ドバイの夏

まだ8月だというのに、急に涼しくなりましたね。
一週間前までの猛暑が嘘みたい。

暑かった国の話しの続きを。

夏のイラン、ウズベキスタンを経験した後、私は次にドバイに飛んだ。

夏のイランは暑かったが、お金を多く払えばクーラー付きの部屋で泊れた。
お金を節約するため、クーラーが無いホテルで泊ったこともあったが・・・

しかし、ウズベキスタンはクーラー自体が無かった。
それに、高級ホテルの方が、壁が太陽で焼かれ、室内に熱気がこもって、サウナ状態だった…
1万円も払ってるのに、ホテルはオンボロでサウナのように暑く寝苦しく眠れず、すごく悔しかった・・・


ドバイの空港は、冷房がかかっていて涼しい!
電気がついている!
当たり前のように思うでしょうが、
電気がほとんどなかったウズベキスタンからドバイに行くと、近未来にワープしたような錯覚におちいった。
ウズベキスタンの空港は電気がほとんどついてなく薄暗かったが、ドバイの空港はキラキラと輝いていた。
まぁ~ ドバイの空港は、世界の空港の中でも、本当にきらびやかですけどね。


2000年の夏、イラン、ウズベキスタンの次は、ドバイで3泊することにしていた。

ドバイの夏も暑い。
46度以上の暑さで観光客が減る。
ドバイでは7.8月の真夏はオフシーズンになる。
それを打破するため、当時ドバイではキャンペーンを行っていて、一部の高級ホテルが半額以下で宿泊できた。

当時、ドバイは認知度が低かった。
ドバイに行くと決まったとき、友人たちに「ドバイに行く」と言っても、「ドバイ?どこ?何しに行くの?」と聞かれてばかりだった。
「ドバイはすごいねんで!」って言っても、全然理解してもらえなかった。


私は、通常の1/3で宿泊できるというメリディアン・ミナ・セヒーヤ・ホテルで宿泊することにした。
1泊7500円!
奇跡的にも偶然に、私と同じ日にドバイに行く計画をたていた友達と一緒に泊ることになった。
海外のホテル料金は、部屋の料金。
2人で泊れば半額の3750円!
3泊しても11,250円!

空港からホテルまでは、今までのようにリムジンバスで行こうかな?と考えていた。
ドバイの空港に降り立つと、ホテルからのお迎えの人がオシャレなボードを持って立っていた。
何気に見ていると、な、な、なんと、私の名前が書かれてあった!
こんな経験は始めてて、半信半疑に近づいた。
「Ms.KAORI?」
「Yes・・・」
「ようこそお待ちしてました」と私の荷物を持ってくれ、日本では見たことがない大きなベンツに荷物を積んだ。
メリディアン宿泊者の為のお迎えだった。
客は私1人。
私の為だけに、わざわざベンツでお迎えに来てくれるなんて~~
イラン、ウスベキスタンを旅してた時の状況とあまりにも違い、何が何だか意味がわからず、シンデレラになった気分だった。

私を乗せた巨大なベンツは、ホテル入口に付けてくれた。
ドアマンがドアを開けてくれ、ボーイが荷物を持ってくれる。
私の汚いバックパックを持ってもらうのは気が引ける。
ボーイのズボンが汚れてしまう~~

ホテルのロビーは、ピッカピカ!
天井の明りが床に映ってる!
ドバイ・メリディアン・ロビー

私以外は、上品な欧米人ばっか。
東洋人はいなかった。
私の格好は、ウズベキスタンでまともにシャワーを浴びれず、すごく汚かった。
ウズベキスタンでは、シャワーの蛇口をひねると大量の砂が混ざっていたり、シャワーがなくバケツに水を貯め、水を体に掛けていた。

フロントの女性は私がイラン、ウズベキシタンを旅しドバイに入ったことも理解していて労ってくれた。

当時、ドバイはインビテーションビザが必要だった。ドバイ入国三日前にFAXで発行される。
インビテーションビザをウズベキスタンのホテルにFaxしてもらわないといけず、予約時に事情を説明していた。
ウズベキスタンの4つ星ホテルの通信事情が悪てくFAXが届かず、何度もドバイに国際電話をしていた。
そんなこともあって、ねぎらってくれた。


フロントでは、イタリア製のオシャレな椅子に座って、チェックイン手続きをする。
冷えたトロピカルジュースをサービスしてくれた。

一か月近く冷たい飲み物がなかなか飲めなかった。
いや、たまに飲めたが、外気が暑すぎて意識もうろうと飲んでいた。

メリディアンホテルではホテル内も冷房が効いていて、頭もシャキットする。
久しぶりに気持良くジュースが飲めた。

+3000円UPでロイヤルルームに宿泊できることを教えてもらった。
2人で宿泊するから1人1500円!
友達はまだドバイに到着してないが、彼女もきっとOKするだろうと、ロイヤルルームに変更してもらった。

最上階のすぐ下の階。
最上階はロイヤルルーム専用のラウンジがある。
ロイヤルルーム宿泊者は、おしゃれで上品なラウンジを使用することができた。

部屋からはビーチとホテル専用のマリーナが一望できる。
ドバイ・メリディアン・ビーチ

部屋のベランダには、テーブルと椅子が置いてあった。
(部屋にベランダがあるのはロイヤルルームだけ)

ドバイの空港から、迎えの巨大なベンツ、ホテル内は冷房がかかり、外の暑さなど全く感じない。
ドバイは暑いって聞いてたけど、全然暑くないやん~
外気の暑さを全然感じない。

せっかくのロイヤルルームを堪能しなくては!
ベランダの椅子に座ろうと、窓を開けると、もあ~んとした強烈な湿気が襲ってきた!
一瞬でメガネが曇って視界が真っ白になった。

イランのバンダルアッバーの悪夢がよみがえった!

ホテル敷地内を散策しようと建物から出ると、瞬時にメガネが曇った。
カメラのレンズも曇ってしまいモタモタしてる間に、とんでもない暑さと、まとわりつくような湿気に襲われた。
昼のドバイは47度+不快な湿気。

温度計のメモリがぐんぐん上がっていく。
47度を見て、これ以上屋外に居たくない・・・気持がなえてしまう。

イランのバンダルアッバーもそうだったが、ペルシャ湾沿いの町は気温の暑さだけでなく、ものすごく不快な湿気に襲われ、さらに暑さを感じてしまう。

ドバイも暑かったが、建物内、移動の乗り物はクーラーがガンガンかかっている。
どこでもエアコンがきいていて、とても涼しく快適だった。
そのため、イランや冷房が無いウズベキスタンに比べたら、全然平気だった。

ドバイでは、屋外を歩くことがほとんどなかった。
移動はすべてタクシーだから。
路線バスもあったが、ドバイ市民は車で移動するため、利用者がいないからか本数が極端に少ない。
バスを待つより、移動はタクシーになる。

歩くときは、ショッピングモールなどの建物内だけ。
だから、暑さでヘタることはなかった。


日本から直接ドバイ入りした友人は、「暑い~」と嘆いていたが、
私はイラン、ウズベキスタンの後だったから、まるで天国のようだった。



イラン、ウズベキスタンで40度越えの暑い夏を経験したとき、
気温が40度を超えると空気が熱く息苦しくなり、何も考えられなくなった。
経験して思ったことは、人は40度を超えると思考回路がマヒしてしまう・・・と思った。


経済が発展してる国は冷房があり、建物内に入れば天国のように涼しいが、発展途上国や貧しい国は冷房など無い。
今後気温はさらに上昇していると言われている。

年々暑くなってきてるのに、地球誕生から今までで考えると、今は寒冷時期と言われている。
今後さらに暑くなると言われている。
恐ろしい~~
受け入れるのしかないのか・・・
あぁ・・・恐ろしい・・・

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ウェス君

北京でもマイレージで高級ホテルに泊まりましたよー
北京でもランクアップしてロイヤルルームに泊まりましたねー

2000年のウズベキスタンはインフラ事情が最悪でしたわー
全てが古かった・・・
今はどうなんでしょうね?

ウェス君もカンクンで高級ホテルで泊まったって言うてましたね。
高級ホテルに行くと、普段のみすぼらしい服装が急に恥ずかしくなりますよね。
それに旅中は、日本でも着ないオンボロ服を着るから、よけいみすぼらしくなりますよねー


きれいなビーチには人がいないでしょー
答えは、暑すぎるから。

No title

君の高級ホテル談話はかなりレアだよね(笑)

でも、ウズベキスタンってそんなにインフラというか、基本的なとこが整ってないんですね。

お迎えのベンツに、ぴかぴかの床にトロピカルジュース

そういうとこにいくと、汚いかっこした自分が恥ずかしくなるのは納得。

自分もカンクンで泊まった高級ホテル
飛び込みのチェックインだったんだけど、こっちから声かけるまでフロントの人に無視されてたもん。

は?この小汚い東洋人が泊まるの?ここに?
みたいな。

でも、部屋からの景色は絶景やな。
外に人居ないけど
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • ドバイの夏
  • 2015年08月25日 (火)
  • 10時00分58秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる