旧・寒羌坪桃

【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/9 Day-6-4 《旧・寒羌坪桃》


政府が造った新しい「寒羌坪桃」を見終えた後、車に乗り川沿いの一本道を進んでいった。


少し走ると、次の村に到着した。

観光客が少しいるが、さっきの新しい村と違って、ひっそりしていた。

DSCF1979.jpg

でも、味がある。

この辺りは地震で崩壊したはずだが、昔らしさが残っている村だった。


家の壁も小さな石を積み上げられてある。

DSCF1993.jpg


JJちゃんの説明によると、

この村は、先ほど行った新しい村(移転した村)の前の村。

四川大地震で村は一度崩壊した。


この村は、歴史が古く、昔からのチャン族様式の石造りの村だったため、

震災後、政府はこの村全体を保存することに決めた。


住民は、復旧後この村で住み続けてもいいが、政府が造った新しい村に移住してもかまわない。

住民自身がどっちに住むか決めていい。


その結果、新・寒羌坪桃には、30代、40代の若い世代が移り住んだ。

老人は旧・寒羌坪桃にとどまっている。


新・寒羌坪桃は、村を造る際、住む住人の意見を尊重し一階を食堂にし、2階、3階をホテルにも利用できるように4階建ての家を建てた。

建設費用は、政府が一部負担している。

(政府が決めたことに従わなければならないわけではなく、

住民の意思を尊重してることに驚いた。)


旧・寒羌坪桃は、昔ながらのチャン族様式で再建し、村全体を保存している。


村人はいるが、住んでいる人が少ない為、ひっそりしていた。


この地域は、昔から侵略が多く、争いが絶えなかった。

その為、旧・寒羌坪桃の村の下には、地下通路がある。

地下通路を見るためには、100元ほど入場料を支払わなければならない。


私たちは「行く?どうする?どっちでもいいよ」と二人同じ意見。

100元は1550円ほど。(2016年現在)

地下通路を見るだけで、1550円は高いなぁ…

地下だから暗い。

暗い通路を見るために1550円は高いな…

二人の意見は一致し、地下通路には行かなかった。


地下通路は見なかったが、村を隅々まで見回った。

地上にも通路がいくつかあった。


DSCF1981.jpg

地下通路もこんな感じかなー?

DSCF1983.jpg


急な階段を上がったところにドアがある家が多かった。


DSCF1989.jpg


DSCF1982.jpg


DSCF1980.jpg


DSCF1991.jpg


DSCF1992.jpg


地上は通路だが、上を見上げると建物があり、どこを歩いているのかわからなくなってくる。

まるでモロッコのメディナ。

迷路のようになっている。


DSCF1984.jpg


DSCF1985.jpg


ね、モロッコ・フェズのメディナみたいでしょ。


DSCF1986.jpg


DSCF1990.jpg


DSCF1994.jpg

ドアが閉まっていると、建物内が全く見えない。

住民がいるのか、いないのかさえわからない。

村内は、外敵から身を守るため、どの家もこのような造りになっていた。


この村は山の傾斜を利用してつくられている。

その山の上には、村の守り神を祭っている祭壇があるというので行ってみた。

DSCF1999.jpg

傾斜が険しい岩山をよじ登ると頂上には、石を積み上げられた祭壇があった。

DSCF2006.jpg



祭壇からだいぶ降りてくる途中、村と見事な景色が一望できた。

DSCF2005.jpg


村に下りた時、たまたま玄関のドアが開き、おじいさんが出てきた。

私たちは家を見て見たかった。

おじいさんにお願いして、中に入れてもらえた。


通路から見ると、内部が全くわからず、どんな家なのか想像できなかった。

ドア(門)をくぐると、緑がいっぱいだった。


DSCF2009.jpg


DSCF2011.jpg

写真左上はコンクリートの新しい建物。


右側は、昔ながらのチャン族様式の家。

地震で壊れたが復旧した。

中庭には葡萄だか何かの木が植えられ、自然の日陰で心地よい風があり、涼しくくつろげた。


このおじいさんは、チャン族の歴史にとても詳しく、チャン族伝統の骨とう品を多数収取し、博物館に貸していると言いう。

大部分は博物館に保管されているが、家にもまだチャン族伝統の骨とう品があるという。


DSCF2017.jpg


これは数百年前、もしかするともっと昔のチャン族のアクセサリー

赤と水色の石は本物の自然の石。

値段は付けられないくらい高価な物らしい。


↓は、糸を持ち歩くための糸の保存容器。

DSCF2014.jpg

昔のチャン族女性は、どこでも刺繍をしていたため、ネックレスの中に糸を保存できる物らしい。


DSCF2015.jpg

白、赤、ピンクの石の下、木の部分の内部に糸が保存できる。


↓のアクセサリーも下に引っ張ると小物入れになっている。

DSCF2013_20170404140727168.jpg

これも、貴重な骨とう品で数百万するらしい。

(値段は男性の言い値)


このようなアクセサリーは、この男性のおばあちゃんの物で、おばあちゃんも先祖代々から受け継ぎ、とても貴重な物。



男性の家の中庭テラスから見える景色は、周囲の山と自分の家だけ。

DSCF2010.jpg

近所の家の内部はなぜか見えない。

テラスに出ても、隣人の様子は全くわからない。


男性の家の中を見せてもらった。

DSCF2018.jpg


入ってすぐキッチン。

DSCF2020.jpg


DSCF2019.jpg

いろんな民家を見せてもらったが、チャン族の家の中には、このような手作りの刺繍の大きな壁掛けが必ずあった。


今では、電気が通っている為、薄暗い家に入ると、電気をつけてくれたが、昔のランプを見せてくれた。

DSCF2021.jpg


木の柱に突き刺しても使用できる。


おじいさんは、JJちゃんにチャン族の事をすごく詳しく説明してくれた。


私は、相変わらず体調が悪く、JJちゃんがおじいさんに話を聞いている間、木陰の椅子に座って、頭痛と犬に噛まれた傷の痛みに耐えていた。


話を聞き終え、私たちはおじいさんとお別れし家を出でると、またひっそりとした村の路地。

(路地の先に写っている人物は、私たちの運転手)

DSCF2023.jpg


DSCF2022.jpg


DSCF2026.jpg


DSCF2029.jpg


元々の村人の若い衆の多くが、新しい村に引っ越したが、愛着があるこの村に住む人はまだ多いみたい。

昼間は戻ってくる人もいるらしい。


見事に修復されたチャン族伝統の旧・寒羌坪桃は見ごたえがあった。



この村を出るころには、JJちゃんと運転手から、私の「顔色が青ざめている」と指摘を受けた…

相変わらず謎の体調不良に見舞われていた・・・





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 旧・寒羌坪桃
  • 2017年04月04日 (火)
  • 11時52分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる