トン族が密かに有名になる??

先週、トン族を紹介する番組が2つも放映された。
1つはNHK BSプレミアムで、私の桃源郷でもある「肇興」が紹介された・・・


RIMG2049.jpg

たぶん日本のテレビで肇興が紹介されるのは初めてじゃーないかな?

私の大好きな肇興が日本で紹介される。。。
うれしくもあり、有名になってしまうことに寂しさもあり、すごく複雑な気持ちになった。


肇興は4度訪れている。
親しくなったトン族の女の子も数人いる。
知り合いの村人は出るかな??

番組がある当日は、朝からワクワク、ソワソワ。

肇興はトン族最大の村で、鼓楼は5つある。
最初、5つの氏が肇興に住み、1つの氏に1つの鼓楼が建てられた。

鼓楼とはこのようなタワー
RIMG2262.jpg
トン族の村には、このタワーがある。
鼓楼は、村人の憩いの場、休憩場所でもあり、集会所でもある。


今回紹介された村人は、私が拠点を置いている鼓楼とは離れたエリアで、知った顔ぶれは登場しなかった。

あぁ~ みんな元気にしてるかな~?

RIMG2169_201603291053281c6.jpg


RIMG2008_20160329104624aff.jpg

RIMG2175.jpg
この写真は
2011年4月。

このころの肇興は、近くに建設中だった高速道路の工事用ダンプが激しく行き来し、めちゃめちゃうるさかった。
2013年には工事も終わり2014年に行った時には、村が観光用に整備され村のメイン道路は(元々一本しか車が通過する道がなかったが)歩行者天国になって、すごくのどかな昔の肇興に戻っていた。
静けさは昔に戻ったけど、民家がホテルに変わってしまい、村人の素朴な暮らしが消えていきそうだった。

今回やっていたNHKの番組では、広東省に住む人が、肇興へ旅行に来て気に入り、移住し肇興で広東料理の店を出したという内容だった。

2014年冬前には、肇興近くに新幹線の駅が開通した。
高速道路も新幹線も開通し、これからどんどん観光客がよし寄せるんやろな・・・

日本人には、まだまだ知られていない貴州省だが、中国の東側の人たちには徐々に知られていて、
中国人観光客が秘境をもとめてやってきている。
15年ほど前の雲南省みたい・・・

東側の中国人は、チベットや雲南省に強いあこがれがある。
中国人バックパッカーは海外ではなく、まず雲南省を目指す。
大理に行ったとき、長期旅行者の若者たちばかりだった。
大理、麗江は、もう中国人(漢民族)だらけで、お店の店員も東からやってきた漢民族ばかりだった。
大理、麗江の建築はかろうじて昔の面影を残しつつ改築されているが、少数民族の暮らしを見ることは不可能・・・

ミャオ族最大の村、西江も2010年前に道路が開通し、迂回せず行けるようになった。
今では、大型バスでも通れる広い道ができている。
村のメイン道路にはお土産屋が増え、ずいぶん変わってしまった。

肇興はとんでもなく山奥にあり、肇興までの道が険しく整備されてなかった。
そのため今まで素朴な暮らしが残っていた。

2014年に肇興の村人が、「数年で村の人口が倍以上増えた。今は4000人にもなった」
劇団員も「3年前には劇団員は10名だったが、今は30人になった」
と言っていた。

2007年から二年おきに、貴州省(肇興も)行っているが、どんどん村が変化していっている。
変化のスピードが速すぎる・・・
最後に行ったのは、2014年。
あぁ~ やっぱり今年も行こうかな・・・


肇興の番組の三日後くらいにやっていたトン族の番組2つ目もNHK。
福山雅治がトン族の村に行って、トン族大歌と一緒に歌うという内容だった。
福山雅治はどのトン族の村に行くのだろう・・・
それが気になった。
番組が始まると、食い入るように画面を見入った。

着いた村は、2014年に行った「占里村」だった!
DSCF1855.jpg

DSCF1864.jpg

DSCF1916.jpg

まさかこの村だったとは・・・
この村は、ほんとに素朴な村。

まだ民族衣装を着て暮らしている。
DSCF1910.jpg

DSCF1912.jpg

子供たちの民族衣装姿はとってもかわいい(大人も同じデザイン)
DSCF1919.jpg


この村はトン族の中でもちょっと特殊な村。
妊娠前に男女を産み分けると言う。
この村の言い伝えで、
「子供は2人まで。それ以上だと食べ物に困る。
男と女がいい。
男2人だと田畑の奪い合いが起こる。
女2人だと家を継げないだか、嫁に出すのが大変。(女2人の理由はちょっとうる覚え)」と言われていた。
そのため、子供を作ると決めた時に、その村だけに昔から伝わる薬草を煎じ、男女を産み分けるのだという。
その薬草や飲むタイミングは、村の外部には漏らしてはいけないと言い伝えれれているという。


そんな占里村は、すごく行きにくい村だから、予想外すぎてびっくりした。
ま、車で行くなら道もきれいになってるし、今では簡単に行けるかなー?
とはいうものの、それでもずいぶん山奥にあるため、どのルートで占里村に行ったか気になる~~

そして、もう1つトン族の「芭扒」村が出てきた。(たぶん芭扒だったと思う)
芭扒も美しい村だった。
DSCF1256.jpg


福山雅治が最後に芭扒で300人のトン族と、トン族大歌とコラボするという内容だった。
福山ファンには申し訳ないが、福山雅治の歌が邪魔だった・・・

もっとトン族大歌を聞かせてほしかった・・・

あぁ~ トン族の村にまた行きたくなった・・・

今年行こうかなー?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • トン族が密かに有名になる??
  • 2016年03月29日 (火)
  • 12時13分16秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる