福建省の結婚式-6

2016年1月 【中国福建省・上海 結婚式の旅】

2016.1/6-1/20 15日間の旅

● 1/9 4 Day-6

リンちゃんは、赤い大きなろうそくやお供えなどたくさん置かれた祭壇の正面の椅子に座り、まるで神様のよう。
リンちゃんのそばには親戚の女性で固められていた。
私も近くには行けないくらい。
新郎はさらに少し離れたところで、ただ突っ立っているだけ。
新郎は影が薄すぎて、存在がない。

常に家の前で爆竹が鳴り響いていて、何が何だか意味わからん。

男性たちが、祭壇の前に置いてあった荷物を運び出した。
私は生きたつがいの鶏が気になって仕方がない。

DSCF9563.jpg

鶏はその場で殺されることなく、荷物と一緒に荷台に積み込まれた。
とりあえずはホッとした。

飾りつけをした車が家の前に横付けされ、リンちゃんが動き出した!
リンちゃんは、親戚のおばさんのような女性達に付き添われている。
新郎は、おばさん達を挟んで、とりあえず横にいるって感じ。
DSCF9567.jpg
リンちゃんは家を出るとき、おばさんたちに赤い傘をさしてもらっていた。

そして、家を一歩出る前、さらに激しく爆竹が鳴り、男性たちは紙吹雪のロッケット弾みたいなものを空に向けて発射し、天高くキラキラとした紙吹雪が降り注いだ。
まるでクライマックスのような感覚になった。
紙吹雪が舞い終わると、リンちゃんたちは車に乗り込んだ。

私は、リンちゃんと一緒に日本に留学していたという日本語がめっちゃ流ちょうな友達2人と行動するよう、リンちゃんから言われていた。

1人は既婚者、もう1人の子はまだ未婚だけど”いいなずけ”がいるらしい。
この2人の結婚もリンちゃんと同様、親が決めた相手らしい。
この2人の結婚話も後々・・・


新郎新婦が車に乗ると、リンちゃんの家の周辺には、さっきより高級車の数が増えていた。
日本ではあまり見かけない大きなベンツやBMW10台ほど停まっていた。

友達が「私たちも車に乗りましょう」と言う。
どの車に乗ってもいいらしい。
私たちはBMWの中でも一番大きな車に乗った。
後部座席のスペースめっちゃ広い。

私「この高級車って誰の車? 親戚の車かなー?」

友達2人「こういう場合はレンタルもある。 でもリンの家は金持ちだから親戚の車かなー?」

私「リンちゃんってやっぱ金持ちなん?」

友達「見てたらわかるでしょ?」

やっぱりそうかー
リンちゃんは日本にいると聞い、私には今まで「お金持ちじゃない。普通」っていうてたから、私は鵜呑みしていた。

ただ、今回の結婚式出席するのに、お祝いを日本円で渡したほうがいいのか、中国元で渡したほうがいいのか悩んでいたので、本人に聞いたことがあった。
「お祝い? そんなのいらない! 我が家はお金持ちだからいらない。 
結婚式は全部お父さんが出してくれる。お父さんがみんなを招待するからいらない」と頑なに拒んだ。

「私はお金持ち」って・・・
冗談か本気かわからなかった。

既婚者の友達は、「私のときは、車じゃーなくて赤い籠に乗ったよ」と驚くことを言った。


車に乗ったはいいが、今からどこに行くんだろう??

私「今、どこに移動してるの?」

友達「私たちもわからない」

リンちゃんも友達も、何も把握してないみたい・・・

20分近く走っただろうか?
ちょっと郊外を走っていると、リンちゃんの家の前のように、赤い風船の門があった。

私「あれも結婚式?」
友達「たぶんね。今日は結婚式がいっぱいね」

そんな話をしていると、先頭を走るリンちゃんの車がUターンし、その門の前で停まった。

後をついて走っていた私たちの車も、その門の近くで停まった。

私「ここはどこ?」
友達「さー?もしかしたら彼の家かな? でも彼の家はマンションって言うてたし、どこだろうね?」

半年前に結婚したという友達もさっぱりわからないみたい。

赤い籠に乗ったという既婚者は、籠に乗って彼の家まで運んでもらったらしい。
友達「私の場合は彼の実家がすぐ近所だったしね。でも、リンの彼の家は遠いから車だったのかもね」

リンちゃんが車から降りる時も、爆竹を鳴らし、紙吹雪のロケット弾を噴射してから歩き出す。
DSCF9573.jpg

赤い門には、地面に赤いじゅうたんが敷かれてあった。
まるで、レットカーペットやん~
DSCF9577.jpg

このレットカーペットが結構長い。
どこまで続いてるんや??

DSCF9578.jpg
隣の女性は常にリンちゃんに赤い傘を差し、寄り添ってあげて世話役みたい。

新郎は鈍感で気が利かないから、ドレスの裾を気にしたり、赤い傘をさすのも全部世話役の女性だった。
まぁ~ 男ってそんなもんかもねー

それにしても、リンちゃん、ドレスに赤いハンドバックって・・・
この赤いハンドバックは有名なブランドで、香港に行って購入したらしい。

レットカーペットは、ある一軒の家の中に続いてた。
DSCF9580.jpg

どうやらここに行くみたい。
家の敷地に入る前、立ち止まる。

そして、爆竹鳴らす人と、紙吹雪のロケット弾を持った男性たちが、急いでリンちゃんの前に行き、敷地の中に入り、爆竹に引火し激しく鳴らす。
そして、新郎新婦が並んで敷地に入る前に、紙吹雪を発射させる。
DSCF9582.jpg

このとき、ふと思った。
あれ??
リンちゃんのお母さん、お父さんがいない・・・
お姉さんもいない・・・
まで来てないのかな??

友達に聞くと、リンちゃん家族は来ないらしい。
花嫁を家で見送って終わりらしい。


新郎新婦は、家の中に入る。
DSCF9585.jpg
玄関には、風船のアーチが施されてあり、家の中までレットカーペットが続いてた。

私たちも入っていいらしく、家の中に入らせてもらった。
DSCF9586.jpg

家の中は、真っ赤な装飾で飾りつけされてあった。
そして、さっきリンちゃんの家の祭壇前に置いてあった、食料の花嫁道具の木箱がもう運ばれてあった。

DSCF9589.jpg

この家は、新郎のおじいちゃんおばあちゃんが住む田舎らしい。

家の正面の祭壇前に行くと、祭壇に向かってリンちゃんたちは儀式的なお辞儀をした。

それが終わると、身内らしい女性たちから次々に金のネックレスをしてもらっていた。
気が付くと、リンちゃんの首や指は金だらけになっていた。

DSCF9591.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 福建省の結婚式-6
  • 2016年02月29日 (月)
  • 12時23分39秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる