従江で車をチャーター

【中国・貴州省&台湾結婚式 旅行記】

2014.9/4-29 26日間の旅

● 9/5  3 Day


今回の旅の目的は2つある。
1つは、カンちゃんの結婚式出席。
もう1つは、トン族の歌祭を見に行く。

3日目は今回の旅の1つの目的でもあるトン族の歌祭の村へ行く。

トン族の歌祭が行われる村へは、従江からバスで行く。
私は3年半前に行っている。
当時は、朝8時、14時、1日2本のバスが出ていた。

しかし、今回歌祭が行われる村に行くバスは出ていないと言われた。

バスが出ていないのなら、自力で行くしかない。
今回は3人いるから、車をチャーターすることにした。

従江に到着し、ホテルに「明日車をチャーターしたい」と言うと、運転手が来て値段交渉した。

歌祭がある村に行くまで、いくつもトン族の集落がある。
事前に調べていたトン族の村に立ち寄りながら歌祭がおこなわれる小黄村に行くことにした。

行き、
従江→高増→黄崗→小黄

車代 300元(6000円)

帰りは、
小黄→占里→従江

車代 260元(5200円)

予約した時は、従江に戻りすぐバスに乗り次の目的地、肇興に行く予定だった。

こうして日本円を出してみると、けっこう高いなぁ…

とはいうものの、
1人なら、車チャーターなど高くてできない。
バスが出てない村や、めちゃめちゃ山奥の村へ行くには、車をチャーターするしかない。
車代は高くつくが、3人で割るからグッと安くなる。
こんな機会はめったにない。
迷うことなく、車をチャーターした。


出発する朝、約束通りに車が到着。
ワゴン車に荷物を積んで、いざ出発。

バスと違って、バスターミナルまで荷物を背負うことなく、バスの出発時間を気にすることも無い。
荷物を持たなくていいから、体がめっちゃ楽。
ホテル前からすぐ車に乗って出発できるなんて、すごく感動だった。

両手を広げてもまだ余るほどの広くてフカフカのベットで眠れて、
朝食も付いている。
それに、ホテル前に車の迎えが来るなんて~♪
私の今までの旅では、考えられないくらいの贅沢。
こんな贅沢で楽な旅をしていいの!?と思ってしまう。

namiちゃんも過酷な旅を想定していたのに、予想と全く違う贅沢な旅で
「今まで海外行った中で一番贅沢な旅やわ~♪」と喜んでいた。



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 従江で車をチャーター
  • 2014年11月07日 (金)
  • 12時52分33秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる