/

オーストラリア最大級だけあって、広くて展示室も多くゆっくり見たら1日かかるだろう。
RIMG1992.jpg


RIMG1978.jpg

RIMG1974_20140314100433b3d.jpg

RIMG1975.jpg

RIMG1976.jpg

RIMG1977.jpg

日本を展示してる部屋もあった。
RIMG1996.jpg

展示してたのは、庶民の冬用の着物みたい…
RIMG1997.jpg
もっといい着物なかったんか!?


日本では博物館などで、展示物を写真撮るのは禁止してる所が多いが(ほとんどじゃーないかな?)
海外ではほとんどOK。

写真ところか、洋画の部屋では、座りこんで模写している人がいた。
海外の美術館、博物館では、座りこんで模写してる人をよく見かける。
RIMG1980.jpg

洋画の大きな部屋では、もっと多くの人が模写していた。
IMG_0334.jpg

な、なんじゃここりゃー!?
多すぎるやろ~

RIMG1984.jpg

大人が真剣に絵を書いていた。

一人一人の絵を見ると、本当に真剣に絵画の模写している人もいるが、みんな思い思いの絵を書いていた。


部屋の入り口で、画板、画用紙、椅子のレンタルをしていた。

RIMG1983.jpg

ベビーカーに乗った幼い女の子が、真剣に模写していた。
RIMG1981.jpg

アートの階もあった。
RIMG1991.jpg
RIMG1988_20140314104150f34.jpg

この椅子、ほんまに座れるのかなー?
RIMG1987.jpg

ぼろ布で作った座椅子。
RIMG1986.jpg

RIMG1985.jpg

RIMG1989.jpg

アートのフロアでも創作スペースがあり、そこでは大人が真剣に自分の思い思いの物を作り色をつけていた。
RIMG1990.jpg
オージーは大人でもいつも真剣なのかも?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • NGV博物館
  • 2014年03月14日 (金)
  • 10時27分11秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる