ある人の結婚相手

2016年1月 【中国福建省・上海 結婚式の旅】

2016.1/6-1/20 15日間の旅

● 1/9 4 Day-10

食後は、リンちゃんの新居の部屋で女友達は、リンちゃんとの時間を過ごしていた。

私はリンちゃんの留学時代の友達2名と喋っていた。

1人は半年前に結婚したという既婚者。
もう一人は独身だが、フィアンセがいるという。

私:「じゃ今婚約中? いつ結婚するの?」

彼女は浮かない表情をした。

友達1:「いつかなー? あと2-3年先かなー?」

私:「えー!? 婚約期間長くない??」

友1:「結婚したら私、○○(某東南アジアの発展途上国)に住まないといけない。 
あの国は何もないから行きたくない。
それに私日本好きだからこのまま日本で暮らしたい」

彼女は日本の大学卒業後、日本企業に就職し、今も都内で暮らしている。
今回、たまたま仕事が休めて里帰り期間中にリンちゃんの結婚式があったから、奇跡的に出席できたらしい。
彼女は、リンちゃんと親友らしい。
リンちゃんのことをよく理解してた。

友1:「私も親が決めた相手で、彼とは結婚したくない。リンと同じね。だから彼女の気持ちがよくわかる」

私:「そんなに嫌なら、親に結婚したくないって言うたらあかんの?」

友1:「親同士が話し合って決めたことだから、断れば親の面子が立たなくなる。
明日は、彼のおばあさんの祝賀の日で、私も身内として招待されているから行かないといけない」
もう親族同士の付き合いが始まってるから断れない。
だからできるだけ結婚式の日を伸ばすしかない」

私:「今回帰国して、彼と会ったりしてるの?」

友1:「彼は○(東南アジアの発展途上国)でいるから、今回は会ってない。 彼はその国で仕事をしているから」

彼女の婚約者の一族は、世界に散って仕事をしているらしい。
彼が東南アジアの某国で工場を経営し、その工場で作った商品を世界に散ってる一族に輸送し、世界に商品を卸している貿易一族だという。
彼のお父さんは南アフリカで仕事をしているという。

話を聞いているだけで、規模が大きすぎて、頭がクラクラしてくる。

そのため、婚約者はめっちゃ金持ちらしい。

私:「じゃ東南アジアに住んでも、お手伝いさん雇ってのんびり暮らせるやん~」
某国に住むことを嫌がってる彼女に、少しでも楽しそうに思ってもらえるように言ってみた。

友1:「彼が1人で住んでいる家には、もうお手伝いさんがいる。
私は何もすることがない。
あの国は、東京みたいにショッピングするところがない。
私の楽しみはショッピング。だから行きたくない」

そんな話をしていたら、リンちゃんが加わった。

リン:「彼女の彼はすごくお金持ち。 いいねー 
私はそうじゃない… この先どうするかな・・・」

友1:「今までみたいに、ブランドバックはもう買いえないよ。 
リンの持ってるバック1つの金額は、彼の1年分の収入じゃん」

言われたリンちゃん、半べそになり落ち込んでいた。

ひぇ~~
友達、めっちゃストレートな発言!!
もし、同じことを日本人女性に言うと、その場で友情関係は崩れそう・・・




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • ある人の結婚相手
  • 2016年03月08日 (火)
  • 11時48分08秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる