旅先で再会

【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● 5/3 2Day-3

スリランカ出発の5日ほど前、何気にSNSを見た。
すると、ちーちゃんがペルーで知り合ったホビット君が珍しくアップしていた。
内容は「行ってきます」と、空港出発ロビーにホビット君のバックパックの写真が載っていた。

「どこ行くの?」とコメントした。

「スリランカです」と返事があった。

「えー!スリランカ!? 私も5/3にスリランカ行くよ!」

「僕、5/4に帰国するので、5/3の夜にはコロンボに戻ると思います」

「私は5/3の夜到着やから、夜一緒に夕食食べよう!」

私たちは夜にコロンボ到着。
心配性のA氏が1泊目の夜だけでも、ホテルを取っておこうと、珍しくコロンボのホテルをネットで予約していた。

ホビット君に予約してるホテルを伝え、ホテルのロビーで待ち合わせすることになった。

私が出発するまで、最新スリランカ情報をメールで教えてくれた。

「毎日ずっと雨で洗濯物が全然乾きません」

「湿気が多く、毎日大量の汗をかくので、すぐ乾くような服を持ってくるか、
服を少し多めに持ってきた方がいいです」

「仏教遺跡やシーギリアなど行くなら、傘だけじゃーなくカッパもあった方がいいです」

気候の情報はとってもありがたい生の声だった。


ホビット君とは、ちーちゃんの葬式と、東京で行ったちーちゃんを偲ぶ会の時以来。
とてもつらく、悲しく、寂しい再会だったが、今度は旅先で再会。
とっても楽しみだった。

しかし、私がコロンボ到着した時には、扁桃腺が腫れまくり唾を飲み込むのもつらく、高熱でフラフラだった。

コロンボ旧市街にあるバスターミナルに降り立つと、ものすごい湿気で蒸し暑いようだが、私は悪寒で寒くてたまらない。
着込むだけ着込んで、首にはタオルを巻き、寒さ対策。

なんとか予約していたホテルに辿りついた。
ロビーにはホビット君はいなかった・・・

コロンボに到着してないのかな?

彼は翌日の5/4の夜の便。
ほんとうなら5/4にコロンボに到着しても大丈夫。
いろいろ観光してみて、行きたいところが見つかりコロンボ到着を遅らせた可能性もある。
バックパッカーは現地で予定を考える人が多い。
私もそう。
帰りの飛行機に間に合えばいいのだから。


最後に連絡した時
「私の事は気にしないで予定を変更してくれてもいいからね」
と伝えておいた。

「僕、5/4の最終日はコロンボを観光したいので、5/3の夜コロンボ入りして、同じホテルに泊ろうと思ってます。
でも、もし行けなかったらごめんなさい」

今回A氏が ipad mini を持参した。
Wi-Fiがあるホテルなので、ホテルロビーにいなかったら、メールで確認することになっていたが、
フロントで「日本人の男性が来なかったか?」と聞いてみた。
答えは「NO~」だった。

あー、残念~

部屋で、荷物を置いてベットに倒れ込んでいると、ノックがした。
出てみるとフロントの男性で、私にメモをくれた。
そのメモを見ると、日本語で
「ホビットです。 203号室にいます」と、書かれてあった。

わー! ホビット君やーーー

しかも2つ隣の部屋だった。

すぐホビット君の部屋をノックし、久しぶりの再会をはたした。

「何かあれば連絡はメールで~」とか言ってたけど、結局は昔ながらの伝達方法だった。


私は熱でフラフラだったが、A氏と3人で外に食べに出かけた。

しかし、店が次々に閉まって、食べるところがなかなか見つからない。
やっと見つけた地元民が行くようなカレー屋の食堂に入った。

私は扁桃腺の痛みと熱で、食欲が無く食べられない。
A氏も機内食でお腹いっぱいで、私たちはフレッシュジュースを注文。
ホビット君は、お腹空いたとカレーを注文。
(一緒に夕食食べようと約束してたので、彼は食べずに待ってくれていた)

すると、カレーがバケツで運ばれてきた。
RIMG2692_20140605111646570.jpg

「バケツ!? 
僕、いつもはまともな店で食べてたから、こんなローカルな店、スリランカに来て初めてですよー」と戸惑っていた。

この店は地元民しか来ないのか、私たちが入ると珍しがって、いろんな人が私たちのテーブルを取り囲んだ。

モザイクRIMG2688

スプーンもフォークもない。
スリランカ形式に手で食べるしかない。

ホビット君は、私やA氏、スリランカ人に見守られてながら、
一生懸命手で食べていたが、なかなか難しいらしく食べにくそう。
「あー ダメだ~」と言って、携帯用の箸を出した。
モザイクRIMG2690
お箸の方がおいしく食べれると嬉しそうだった。


私は喉が痛くてあまり声が出なかったが、久しぶりにホビット君と再会でき楽しい夜だった。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ウェス君
携帯やメールなどなくてもあっさり逢えたわー
南アの時もそうやったけど、宿の人に手紙を託すのが確実やね。
グァテマラでの再会は奇跡と思うわー

バケツのカレーは、食べたい量を自分でよそうみたい。

なんとか逢えるもんやね。
俺との場合でも、逢えなかったことはないからね。南アフリカにせよ、グアテマラにせよ。

このカレーは何?
これで1人分なの?
それとも店が間違えて3人分持ってきたとか。
いずれにせよ豪快やな!
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 旅先で再会
  • 2014年06月05日 (木)
  • 11時11分26秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる