牟托村 その1

【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 

9/6 Day-3-5《汶川・牟托村》


新しい資材でありきたりなコンクリートの民家を建築中の牛脳村の次は、

『牟托村』に行った。


牟托村へも川沿いの道を進む。

この辺りは、平地が無い為、どこに行くのも川沿いになる。

道の片側は茶色く濁った激流。

もう片側は、垂直にそそり立つ岩山。

DSCF1650.jpg


土砂崩れもある。

DSCF1643.jpg


汶川から車で40分ほど牟托村に到着した。


DSCF1748.jpg


汶川周辺の村は、入口になる別れ道の所に、村の名前が彫られた立派な石碑がある。

DSCF1651.jpg

これも震災後の復興でつくられた。


ここは、震災前のチャン族建築風に戻している村。

DSCF1652.jpg

牟托村は、チャン族伝統の石を積み上げた塔が4つある。


ここが村の中心あたり

DSCF1654.jpg

村のどこからでも塔が見える。

写真でも山側に3つの塔が見える。


DSCF1657.jpg


村の中心近くには宿もあった。


塀や家は、ブロックやレンガを積み上げた壁にタイル風にカットされた石をコンクリートで張り付けている。


DSCF1656.jpg

本来なら、石を積み上げているのがチャン族建築。


要塞のような家も再建されていた。

DSCF1663.jpg


上から見ると屋根はトタン。

DSCF1665.jpg


民家の敷地内には葡萄をつくっている家が多かった。

DSCF1666.jpg


老人が家の中庭でくつろいでいたので声をかけ、家の中を見せてもらった。


DSCF1675.jpg


外観は同じだが、左側は新しい家。

右側は古い家。


新しい家は子供夫婦が住んでいる。

DSCF1671.jpg

壁は白く、大理石のきれいな床。

天井も高く、室内は広々している。

DSCF1670.jpg

リビングを中心し各部屋がある。


大きなテレビも!

DSCF1672.jpg


老夫婦が住む古い家も見せてもらった。

DSCF1669.jpg

二階は物置になっていた。

DSCF1668.jpg


この村も地震の時は大きな被害にあった。

この古い家も壁など崩れずいぶん被害にあったが、倒壊することはなかっため助かったらしい。

室内は暗く、ドアを閉めらた真っ暗になる。

老夫婦には、昔ながらの住み慣れた住居の方が快適だと話してくれた。


家を見せてもらっていると、プラスチック容器に入ったはちみつを見せてくれた。

老夫婦は、蜜蜂を飼っていて蜂蜜も採取しているという。

1キロで60元(約900円)。

すごく良い蜂蜜だし、家も見せてもらったし、インタビューもさせてもらったので、2人で1キロを購入した。

宿に戻り飲み終えた水のペットボトルに半々に入れ替え、各自500㎖の蜂蜜を入れ持ち歩いた。

この後、私はこの蜂蜜でずいぶん助かることになる。


家を出るときには、フルーツまでいただいた。

DSCF1677.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 牟托村 その1
  • 2017年01月31日 (火)
  • 15時30分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる