中国で犬に噛まれたら 

中国四川省の山奥で野良犬に噛まれ、狂犬病のワクチンを打った。

中国では年間2000~3000人が狂犬病で死んでいる。

あまり知られていないが、

狂犬病は発症してしまうと100%死ぬ。

致死率100%!

今の医学でも治療できない。

発症して2~7日後には死ぬ。

世界で恐れられている、あのエボラ出血熱でさえ致死率が80%ぐらい。
狂犬病はエボラ出血熱より危険!


狂犬病の事は知っていたが、処置について詳しく知らなかった。
今回いい勉強になったので、まとめます。

●犬に噛まれたら
狂犬病は猫もウィルスを持っている。猫に引っかかれても狂犬病の恐れがある。
① すぐ傷口を石鹸と流水でよく洗う。
② すぐ病院に行く。

●中国で犬に噛まれたら
① 伝染病専門病院に行く。
中国語だと「疾病預防控制中心」と書かれている病院へ行く。
普通の病院に行ってもワクチンは無い。

中国は昼休みが長く12時~3時のところもある。 
病院に駆け付けたが閉まっている場合は、昼休み後に行きましょう。

② 傷の手当は一般の病院に行く。
噛まれたり、猫に引っかかれたりした場合、傷口の手当が必要。
破傷風の恐れもあるため、ちゃんと治療してもらいましょう。

中国の狂犬病ワクチンについて
・狂犬病のワクチンは国によって違う。
・一度の注射で終わりではない。
狂犬病治療の大変なことは、数週間、数週間、数年間かけてワクチンを打たないといけない。
・最短コースで4回コース。 すべて打ち終えるのは4週間後。
・5回コース
・6回コース
※私は4回コースを打ったため5回、6回コースのスケジュールは分かりませんが、最終接種は3か月~6か月後になるとか。

4回コースでも普通なら、噛まれた日、3日後、7日後、22日後に打つ。
しかし、私のような旅行者には噛まれた日に3日後の分を同時(両腕)に打つことができるワクチンがある。

同じ4回コースでもワクチンが、いろいろと違うみたいで3回目、4回目に打つ際、病院でしっかり伝えないといけない。

私が打ったワクチンの4回コースは、
噛まれた日(7日)両腕に2本
一週間後(14日)、4週間後(28日) 合計4回打った。

●ワクチンの注意点
中国の先生が言うには、
・ワクチンはメーカーによって成分が異なるため、一度打ったワクチンを最後まで打ち続けること。
・違うワクチンを打っては絶対ダメ!
・決められた日に必ず打つこと。前日や翌日に打ってはいけない。

●私が打ったワクチン
IMG_7037.jpg

 IMG_7038.jpg

IMG_7162.jpg

もらったのはこれだけ。
私は中国語ができない為、7日後の3回目の接種、4週間後の4回目接種の際にこの箱を見せればいいと言われた。

今はJJちゃんがいるから、説明や手続きをしてくれたが一週間後には別れる。
3回、4回は私1人で病院に行き、ワクチンを打ってもらわないといけない…

JJちゃんも心配し、ボールペンで手書きしてるのは、JJちゃんが書いてくれた。
これを見せれば、中国語が話せなくても先生には伝わるだろうと…

ワクチンの箱は、私にとってパスポートと同じくらい大切な物になった。

●よく言われたこと
「中国で野良犬に噛まれてケガをし、狂犬病のワクチンを打たなくてはいけい。
帰国日が遅れる」
と、家族や友人に伝えた。
みんなに言われたことは、
「すぐ日本に帰ってきた方が良い!医療設備が整っている日本で治療した方が良い!」

それは無理・・・

狂犬病ワクチンは、噛まれてから20時間以内にワクチンを接種しないといけない。
一度打ったワクチンは、最短4回コースで4週間かけて”必ず”打たなければならない。

それに、
日本では狂犬病の発症、死亡は50年以上ない。
日本では狂犬病はほぼ絶滅したと思われている。
その為、ワクチンを打てる(保有してる)病院が限られている。
県によっては一か所の医療機関しか対応できない。
北海道でさえ札幌で2か所だけ。
山梨県、石川県、熊本県、秋田県など、その他4県は一か所だけ。
四国では徳島県1ヶ所のみ。
ワクチンが打てる医療機関がない県もある!
ワクチンを打てる病院はあっても、狂犬病のワクチンは特殊なため常備されておらず、ワクチンを取り寄せないといけない所もある。
日本では、先生も狂犬病をあまり詳しく知らない。
勉強してても、日本では狂犬病の患者が50年以上いない為、実際に治療した先生はいない。
日本で狂犬病のワクチンを打とうとする方がリスクが高い。

海外旅行先で犬に噛まれて不安もあるが、狂犬病が多く狂犬病の対応に慣れているその国で治療したほうがいい。

どうしても帰国したければ、ワクチンを打って日本に戻り、次のワクチン接種日に、またワクチンを打ちにその国に行く方法もある。
ただし、私の場合は、狂犬病ワクチンを打った後3日間ほど体調があまりよくなかった。


● 予防接種について
日本で狂犬病の予防接種を打っていく人もいる。

私が中国旅行中にアップしていたブログを見たタイに住む友人から連絡があった。
「タイも狂犬病が多く、駐在員は日本で狂犬病のワクチンを打って来るけど、実際はすぐワクチンを打たないといけないし、あんあまり意味がないんだよね…」と言っていた。

しかし、予防接種を打って行って噛まれた場合、当日と3日後に2回ワクチンを打つ。

打つ回数が減るため、ワクチン打つために最短でも22日間滞在しないといけないということは免れる。

狂犬病がある国ってけっこうある。
私のように思いもよらず犬に噛まれることはあるが、海外行くたびに狂犬病ワクチンを打っていく必要はないと思う。

犬には近寄らないことが一番!


●中国で狂犬病ワクチン接種で気を付けること
中国では狂犬病が多い為、少数民族が暮らす山奥でも狂犬病ワクチンがあった。
しかし、省によっては5回コースのワクチンがメインで、4回コースのワクチンがない場合もある。
実際、私は貴州省の山奥で4回目のワクチン接種打てず大変だった…
最初にワクチンを打った省だと同じワクチンはあるが、他の省だと無い(少ない)可能性がある。

どの疾病予防病院に行っても狂犬病のワクチン在庫があるとは限らない。
前日にワクチンがあるか確認しても、どの病院でも
「今はある。しかし当日別の患者が来てワクチンが在庫切れになる可能性もある」
接種日の当日の朝、電話で確認した。
「今はある。しかし、あなたが来るまでの間、他の患者が来たらワクチンはなくなる」
「お金を多めに払うから取り置きしといて!」
「それはできない」
…と言われた。

私はワクチン接種日前になると不安と心配で眠れなかった。


コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

だっち様

私も同じであれから犬が怖くなりましたよ…
狂犬病の心配がないヨーロッパでもビビってしまいました。
だっち様は中国にお住まいなので、これからもほんとに気を付けてくださいね。

中国では犬だけではなく猫も狂犬病のウィルスがあるので、猫にも気を付けてください。
ワクチン接種の為病院で順番を待っている時「猫に引っかかれてワクチンを打っている」っていう女性と会いました。

それと、知り合いの上海の駐在奥さんも、以前猫に引っかかれてワクチンを打つことになったけど、最後のワクチン接種日、病院行くとワクチンが品切れで上海中の病院調べたけど無く、青島だか天津までワクチンを打ちに行って大変だったと教えてくれました。
そんな話を本人から聞いていたので、第三候補まで病院を調べ、前日にはワクチンの有無を直接確認しに行きました。
中国では電話しても出なかったり、担当者に電話を回してもらえない、たまたま電話にでた人が適当に返事しますしね…。

No title

ありがとうございます。
今回のせいで犬が怖くなりました。
サモエドとかかわいいのですがもう近寄れないです。

Re: No title

だっち様

2回目のワクチン打たれたのですね・・・
お疲れ様です。
同じワクチンを打たのですね!!
急に親近感がわきました!
私はワクチン打った後3日間ほど体がだるかったので、あまり無理せず安静にしておいてくださいね。

私も中国人から何度もお酒を勧められましたが、その度に「狂犬病のワクチンを打っているから呑めない」と断りました。
当時は噛まれた傷もあったので、傷を見せると納得してくれました。

だっち様のように中国でお仕事されていたら呑むのが仕事みたいなものでしょうし困りましたね…
先方に事情を説明し、それでも勧められたら呑むふりをしてその場をしのぐのはどうでしょう?
難しそうですが・・・

禁止事を守らないと効果が下がるか…
そういえば私も同じこと言われました…
そんなふうに言われたら守らないとね…

飼い犬なら大丈夫でしょうが、散歩のとき野良犬と接触があるかもわからないしできるだけ用心してください。

No title

本日2回目の注射を打ってきました。
医者から1か月はお酒、刺激物、激しい運動はダメと言われました。
もし守らなかったら効果が下がると・・・
日本のワクチンであれば24h以内はダメちというのはわかるのですが、1か月ダメとなると仕事上接待等あり厳しいです。
まぁ、先生は責任を取りたくないので言っていると思います。
私も薬の説明書をもらいましたが、そこにはいつまでダメなのか記載がありませんでした。

幸い野良犬ではなく飼い犬(トイプードルの座敷犬)でしたのでおそらく大丈夫と思いますが・・・
同じ注射を打ったとの事でメールさせて頂きました。

Re: No title

だっち様

はじめままして。
私のブログを見てくださってありがとうござます。
お子さんが噛まれた傷口を吸ってしまわれたのですね。
それは危険ですね…
だっち様も狂犬病ワクチン接種をされたのですね。
私も同じように「コーヒー、お茶、紅茶などカフェイン入っている飲み物、アルコール、たばこ、辛い物、刺激物を食べてはいけない」って言われました。
私はアルコール、たばこを飲まないのでその点はいいんですが、コーヒー好きなので辛かったです。
それに、四川省、貴州省の食べ物は辛い物ばかりなので、辛くない食べ物が少なく、食べ物が限られてしまい苦労しました。
ワクチン打って帰国したのですが、いつまで禁止事項を守ればいいのか分からず、空港の検疫所に聞いたところ「そんな禁止事項聞いたことがない」って言われました。
中国では「絶対ダメ」と厳しく言われたので、念のため帰国後も2~3か月間は守りました。

No title

はじめまして。
中国(浙江省)に駐在しているものです。
わたしも先日子供が同じマンションの飼い犬に噛まれてしまいました。そのときあわてて私が子供の傷口を吸ってしまいました。
子供はすぐに病院でワクチン接種しましたが、私は大丈夫だろうと2日後に嫁にその時の状況を話したところ、すぐに病院に連れていかれ、病院の先生からもワクチンを打ったほうがいいとの事でワクチン接種しました。
その時、1か月間お酒、たばこ、刺激物の接種は禁止と言われましたが、貴殿は如何でしょうか?
たばこは吸わないのですが、お酒は仕事の関係上厳しいのですが。。。

Re: No title

Cさん

おお~ そういう事やったんですね!!
予防接種してたら現地で打つ回数も少なく三日後で終了するんですね。
(なんで検疫所の医者はあんな回答をしたんやろ…?)

犬に噛まれると狂犬病の恐れがあって危険とか知ってたけど、噛まれるときは不意ですね…
たまたま立ち止まった前に犬が寝てるなんて・・・
一瞬の出来事で、体調も絶不調だったこともあり、すぐ体が動かず逃げることができなかったです・・・
事故ってこのようにして起こるんですね・・・

No title

まだ誤解があるみたいだけど、事前接種してるからと言って何もしないで日本に帰ると言っているのではありません。発症したらおしまいですから、現地で打ちますよ。だけどWHOのスケジュールだと事前接種してない場合は5回接種しなくてはならないのが2回(三日)で済むでしょ。会社に勤めてる人とか、現地にずっといるわけにはいかないんですよ。

Re: No title

Cさん

ん~ 
帰国後検疫所でも聞いたけど、検疫官も事前接種に関しては微妙な返事でできれば現地でワクチンを打った方がいいって言うてましたよ。
すぐ日本に帰れるなら、日本で打ったほうが後の心配はないので、それが一番ですよね。
同じ中国でも省によってワクチンが違って大変でした・・・

No title

「予防接種を打っても狂犬病の場合は意味がないらしい。」ってのは...

ワクチンをすぐ打つのは治療法が無いので発症させないためです。
でも、事前接種してた場合は暴露後のワクチン接種回数が違いますよね?つまり在庫の心配も少なく、旅行者の場合は早く日本に帰国できることになりますよね?

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 中国で犬に噛まれたら 
  • 2017年03月08日 (水)
  • 11時40分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる