初めての電気風呂

回転ずしでお持ち帰りしたお寿司を食べ終わったカー君をせかし、

急いで銭湯へ行く。


時間はもう23時前。

今から行く銭湯は24時閉店。

また違う銭湯も体験させてあげたかった。

今日は徒歩15分ちょい行ったところにある別の銭湯へ。


その銭湯は、マンション2階にある。

一階は駐車場、2階は銭湯。

昨日は昔ながらの銭湯だったが、今日は番台ではなく、フロント形式で、広い休憩スペースもあり、湯舟は電気風呂、ジェットバス、露天風呂、黒湯もある。


フロント前に休憩スペースがある。

「ここは24時閉店だからそれまでに出るように。早く出たらここで待ち合わせな」

今日は閉店時間を告げ別れて入った。


夜遅い時間だというのに、女風呂はとてもにぎわっていた。

露天風呂あるって教えたけど、ちゃんとわかるかなー?

少々心配しながら、閉店時間ぎりぎりまで入っていた。


出ると、彼もちょうど出てきたばかりだった。


深夜24時すぎ、静かになった町を歩く。

昼間は36度を超えていた東京。

暑さでぐったりしていたが、銭湯上がりで気持ちよくなった体に夜風が気持ちいい。


銭湯上がり、歩いて帰ってる時が、とても幸せに思う。


彼も同じで「家のシャワーでこんなに気持ちいいなんて思ったことが無い。

銭湯は入っても気持ちいいし、帰りも気持ちがいいね!

銭湯が近くにあれば、僕は毎日行くよ。


今日は炎天下の中、1日中歩いて足がとっても痛かったんだ。

今日行った銭湯には、ジェットバスがあって、ふくらはぎをマッサージすることができたんだ。

今はもう全然痛くないよ!

銭湯はマジックだね!

その隣に、ビリビリするお湯があったよ!

あれは何!?」


「あれは電気風呂っていうもので、微量の電気が流れてるねん」


「何のため!? 危険だよ!」


「おじいちゃん、おばあちゃん達が好んで入るねん。」


「あんな恐ろしい風呂に老人が入るのか!? 信じられない…」


彼にとって銭湯は癒しと驚きの場所らしい。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 初めての電気風呂
  • 2016年09月03日 (土)
  • 12時30分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる