飛び乗ったらクルージングだった

渡し船の船乗り場が見えた時、ちょうど船が到着し、待っていた客を乗せようとしていた。
外はまだ冷たい風雨が吹き荒れている。

寒い中で船を待ちたくない。
私はその船に乗りたくて走った。

ちょうど乗り込んでいる他の乗客たちの後ろに並び、私も渡し船に乗ることができた。


あれ?
私、お金払わず、チケットも買わずに乗ってしまった!?
他の乗客も、チケットを見せずに乗ってた。
ここは下りる時に払うのかな??

外はまだ小雨が降っている。
風が冷たい。
甲板は寒むすぎる。

他の乗客たちは、見晴らしのいい甲板をキープしていたが、私は寒さをしのぐため、船内に入った。

私が乗る込むと、すぐ船は出港準備に入った。


船に乗ったのは3時。

私は7時過ぎには、博多の天神に戻らないといけない。
小倉から天神までは、バスで1時間半。
逆算すると、1時間ほど時間があり、小倉駅前か天神を散策しようと思っていた。

雨でずぶ濡れになったが、とても順調な旅。

対岸までは3分ほどを聞いている。
船内には座る席は少ない。
私は窓辺に立ったと同時に、船は出港した。

DSCF9376.jpg


渡し船がある洞海湾には、北九州の工業地帯。
バスで知り合ったおじいちゃんからは、「渡し船に乗ると、工業地帯が見れていいよ」と言われていただけあって、工場好きの私にはたまらない!

2-3分の渡し船を楽しもうとしていた時、アナウンスが流れた。

「この度は洞海湾クルージングをご利用いただき、ありがとうございます。
洞海湾の工業地帯をお楽しみください」

げっ!!!!

く、クルージング!?

私は、対岸に行きたいだけやねん~!!

降ろしてくれーーー!!

が、もうとっくに船は出港していて、私の為に引き返してもらえる距離ではない!

ど、ど、どうしよう・・・・

またやっちまった・・・

今まで順調やったのに・・・



もしかして、このお客さん達は、団体さん!?

そう言われれば、みんな和気あいあい。

そういえば、さっき船乗り場に、大型バスが停まっていた。
あのバスの乗客だったのか・・・

近くに居た女性に「この船ってどれくらい乗るんですか?」と聞いた。
女性は持っていたパンフレットを見ながら、「1時間くらいみたいですよ」と教えてくれた。

1時間か・・・
下り場はどこだろう・・・?
違う場所で降ろされたら、私は途方に暮れてしまう・・・

「下り場はどこですか?」
またパンフレットを見ながら
「ん~ さっき乗ったところに戻るみたいですねー」

良かった・・・

いや!
よくない!

だって私、無賃乗車してしまってるやん~
ツアーの添乗員が居たら相談したいが、それらしき人は見当たらない。
私にはどうすることもできない・・・

私は自分の存在を消すように、隅っこで小さくなった。

洞海湾クルージングは、この地域の歴史や八幡製鐵所を詳しくアナウンスで説明してくれていたが、私は聞いているのも申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまう。

私が間違って乗り込んでしまったクルージングはこれ

『洞海湾クルージング』

7時過ぎに待ち合わせしてる友達と約束してて、間に合うかも心配になってくる。
早くクルージングが終わってくれる事を願った。

乗客たちは、見ず知らずの私が乗っていても気づかない。

中には、私に席を譲ろうとしてくれる人もいた。
(丁寧にお断りして、私は隅っこでずっと立っていた)

あんな心苦しいクルージングはもうコリゴリ・・・

1時間のクルージングを終え、無事元の船着き場に戻ってきた。
やれやれ~
団体さんの後に続き、私も船を下りた。
クルージング代どうしようかと悩んだが、従業員も忙しそう。

今度はちゃんと自販機で渡し船のチケットを購入し、本来の渡し船に乗り込んだ。

DSCF9378.jpg

さっき乗った船と大きさが全然違う・・・
本当の渡し船は、庶民的だった。

今回はチケット受け取りの従業員がいた。
堂々とチケットを渡し、乗船!

あっという間に対岸に到着した~

対岸に着いた時は、雨がやんでいた。
DSCF9379.jpg

あ~ ヒヤヒヤしたクルージングだった~

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ウェス君

ほんま、めっちゃびっくりしたし焦ったわ~

団体の人に気付かれて「あんた誰や?」って大騒ぎになって、クルーズ代請求されたらどうしよう~思ったわー

こんな失敗久しぶりやったわー

No title

笑うわ

俺は間違えて別の乗り物に乗るっていうことはやったことないで。

ずぶ濡れになって、散々でも無料で一時間のクルーズをゲットするのはさすがやわ(笑)
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 飛び乗ったらクルージングだった
  • 2015年07月01日 (水)
  • 12時25分05秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる