亡くなってわかったこと

もう少々、ちーちゃんネタ
というか、ちーちゃんの両親ネタ


何度も繰り返しになってしまうが、
先日、ちーちゃんの両親とミャンマーに一緒に行ったKさん、ミャンマーで出会ったチャコちゃん、ちーちゃんの同級生と会ってきた。


ミャンマーでの日々は、表現できないほど毎日辛かったが、
今では、あの辛い日々を4人で必死に乗り越えた同士のような感覚になっている。



当時、お父さんは「ミャンマー」と聞くだけで怒りがこみ上がっていたが、
今では「行ってよかった」と言ってくれるようになった。
お母さんは「またミャンマー行きたいだよー あの民族衣装店に行きたい」と言っていた。

ミャンマー最終日、市場でウインドーショッピング時間を設けた。

当時は、観光で行ってるわけではないので、
両親としてもミャンマー土産など持って帰ったら、ちーちゃんのきょうだいがどう思いうか・・・と気にして何も買わなかった。

私もミャンマーで何か買うと、その物を見るたびに辛い思いがよみがえってくると思い、ミャンマーでは何も買わないようにしていた。

とは言うものの、もうミャンマーに来ることは無いかな・・・?と思い、
帰国直前、数点だけ買い物をした。

お母さんも最後の最後に、民族衣装を売ってる店で布を1枚だけ買った。

「あの時は、日本にいる子供たちに遠慮して1枚だけしか買わなかったけど、本当はもっと欲しかった。
もっと買っとけばよかったなーって思うだよー」
だからまた布を買いに行きたいと言っていた。

「チハルもいろんな国で、布とか買ってきてたんですよ。
何でこんな物買ってくるんだか~って思ってたけど、
実際に行くと、欲しくなるものなんですねー」
と笑っていた。


お父さんもミャンマー人の優しさに触れ、意識が180度変わったみたい。

「ミャンマー人は良い人たちばかりだった。
行かなければ、今でもミャンマー人に対して憎悪が続いていたと思う。
チハルは昔っから1人でいろんな国に行ってたけど、
その時はなんで1人で危険な国(お父さんが勝手に危険と思ってるだけ)に行くのだろう?って全く理解できなかったし、理解してあげてなかった。
でも、こうしてチハルと同じように現地の人が行く店でご飯を食べ、現地の人と触れあってみると、やっと旅の良さが分かった。
今となっては遅いけど、娘がやってたことは素晴らしい事だったんだって初めてわかった」

そう言ってくれたことが私にはすごく嬉しかった。

生前チハルちゃんは
「私の家族は私の事を理解してくれない。
海外旅行なんて縁がない家族で、こうして海外に行くのは私だけ。
いくら私が旅の話しをしても、理解してくれない」
と言っていた。
私の家族も同じなので、2人でそのような話をよくしていた。

だから余計に両親の意識の変化を感じる。

今、両親は日本各地巡礼の旅をしてる。

日本巡礼の旅もいいが、元気なうちにちーちゃんが好きだった世界の旅もしてほしい。

ちーちゃんが好きだったことをもっともっと理解してあげてほしい。

ちーちゃんが行きたがっていたアフリカや、大好きなパンダを見に本場四川省に行ってあげてほしいなぁ~

四川省のパンダなら、私が案内しますよ!!
なーんちって。




コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

なっく

ブログ読んでくれてるねんね。
ありがとう!!

なっくの両親も理解してくれてないのかな?
家族、親族が理解してくれてなくても、私は応援してるよー
思う存分行っておいで―

感動しました。
両親に伝わらないこと、すごく良くわかります。かおりさんの粘り強い行動が起こした変化だと思います。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 亡くなってわかったこと
  • 2015年02月24日 (火)
  • 10時26分37秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる