銀行内で闇両替

【2016年1月 中国福建省・上海 結婚式の旅】

2016.1/6-1/20 15日間の旅

● 1/8 3 Day-2

私は両替をしたかった。
持っていた中国元は1万円ちょっと。
空港のマクドで500円ほどしか使ってないが、明日の結婚式のお祝い金を中国元で包もうと思ってるから、まとまった中国元が明日までに絶対欲しい。

私:「両替したいから中国銀行に行きたいねんけど、中国銀行近くにある?」

リン:「あるよー じゃ行きましょう」

私:「場所教えてくれたら自分で行くよ。 行き方教えて」

リン:「1人は危ない。一緒に行きましょう。」

私:「危ない?? なんで危ないの?」

リン:「遠いから一緒に行きましょう」

銀行は12時~1時まで昼休みのため閉まるらしい。


初めてリンちゃんの住む町を歩いた。
リンちゃんの家を出て30mほど歩くと両サイドに店が並んでる長~い通りに出る。
DSCF9955.jpg
この写真で見えてる建物がずーーーっとお店。

その通りには、日本の商店街のような感じだが、もっといろんな店が凝縮されている。
この通りがあれば、他に買い物に出かけなくても、すべてが揃う。

以前、リンちゃんに「帰国後どうしてるの?」って連絡したら、
「どこも行かないねー 家の近所で全部揃うしねー」と言っていたが、その意味が分かった。


歩いて20分ほどで中国銀行に着いた。
全然遠くないし、行き方も簡単だった。

銀行に到着するとリンちゃんは「ここに何しに来た?」と言う。

私:「両替やん~」

リン:「両替!? 中国銀行のカードを持ってるのですか?」

私:「銀行のカードなんて持ってないよー 日本円を中国元に両替したいねん。」

りん:「ここでは両替はできない」

中国銀行でも小さい支店だと両替できないこともある。
到着した中国銀行は小さかったので、私も少し心配になっていた。

リンちゃんはガードマンにいろいろと聞いてくれている。
ガードマンの表情や反応を見ていると、両替は無理そう。


リン:「両替するなら、銀行より両替屋の方がレートがいい。」

私:「両替屋!?今まで中国に何度も来ているけど両替屋なんて見たことがないよ」

リン:「闇両替だから。 私もいつもそこで両替してるよ」

私:「闇両替なんてあるの~!? 知らなかった~」

リン:「観光客ではわからないねー」


リンちゃんとガードマンのやりとりを聞いていた客が急に話に割り込んできた。
3人めっちゃ大声。
なんかややこしいことになったのか??

リンちゃん:「この人が両替してくれる。この人は両替屋」

リンちゃんとガードマンのやりとりを聞いていた人が「私が両替屋だから、両替してあげる」と声をかけてくれたらしい。

大声で怒っているような口調だったのに、そんな会話だったなんて・・・

今までよく行く貴州省の人と、ここの人たちの口調が全然違う。
共通語の北京語で話しているが、話し方、声の大きさが全然違う。
身振りも大きい。

両替屋は、銀行内に置かれてあったPCとデスクを勝手に使いだした。
pc操作をし、銀行の今のレートを見せてくれた。

両替屋のレートもネット上に記載されているようで、両替屋のレートと銀行のレートの差額を見せてくれた。

両替屋のレートで1万円を中国元に両替すると、1,705円も得をする。

銀行内でガードマンが見守る中、闇両替屋に両替してもらうことにした。

5万円を両替したので、8,525円も得をした。

地元の人と行動すると得するなぁ~



そういえば以前・・・
貴州省の貴陽の中国銀行に両替に行ったとき、窓口で両替しようとしていたら、見ず知らずの男性が私の横にピタッと付き、何やら話しかけてきた。

なんか危険を感じ、慌てて現金をしまった。

男性が両替をしてあげると言っているようだった。

銀行の窓口で両替しようとしてる私に、怪しい男性が「両替してあげる」と言われても怖い。

窓口の女性に目をやると、無反応。
助けてくれる様子もない。

私がビビってると、ガードマンがゆっくり近づいてきた。
男性を追いやってくれるのかな?と思ったのに、ガードマンは何もしようとせず一緒に男性の話を聞くだけ。
話を聞いたガードマンは、「この男性に両替してもらった方がいい」と言い出した。

怪しい人物ではなさそうだったのでレートを確認すると、銀行のレートより本当に良かった。
窓口の女性も、男性に両替してもらえという。

レートは良くても、手品のように現金がすり替えられ、だまされるのでは?と警戒した。
実際、カンボジア国境で手品のように両替商に騙された経験がある。

だまされるかもしれないが、謎の男性から両替してもらいことにた。
私がOKと言うまで男性を逃げないように、ガードマンに男性を見張ってもらいながら
レートを何度も確認し、何度も計算し、何度もお金の確認をし、すごく良いレートで両替することができた経験がある。

中国では、銀行内で闇両替ができるのか??

闇両替というより、日本円が欲しい人が、銀行手数料なしで両替してくれるだけかな??

それもすごい話ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

cさん

そうやねん〜
この話を他の中国人に話したら、よくある話って。
騙すとかではなく、外貨が欲しい人がよくすることみたい。

友達も以前銀行に両替しに行ったら、ガードマンに両替屋(闇両替)を勧められたって。
どうやら闇ではなく合法みたい。

銀レンカードを作ってんね。
今までカードの方がレートがいいから、今回けっこうカードで支払ったけど、今回の闇(?)両替の方がレートが良かったみたい。



> えー、ATMからその場で引き出すんだ...新展開....
> するとあとはすり替えに要注意かぁ。
>
> まぁ、次回はCNY外貨預金から直接ATMで引き出してみようと思ってるけど...

No title

えー、ATMからその場で引き出すんだ...新展開....
するとあとはすり替えに要注意かぁ。

まぁ、次回はCNY外貨預金から直接ATMで引き出してみようと思ってるけど...

Re: No title

Cさん

あー!そういうことか!

ん~??
でも、今回も以前も100元でちゃんと支払ってくれてたなー
逆に細かいお金が少なくて崩してもらいたかった~
(お金崩してほしいってお願いしたら、事情を知らないリンちゃんに「何で?今崩さなくてもいいでしょ」って言われあきらめた) 
今回は新しい100元札が多く、ピン札に近い状態だったので、結婚のお祝い金を包むのに助かった。

今回も前回も両替額を計算した後、その場でATMで引き出してくれてたわー




> 額は合ってても偽札多いんだからお気をつけあそばせ

No title

額は合ってても偽札多いんだからお気をつけあそばせ
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 銀行内で闇両替
  • 2016年01月30日 (土)
  • 09時51分05秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる