蔵に隠された秘密

長野県を車で入っていると、立派な蔵が目立った。

RIMG0222_2015072911353849b.jpg
白壁に腰壁のナマコ壁が見事でなんとも美しい。
どの家も、とても美しい蔵。

北関東の蔵とはまた違う。
群馬、栃木でよく見る蔵は、大谷石。
最初見た時は、石の蔵でびっくりした。

そして、次によく見かけるのは、黒い蔵。
埼玉県とかで黒い壁の蔵をよく見かける。

石の蔵や黒い蔵は、関西では見た事が無かったので、すごく衝撃だった。

長野県の諏訪周辺の蔵は、関西でもたまに見かける外観で、なんだか関西エリアに戻ってきた感覚になった。

RIMG0218_20150729113533483.jpg
蔵を見ていると、屋根のすぐ下の中央に円形のマークが全ての蔵にある。
蔵によってマークが違う。
多く見かけたのが「龍」と書かれている。
「龍」は片面だけで、もう片面には違う文字や模様が描かれてあった。
模様は家紋かな??

下の写真のように家紋とは違う文字らしき物もある。

RIMG0219_201507291135346bf.jpg
これはいったい何なんやろう??

これは直接聞いた方が早い!
家の人がたまたま出ていたので、車を止め声をかけさせてもらった。

RIMG0220_2015072911353502c.jpg

「この龍って文字は、どういう意味なんですか?」
40代か50代の男性は、今まで当たり前のことなので、急に蔵の事を質問されてもわからないみたい。
たまたま一緒にいた20代の息子は、
「わー!ほんとだ!蔵にこんなのが描かれてたなんて今まで気がつかなかった!」
と、驚いていた。

私がこの地域の蔵の特徴を話していると、家の中から腰が曲がったおじいさんとおばあさんが
誰と話しをしてるんだ?という感じで出てきた。

「おー ちょうど良かった。おじいさんなら蔵の事がわかるかも?」
と、私の質問を耳の遠いおじいさんに大きな声で質問してくれた。

おじいさん;「これは「龍」だ。」

私;「なぜ龍なのですか?」

おじいさん;「昇り龍という意味だ。反対側は名字」

「え!?名字!?」

おじいさんの息子と思われる40代か50代男性と、孫の若者も一緒に驚いていた。
みんなで反対側を見にまわった。

すると、この家の蔵には「〇〇」と書かれてあった。

RIMG0221_2015072911353636c.jpg

息子や孫が「わー!こんなところに名前が書かれてあったなんて、今まで気がつかなかったーー!」
と、びっくりしている。

私も名字が書かれてある蔵は初めて見た。

私;「他の家は、家紋が多いようですが、なんでこの家は名字なんですか?」

おじいさん「なんとなく」

私;「この蔵はおじいさんが建てたんですか?」

おじいいさん;「わしが建て替えたんじゃ。その時ななんとなく名字にしたんじゃ。
他の家の蔵も名字を書いてる家もあるよ」

おばあさん;「お爺さんが名字がええ言うてなー」

私も驚いたが、息子と孫が一番驚いていた。


おじいさんは蔵について、もっと説明してくれた。

おじいさん;「蔵の屋根は片方が長いじゃろ?」

そういえば、どの蔵も、屋根の片方が長かった。

おじいさん;「これは火事になった時、長い棒で屋根を道側にひっくり返すんじゃ」

私はてっきり軒下で作業するための雨よけかな?と思っていたが、そんな単純なことではなかったのか!

私;「屋根がなくなれば、蔵の中身に燃え移るんじゃーないですか!?」

おじいさん;「蔵にはもっとしっかりした屋根があるから中の物は大丈夫。
この屋根は蔵に乗せてるだけ。だから強風が吹くと飛んで行ってしまうんじゃ」

えーー!!
それって危ないやん~~
と、言いかけたが、グッと我慢した。

おじいさんからいろいろ教わり、勉強になった。
私がお礼を言うと、息子や孫は「僕たちも知らなかったことが聞けて良かったです」と言ってくれた。

今の家はどこ行っても同じだけど、昔の家屋って地域によって大きさや特徴が違う。
蔵も同じように地域によって違う。
地域の違いを感じて見つけるが楽しい。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ウェス君

ひし形の壁にきっと名前があるはずといろいろ調べたら「ナマコ壁」ってことがわかってん。
ナマコ壁と呼ばれる由来は、「瓦と瓦をつなぐ白い漆喰の目時が、ナマコに似てたから」って。
似てるか!?
ナマコは白じゃーなく黒やろう~

ナマコ壁って初めて聞いた。ひし形の模様の壁のこと?

なぜナマコなんでしょう?
海もない県なのに
謎や
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 蔵に隠された秘密
  • 2015年07月29日 (水)
  • 13時18分35秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる