犬に噛まれた!! その1

【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/7 Day-4-3《汶川》


私は朝から頭が痛く、全身がだるかった。

夢ト村は汶川から1000m以上も上にある。

急激に1000m上がったからか、頭が締め付けられるように傷みがひどくなり、足に鉛を付けられたように重く、ありえないほどの睡魔に襲われた。


村の上の端まで行くと、おじいさんと50代ほどの男性がいた。


ジュジュちゃんが声をかけ、インタビューが始まった。

私は隣で聞いていたが、だんだん立ってられないくらいしんどくなり、高さ50cmほどある低い塀に座った。

その時、座った塀はここ。

DSCF1832.jpg

ジュジュちゃんと男性たちは写真右の辺りの道でインタビューしていた。


この写真には写っていないが、植木の前に野良犬が寝ていた。


私は塀に座ると、極度な睡魔に襲われ意識がもうろうとしてきてきた。

自分の意思と反し、もう目を開けていられない。

まるで睡眠薬を飲んだみたいに、異常なほどの睡魔だった。

私は目を瞑って寝ていた。


インタビューをしているおじいさんは、村移転や震災後の政府の方針にそうとう不満があったようで、大声でジュジュちゃんに不満をぶちまけていた。

その大声で村人が出てきて、総勢10名ほどがジュジュちゃんを取り囲むように輪になってしまった。

私が座っていた所にまで輪が膨らみ、私も取り込まれた状態になっていた。


真ん前や横に人がいて、全員が大声でジュジュちゃんに政府の不満を言い、

その声があまりにもうるさくて、私は頭がうずく。


塀に座っているとお尻も痛くなり、うるさい輪から脱出しようと、私はふらふら~とその場を立った。


極度な睡魔で居眠りをしていたため、まだ目が回っていた。


村人の輪から外れ、ふらふらとした足取りで数歩歩いて立ち止まった。


その時、たまたま立ち止まった場所は、寝ていた犬の前だった。


私は次の寝場所を見つけるために周囲を見回していた。


今までおとなしく寝ていた犬が、ふと目を覚まし、私と目が合った。


すると、驚いたのか、急に吠えだしたと思ったら、私に襲い掛かってきた。


一瞬のことで私も驚き、少し後ずさりをしたが間に合わず、右足のスネを「ガブッ」と噛まれてしまった!


ヤバい!!


その瞬間、「ガリ」と硬い物に当たったのがわかった。


ヤバい!

骨まで達した・・・!!


自分でわかった。


私が大声で「わあっっーーーーー!」と叫ぶと、村人が気づき、犬を追い払ってくれた。


ズボンに大きな穴が開き破れていた。


ズボンを上げ、足を見ると、まだ血が出る前で、奥に白い骨が見えていた。


続く・・・





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 犬に噛まれた!! その1
  • 2017年02月20日 (月)
  • 13時47分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる