花蓮の観光名所・旧駅舎とビンロウ

【台湾(台北滞在) 旅行記】
2014.12/25-1/7 14日間の旅

● 12/29 6 Day-2

■ 太魯閣(タロコ)ツアー 3日目

花蓮の名所、2か所のうちの1か所の名所は、あっという間に見終わってしまった。
友達のお勧めかき氷を食べても、ホテルを出てまだ1時間も過ぎてない。

夕方の電車の時間までまだまだある。

花蓮のもう1つの観光名所
旧駅舎を見に行く。

旧駅舎は、花蓮市内の端っこにある。
小さい町だから、あっという間に到着。
DSCF6467.jpg
鉄道マニアならワクワクするのかなー?

旧駅舎は、日本統治下時代に造られたもので、木造建築。
DSCF6460.jpg

DSCF6459.jpg

DSCF6456.jpg

DSCF6464.jpg
建物内には、日本軍統治下時代の写真が展示されていた。

ここもあっという間に見終わってしまった・・・

また町にもどるか~

台湾では、「檳樃」(びんろう)という噛みタバコが町中で売られている。
道沿いにこのような屋台で売られている。
DSCF6474.jpg
台湾南部に行くと、若いお姉ちゃんがミニスカートを履いて、肌の露出しまくった服を着て、男性を誘惑するような姿で立ってビンロウを売っているらしい。
台北や花蓮は、そんなセクシーお姉ちゃんは見かけなかったが、若いお姉ちゃんが売っていることが多かった。

噂によると「頭がハイになる」って聞いていたので、私はちょっと麻薬性があるのもなかな?と思っていた。
そういう物に関わりたくない私は、ビンロウ屋には近づかないようにしていたが、花蓮で警官が購入していた。

麻薬性がある物だと思っていた私はめっちゃ驚き、警官に「警官がこれを購入していいの!?」と質問した。
男性警官は笑って「大丈夫」と言い、数個私に分けてくれた。

1つだけ、マジマジと見せてもらった。
DSCF6473.jpg

DSCF6471.jpg
何かの実みたい。
DSCF6472.jpg
これを噛むらしい。

私は興味がないので、じっくり見せてもらった後は警官に返した。


このビンロウ、噛むと赤い唾になり、飲み込まず吐き出すらしい。

それを聞いて、思いだした!!
ミャンマーでは、男性が笑うと歯や口の中が赤く、まるで吸血鬼みたいでギョッとした。
道では殺人事件があったのか!?と思うくらい赤い液体が飛び散っていた。

あちこちに赤い液体が飛び散っていて、最初は意味が分からず気持悪かった。

赤い唾のような物を吐き出している瞬間を目撃した時、
ミャンマー人は医療が受けれず、血を吐く人が多いのか!?と錯覚してしまうほどだった。

後で、ミャンマー人の男性が好むタバコのような物って聞いて理解した。

ミャンマーでは、どんなものを食べて口の中を真っ赤にしてるのか、わからなかったがこの実を食べてたのかぁ~


ちなみに、台湾(台北、花蓮)では、住民が住むエリアに行くとビンロウ屋をよく見かけたが、ミャンマーのように口の中を真っ赤にさせてる人や、道端に吐き出した赤い痕を見ることはなかった。

みんな家の中で噛んでるのかな??



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 花蓮の観光名所・旧駅舎とビンロウ
  • 2015年04月03日 (金)
  • 12時23分12秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる