玄関がない

【台湾(台北滞在) 旅行記】
2014.12/25-1/7 14日間の旅


カンちゃんたちの新居は、50㎡もないらしいがもっと広く感じる。

日本の家と違うのは、玄関が無いこと。
廊下や玄関がなく、無駄なスペースなく使われているからだろうか?

玄関が無いと言われても、ピンとこない人もいるでしょうね。

靴はどこで脱ぐの?

靴はどこに置くの?

と思いません?

家によってさまざまですが、だいたいの家では、玄関開けて入ったすぐ横で靴を脱ぎ、室内スリッパに履き替える。

カンちゃんの実家では、部屋まで靴で入って行き、部屋で室内履きのスリッパに履き替える。
靴やスリッパはベットの下に置いてある。
ベットの下が、靴置き場。

シンガポールで泊らせてもらったシンガポール人のリチャードの家では、
玄関となるリビングのドアの手前で靴を脱ぎ、裸足で室内に入る。
靴は玄関ドア前にそのまま置いておく。
だから玄関前には靴がいっぱい。

昔、カナダに住む知り合いの家に泊ったことがある。
奥さんは日本人、旦那さんはカナダ人。
奥さんは家に入ると靴を脱ぎ、室内用のサンダル(スリッパ)に履き替えるが、旦那さんは靴のまま。
シャワー後や寝起きの時は裸足だった。
旦那さんは、部屋履きに履き替えるということはなかった。

ヨーロッパ諸国でも、玄関開けるとリビングで、靴を脱ぐスペースなどないらしい。
そのまま靴で部屋に入って行き、室内でも靴で過ごすらしい。


海外の家は、玄関のドアを開けたら、そこはリビング。

玄関があるのって、日本の家くらいかも~?

靴はリビングの棚に置いたり、玄関横辺りの棚の下に入れる。


タイに住んでる友達の家も、玄関のドア開けたらすぐリビングやったなー
他の東南アジアに住んでる友達のマンションも玄関開けるとリビングだった。
玄関スペースはなかったなー

中国人の一般庶民の家も玄関を開けるとリビング。
トン族、ミャオ族などの少数民族の家も玄関開けるとリビングだった。

遠く離れた南アフリカの家、レソト、ナミビアの一般の一軒家やマンションでも、玄関開けるとすぐリビング。


どの国にも、日本のような玄関スペースが無い・・・

それに海外の家には廊下もない・・・

うわー そう考えると、日本の家が特殊なんですね。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 玄関がない
  • 2015年02月04日 (水)
  • 11時20分13秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる