寒羌坪桃

【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/9 Day-6-3 《寒羌坪桃》


川沿いに大きく立派な門が見えた。

近づくと、いかにも震災後に造ったチャン族風建築物。

DSCF1967.jpg


今日の目的地であった寒羌坪桃(村の名前)だった。

門の内側は広い駐車場。

大型バスが次々に入っていく。


DSCF1968.jpg


大型バスから中国人観光客がゾロゾロと降りてきて、みんな吸い込まれるように村に入って行った。

DSCF1969.jpg


DSCF1971.jpg7


村にはこのような銅像があった。

叩いてみると中は空洞のプラスチック製だった。

DSCF1973.jpg


DSCF1972.jpg


村内は、真新しいいチャン族風の建物に、道には小川が流れ、木々が植えられ緑が多い。

村というとりちょっとしたテーマパークのよう。

チャン族風の偽テーマパーク村のよう。


寒羌坪桃も2008年に起こった四川大地震で村が崩壊した。

その後、チャン族の復興の村として、すぐ近くに新しい村を造り、村人はここに移住した。


村は、歩行者天国になっている。

メイン遊歩道の両側には、スカーフや雑貨、衣類を売る売店が並んでいる。

売ってる人は村人。


ほぼ全部の建物の一階は飲食店。

大型バスで立ち寄った乗客は、さらっと見学してただけで、誰一人村で食事をしようとせずバスに戻って行った。


ホテルの看板も上げている。


屋台の人に、この村についてJJちゃんがインタビューした。


私たちからみると、偽物のチャン族の村にしか見えないが、

村人たち数人に聞くと、誰もが大満足していた。


・きれいな家で住めるようになった。

・観光客が毎日来て、村にお金が落ちる。

・村人も現金収入がある。

・震災前までは貧しい村だったが、今は現金収入が得られるようになった。


「どの建物も食堂になっているが、なぜ?」と私が質問した。


「食堂やホテルにすれば、直接現金収入がある。

村(家)をつくるときに、みんな一階を食堂にし、二階はホテルにできるような家にした」らしい。


私はJJちゃんにボソッと「いつまで観光客が来るのかな…? このような造られた村は魅力が無いと思うけど…」と言った。


「カオリはいろんな国や地域に行って本物を見て知ってるから違和感があるけど、中国人のほとんどは本物か偽物の村かなど気にしない。

チャン族様式の村ならそれでいいと思ってる。

私やカオリのように、本物を見たいと思っている人は中国ではまだまだ少ない。

中国人はここ数年で旅行する人が増えた。

今まで旅行をしたことない人が多い。

旅行初心者は、他の地域に行くだけで満足する。

だから、造られた村かどうかなど深く考えないし気にしない。

中国は14億人もいる。

これからもっと旅行する人が増える。

四川大地震はとても有名だから、この地域に来たらこの村に立ち寄る。

何度も旅行し、本物を見た人が増えれば、このような村は違和感が出てくるけど、中国ではまだそこまでの域には達していない。」


その言葉を聞いて、妙に納得してしまった。




村のゲートには、ヒマワリごと種を売っていた。

DSCF1970.jpg

このヒマワリ屋台、結構人気があり、大型バスで来た観光客の多くがヒマワリごと買っていた。

こういう物も村人の現金収入になる。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
日記タイトル一覧
  • 寒羌坪桃
  • 2017年03月23日 (木)
  • 19時13分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる