中国風正月

富士山一周の翌日1/3は、ジュジュちゃんに皮から餃子の作り方を教えてもらった。

全て目分量。

量りなど一切使わない。

餃子の皮作りも目分量と手触りで作る。

捏ねて捏ねて、捏ねりまくる。

30分以上きじを捏ね、乾燥ささないように、ぬれた布で多い30分寝かせる。

その間具具材作り。

具は食べたい物のお好みと目分量で作る。

てきとーに油、醤油、みりんなど入れてたなー

私が片付けなどしてる間に、彼女はテキパキと調合してしまい、何をどれくらい入れたのか見れなかった・・・

そのことを嘆いていると、「だいたいでいいの~」と、彼女も味をみながら入れていたみたい。

餃子作りは、過去2-3度作ったことがあるだけ。

手作りの皮は柔らかく、包むのが難しい。

彼女は上手だが、私は皮が薄いところがあったりダメダメ・・・

包む作業はジュジュちゃんにしてもらい、私は生地を延ばし、ちぎって皮にする作業。

全部で39個作れました~

IMG_4066.jpg
最初に作ったのは、めっちゃ巨大・・・
後半になると、2人ともうまくなり、同じ大きさになってきた。

ま、ジュジュちゃんの地域は、餃子を作る習慣がないので、
彼女もほぼ素人。

具が結構残ってしまった・・・

「余った具はどうするの?」

「お団子にしてスープに入れたりするの。
でも、私の地域では、この具を卵に巻いて蒸すの。 すっごくおいしいよ」

「じゃ、ジュジュちゃんの地域の郷土料理を作ろう!」

錦糸卵を作り、餃子の具を薄く敷いて、巻く。
IMG_4067.jpg

そして、蒸す。

水餃子と蒸し餃子、湖南省の卵巻き料理の完成~!
IMG_4069.jpg

今年の正月は、初夕日から始まり、富士山一周、日本料理に中国の正月料理で盛りだくさんでした。

ジュジュちゃんがいてくれたおかげで、充実した楽しい正月になりました。

たまには日本で正月もいいですね!





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 中国風正月
  • 2016年01月05日 (火)
  • 13時46分49秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる