ゾウの大群

【スリランカ&中国(雲南省・大理)旅行記】
2014.5/2-5/17 16日間の旅

● 5/8 7Day-3

もう一か所のゾウの孤児院へ。
宿で一緒だった男性が言うには、
最初に行ってしまった(ゾウに乗れ洗えた場所)
「ELEPHANT SAFARIS」のチケットがあれば、
もう一か所は無料で入れると言ってたが、
実際はNO!で、またチケットを購入しないといけなかった。

ゾウの大群を見れる施設の入場料は2500Rp(約2500円)

入ってすぐ、正面からゾウの大群が歩いてきた!
わー!!!
大興奮!

慌ててカメラを構える。
RIMG3500.jpg

男性と交替しながらゾウとのツーショットを撮る。
RIMG3501も

柵も何もない真ん前をゾウの大群が横断するのは迫力満点!
RIMG3506.jpg

ゾウは施設を出て、車道を横断し、お土産店が並ぶ商店街(?)のような道をそのまま突っ切る。

RIMG3507.jpg
この先に川がある。

RIMG3508.jpg

川辺にはレストランがあり、ツアー客はここで食事をしながらゾウの水浴びを見るみたい。
RIMG3590.jpg


ゾウたちはこの川で水浴びタイム。
RIMG3519.jpg

IMG_0676_201407081151437f4.jpg

RIMG3551.jpg

一応柵があって、柵から先は入れない。
RIMG3564も
でもゾウが寄ってくる。

寄って来たゾウには触っても大丈夫だが、
スタッフに見つかるとチップを要求される。
チップを払うと、柵の中に入れてくれ、ゾウとのツーショットもOK。
RIMG3536も

危険だから触ってはダメではなく、チップを払わないのなら触るなってこと。


お金持ち中国人ツアーのおっちゃんたちは、ゾウの餌のバナナを購入し、ゾウにあげていた。
バナナを買ってもゾウのスタッフにもチップを払って餌やりをしないといけない。
何かにつけて、チップを要求してくる。

中国人のおっちゃんは、チップを要求するスタッフにおしげもなくチップを渡し、バナナをあげてる姿を写真に収めていた。

私は中国人の羽振りの良さに驚きながら横で見てた。
すると、私の視線を感じたのか、おっちゃんはバナナ6本も私にくれた。
驚く私に、カメラを貸せと言って、私の餌やり姿をパシャパシャ撮ってくれた。
太っ腹中国人おっちゃん、ありがと~~

RIMG3571も

いろんな疑問をスタッフに聞いてみた。

Q:このゾウたちは、ほんとうに孤児なのか?

A:群れからはぐれてしまったゾウ、親を亡くしてしまったゾウ、北部の内戦があった地域から保護されたゾウもいる。

Q:ここのゾウの平均年齢は?

A:若いゾウが多い。
私が聞いたのでは、2歳.3歳~20歳くらいのゾウが多かった。

Q:ゾウに名前をつけてるのか?

A:ここにいる全てのゾウに名前が付けられていて、スタッフは全部のゾウと名前を把握してる。

これにはびっくり。
「このゾウの名前は?」と聞くと、すぐ名前を言っていた。
年齢も把握してた。

チップばかり要求してくるスタッフだったが、ゾウにはすごく優しく接してたのが印象的だった。
IMG_0690.jpg


ゾウたちは2-3時間水浴びをした後、また来た道を戻り、昼食を取りに帰る。
その時またゾウの行列を見る事ができる。
RIMG3588.jpg

ゾウはお行儀よく並んで帰ってゆく。
RIMG3592_20140708131118b9c.jpg

RIMG3593も

RIMG3596も

観光客もゾウの後をゾロゾロと付いて行き、このまま帰る人が多かった。
RIMG3602.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ウェス君

ここ、マジで迫力満点ですごかったー
ゾウも広い川でのんびり自由にさせてもらってるから、のびのびしてるゾウを見てるだけでよかったー

この施設、ウェス君が行った時にはたぶんなかったんちゃうかなー?
新しい感じがしたしー

歩き方にもここのことは詳しく載ってなくて、1ページにたくさんある写真の中に混ざって1枚だけ載っててん。
出発前にスリランカの紀行番組を見て、その中でチラッと紹介されてて行ってきてん。

A氏もいてたよ。
彼はipad mini でビデオ撮ってたー

これだけの大群を間近で見てるのは素晴らしい!大迫力

チップも象の為に使われればいいんだけどね。

この施設は昔からあるのかな?ウェスが行った時はガイドブックにも載ってなかったような。だから、俺は国立公園のなかを走り回ってたんやけど。

素朴な疑問 A氏は何してたん?
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • ゾウの大群
  • 2014年07月08日 (火)
  • 12時12分54秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる