食習慣の変化

【台湾(台北滞在) 旅行記】
2014.12/25-1/7 14日間の旅

● 12/26 2 Day

9時に目が覚めた。
カンちゃんの家は静かでいつまでも眠ってしまう。

布団はダブルサイズだが、日本より幅広。
寒がりの私に温かい敷き毛布を敷いてくれたおかげでポカポカ。
布団に入ると気持よく、すぐ眠ることができた。

カンちゃんが起きていて、ハム、タマゴ、チーズ入りパンを焼いてくれた。

「朝はパン食べてるの!?」

「そう、彼がこのパンが好き」

カンちゃんの実家に何度も泊ったが、朝にパンを食べる習慣などなかった。
朝食は、お母さん手作りの肉まんや麺、お粥、水餃子。

食パンが食卓に上がることは絶対無い。

カンちゃん以外の中国人の家に泊らせてもらったことは何度もあるが、
その家庭でもパンは食べなかった。

中国でパンと呼ばれるのは、日本人のイメージする洋食の食パンやパンではなく、
肉まんなどの白いフワフワの部分。
中身が何もない肉まんのような物がパン的な物で、蒸して食べる。


カンちゃんは日本に留学していた時、パンを食べていたから
他の中国人に比べると、朝食にパンを食べる抵抗はないらしい。

台湾で住むようになって、日本と同じような半分洋風チックな暮らしができることが嬉しいらしい。



「胡椒はいる?」

「いつもはどうしてるの?」

「私たちは胡椒をかける」

「じゃ、私も~」
DSCF6049.jpg

胡椒の味が日本の味とは違った。
山椒のような香辛料の味がした。

「あれ? これって胡椒? 日本の胡椒の味と違うな~?」

「台湾の胡椒は日本と味が違う~ 私も最初そう思った~」

中国本土では、料理に胡椒を使ってるのを見たことが無い。

カンちゃんはすっかり台湾になじんでいた。


ただ、パン食になっても、飲み物は必ず白湯だった。


中国人はどんな時でも白湯を飲む。

中国人はコーヒーを飲まない。
飲まないと言うか、コーヒーを飲む習慣がまだない。
だから家には、コーヒーが無い。

なので、今回私は日本からコーヒーを持参し飲んでた。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 食習慣の変化
  • 2015年01月29日 (木)
  • 11時52分18秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる