福建省の結婚式-2 結婚式当日に嫁入り道具の準備

2016年1月 中国福建省・上海 結婚式の旅】

2016.1/6-1/20 15日間の旅

● 1/9 4 Day-2



結婚式当日の朝、1階に降りると、部屋の様子が一転していた。
(いつの間に模様替えしたんや??)
ソファや中国式茶テーブルなどが全部部屋の端っこに移動していた。
1階は広々としたスペースになっていた。

私:「一階が様変わりしてるよ。何があるの?」

りん:「家で結婚式をする」

私:「え? 結婚式場でするって言うてなかった??」

リン:「儀式は家でする。披露宴は別の会場でする」

そういうことか~


食事を済ますと、リンちゃんから「メイクの人が来るから部屋を片付けるをの手伝って」と言われる。
私の荷物はバックパックのままだが、ちょっとした小物(化粧水など)は棚に置いていた。
棚に置いている小物も全部片付けて、自分の私物はすべてバックパックにまとめた。

メイクも着替えも部屋でするという。

そんなことなら、少しでもスペースを確保したほうがいい。
私のバックパックは、お母さんの部屋に移動した。

次に、2階の階段横に無造作に置いてあった荷物をかばんに詰めてとお願いされた。

DSCF9495.jpg

紙袋に無造作に入れられてある物は服。
コート4着、ズボン、セーター、スカート、ワンピース、下着などいっぱい!
外出用の服だけでなく、部屋着も何着も用意してあった。
スリッパも全部タグ付きの新品。
(スリッパだけは、旦那用もあった。)

これは嫁入り道具らしい。
だからすべて新品なんだとか。

ここまで生活用品すべてを新品で持っていくとは思いもしなかった。

それにしても、今も十分服を持ってるのに、またさらに新しい服!?
暖かい福建省で、こんなにコートが必要か??と思ってしまう。

ってか、なんで結婚式当日に嫁入り道具の準備をするんや??
せめて前日までにしとかなあかんやろう~と少々あきれてしまうが、嫌々結婚するのだから仕方がないか・・・


嫁入り道具を婚礼用かばんに詰め替え終わると、次は婚礼用のマークを目立つところにすべて貼ってとお願いされた。
これもお母さんの指示で、リンちゃんはそんな作業があることなど知れなかったみたい。

お母さんが慌てて、キラキラする赤いビニール素材の切り紙を持ってきた。
DSCF9509.jpg

この切紙はシールなどない。
どうやって貼るんや??

てれてれで薄っぺらく細かい切り紙のため、ノリは使えない。

リンちゃんが「なんでシール付きを買ってこない!どうやって貼るの!」とお母さんに怒る。

結婚式当日の朝、リンちゃんとお母さんが大喧嘩。

お母さんが、ガムテープと同じ太さがある赤く太いビニールテープを持ってきた。
お母さんもバタバタ。
お母さんは赤いビニールテープを長く切り取り、切り紙の上から縦に貼ろうとする。

赤のテープで貼ると、切り紙の柄が見えなくなり、見た目もみすぼらしい。

婚礼のマークだというのに、お母さん何をするんや~
いくらなんでも私でもそれはあかんやろう~とわかる。

リンちゃんがまた怒る。

リンちゃんが透明の太いビニールテープを持ってきた。

するとお母さんが「それは白だから絶対だめ!」と言う。

中国の結婚式では白ダメだとは知っていたが、透明のビニールテープでもダメなんだ・・・と驚いた。

婚礼のマークを維持しながら切り紙を貼るとなると、テープを輪にし両面テープのようにして貼るしかない。

リンちゃんもお母さんも他の準備で忙しいため、私がその作業をすることになった。

見えないテープでさえ、白(透明)テープは使ってはいけないらしく、赤いビニールテープを輪にして貼ることになった。
切り紙の最大幅は7mmほど。

マークが離れ落ちないよう、1つのマークに4つ~5つ両面テープを貼る。
みすぼらしくないよう、赤いテープが出ないようにきれいに貼ってと言われる。
5mm以内でテープを輪にし、両面テープをひたすら作る。

すべての荷物に両面、どこから見ても婚礼マークが見えるように貼らないといけない。
けっこう時間がかかる。

DSCF9507.jpg

結婚式当日の朝7時頃から、私は寝巻のまま、ひたすら荷物を詰め、婚礼マークの切り紙を張り付けていた。
ちなみに、その頃リンちゃんのお姉さんはというと、髪の毛をセットしたり、超念入りにメイクをしていた。

でもまー 
お姉さんが何もしないおかげで、私は嫁入り道具の中身を見ることができ、どのように準備するのかわかってラッキーだった。

DSCF9510.jpg

私がせっせと荷物に切紙を貼っていっていると、いつの間にか親族らしき女性たちが数人いて、次々に赤いバケツやタライなど準備し、物が増えていた。

親族の女性が「龍眼」という南国の果実を袋いっぱいに持ってきた。
DSCF9512.jpg

それも嫁入り道具の中に入れていた。

赤いタライの中には、新品のエプロンなど家事用の物が何枚も入れられた。
全て赤色かピンク。
リンちゃんの好みの色など関係ない。

いったん入れたエプロンなど取り出し、1枚入れ、次に穀物をちりばめ、2枚目を入れ、また穀物をちりばめる。
それを全ての物の間に穀物をちりばめた。

DSCF9511.jpg

いつの間にか、ほかにも新しい服が笊の上に置かれ、その上には、穀物と造花がちりばめられていた。
DSCF9539.jpg
なんでザルの上に服を置くのかなー?
意味があるのかなー?

親族の女性たちが来てから、次々にいろんな小物や生活用品がバケツやザルの上に置き、穀物をちりばめていた。
こんなものまで新品の嫁入り道具として準備して持っていくの!?と思うような細かい物まで全て新品。

例えば、バスタオル、タオルはもちろんだが、、キッチン用の布巾、キッチン用のゴム手袋、ウェットティッシュ、歯ブラシ、綿棒などなど。
ほんとに細かい生活用品まで、すべて新品。


リンちゃんの嫁入り道具の準備は、親族の女性たち5-6名が仕切ってやっていた。

お母さんは家じゅう大忙しに動いている。
リンちゃんはというと、いつの間にかメイクの人が来て、部屋でメイクが始まっていた。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 福建省の結婚式-2 結婚式当日に嫁入り道具の準備
  • 2016年02月22日 (月)
  • 10時30分04秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる