酷すぎる偽物だまし絵建築

【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 

9/5 Day-2-5《汶川》


今回の旅は、ジュジュちゃんの研究の為に汶川に来た。

本来ならたくさんの人にアンケートを書いてもらった方がいいのだが、少数民族の老人は文字があまり書けない人もいるらしく、口頭でインタビューすることにした。

私は中国語がわからないので記録写真係だった。


脂ギトギトのチャン族伝統料理(?)豚肉炒めを食べ終え、

私たちは地震後に作られたチャン族を紹介する施設に行った。

DSCF1608.jpg


この施設はメイン道路と川沿いの間にある。

とても整備されている。

これも震災後町を整備したからだろう。


石を積み上げるのがチャン族の伝統建築なのだろう。


近くに行ってびっくり。


DSCF1595.jpg

皆さん、わかります??


この壁のほとんどが絵なんです!

まるでトリックアート!

だまし絵!


実際には中央の階段などありません!


近くに行くとよくわかります。


階段の下側も実際は階段などなく、石を積み上げたように見せるため凸凹としたプラスチック。

側面の飾り窓と木のドアも絵。

DSCF1597.jpg



入口の木材だけは本物でした。

DSCF1596.jpg


それにしても、ここまで本物みたいに精密に絵を描いたものや・・・

あきれながらも、ある意味感心してしまった・・・



私たちがここに来るきっかけになった新聞記事に、書かれていた

「伝統建築を模した展示にチャン族の長老は怒った。

『デタラメじゃないか!』」

は、本当だった・・・


今まで中国の内陸部に関する記事って実際は違うことが多かったが、これは本当だった・・・


新聞には、2008年四川大地震後の復興の為、中国政府は約80億円を投じ伝統建築を模した城塞をつくった。

長老は、建物、構造、配置を見てみるみる不機嫌になり「これはチャン族の風習を取り入れたものではない!」と言ったと書かれていた。

長老が見た城塞はここではないと思うが、それにしても汶川の町に建てられてチャン族を紹介する施設も素人が見ても酷い物だった・・・





コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

☆KAYO☆ちゃん

ひどいやろ~
トリックアートか!?と思ったよ~
ここ以外の周辺の村にも復興いう名目の見た目だけの偽物建築がいっぱいあったわー
この建物が一番ひどかったわ…

これはヒドイ。
いったい建設費用のほとんどはどこに行っちゃったんでしょうね…
プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 酷すぎる偽物だまし絵建築
  • 2017年01月11日 (水)
  • 10時36分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる