花蓮のお勧めかき氷屋

【台湾(台北滞在) 旅行記】
2014.12/25-1/7 14日間の旅

● 12/29 6 Day-1

■ 太魯閣(タロコ)ツアー 3日目

太魯閣ツアー最終日の3日目。

今日は、夕方の電車の時間まで自由行動。

ホテルは12時チェックアウト。
それまで部屋に居ていい。

台湾に来て6日目にして、やっと朝から晴天。
とても気持が良い朝。
久しぶりに太陽の日差しを浴びた。
台湾に来てから寒くてダウンジャケットが脱げなかったが、今日は必要ない。

荷物をフロントで預かってもらい、今日は花蓮市内の観光へ。

しかし、花蓮は小さな町で、これといって見るところがない。
あるとしたら、昔の駅舎と廃線跡くらい。

ま、とりあえず、町を散策する。

まずは、町の中心にある線路跡へ。
線路跡が遊歩道になっていて、その両脇にはオシャレなお店があるらしい。

あっという間に、廃線跡に到着。
DSCF6439.jpg

今日は時間がたっぷりある。
暇なので、線路をずぅーーーっと辿ってみよう!

DSCF6440.jpg
が、100mたらずで線路の遊歩道は終わってしまった・・・
なぜか両脇の店も閉まってた。

花蓮の観光名所の1つが数分で見終わってしまった・・・


激ウマ小龍包の「公正包子」店を教えてくれた友達が、花蓮ではこれも食べて!と連絡があった。
それは、かき氷。
昨日まで寒くてかき氷など食べられなかったが、晴天の今日ならなんとか食べれそう。
とりあえず、教えられた店を見つけてみることにした。

探す前に見つかった。
廃線遊歩道のすぐ近くだった。
DSCF6442.jpg

さっき朝食を食べたばかりでお腹いっぱいだが、
友達からのミッションということもあり、とりあえず食べてみることにした。

メニューを見て、どれにしようかなー?
DSCF6443.jpg
店のおばちゃんが、「これ、これ」と、メニューのひまわりのような写真を指差す。

これがここの店の名物なんかな??

「じゃ、これで」

どうやって作るのか見ていた。

まず、寒天や団子、餡子を入れ、次に豆腐を薄くすくい団子の上に敷く。
DSCF6444.jpg

次にタピオカを入れる。
DSCF6445.jpg

そして、かき氷をまんべんなくかける。
DSCF6446.jpg

次に蜂蜜シロップをかける。
DSCF6447.jpg

そして、またかき氷を敷きつめる。
DSCF6448.jpg

手のひらで、かき氷を平らにする。
DSCF6449.jpg

きれいに平らになったら、黒蜜を隙間なくかける。
DSCF6450.jpg

次に練乳を均等に隙間を空けながらかけていく。
DSCF6451.jpg

お皿の向きを変え、また同じように練乳をかける。
DSCF6452.jpg

ひまわり(?)かき氷の完成~!
DSCF6453.jpg
50元(200円)

食べてみると、こんな風になっている。
DSCF6454.jpg

造る行程を見てたら、めっちゃ甘ったるそうに見えたが、
思っていたより甘くなくおいしかった。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 花蓮のお勧めかき氷屋
  • 2015年04月03日 (金)
  • 10時46分01秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる