新・夢ト村

【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/8 Day-5-3 《夢ト村》


夢ト村で、前日インタビューをしていた老人たちを探していたが、見つからなかった。

村には人がいない。


やっといた人たち。

DSCF1822.jpg


DSCF1823.jpg


DSCF1824.jpg


チャン族の刺繍は、毛糸で縫い色がはっきりしている。



さらに村を散策していると、家の前で老人たち男女5人ほどがいた。

DSCF1835.jpg 


JJちゃんが声をかけ、インタビューを開始すると、体調が悪そうな私に座れと椅子を貸してくれた。


私は絶不調・・・

JJちゃんのインタビュー中、私は頭が割れそうに痛く、全身もだるく、睡魔も酷く、しんどくて目を閉じていた。


老人たちが、私の顔色が悪い、唇が紫だけど、この人は大丈夫なのか?と心配してくれてたらしい。


JJちゃんのインタビューが終わり、私の疑問を質問した。


この家の前に、葡萄が実っていた。


DSCF1836.jpg


私;「この葡萄はいつ植えたのですか?」

村人;「8年前に植えた。 地震後この村に来てから植えた。

    今はやっと収穫できるようになった。」


新・夢ト村は、地震で民家がほぼ全滅し、村がそのまま上に移転した。


新・夢ト村の標高は、2000m

旧・夢ト村の標高は、1950m


村人は全員新しい村に移転したわけではなく、今も8世帯が旧村に住んでいるという。


インタビューしていた老人の一人が今も旧村に住んでいるという。

その老人は住み慣れた家の方がいいらしい。


移転した人に今の家はどうか聞くと、「新しい家もいい」と言っていた。


この村は、旧村のすぐ上に新しい村が造られたため、畑もそのまま使われている。

その為、村人は今も自由に旧村へ行き来している。


崩壊した村は、そのまま保管され、野外博物館になっている。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日記タイトル一覧
  • 新・夢ト村
  • 2017年03月15日 (水)
  • 11時33分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる