FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタール・ドーハ・ハマド空港

【ヨーロッパの旅(ベルギー、ドイツ、ブルガリア、イタリア)】
2017.5/20-6/13 25日間
5/21 Day 2-1《ドーハ→ブリュッセル》

7年ぶりのカタール航空。
7年ぶりにカタール・ドーハ・ハマド国際空港に到着した。
IMG_1095.jpg

7年前は小さな空港だった。
7年前のドーハの空港
南部アフリカ 006
中央はここでっぽく、買い物はここぐらいしかなかった。

2017年のドーハ・ハマド国際空港はずいぶん大きくなっていて、以前とはずいぶん様変わりしていた。
2017年5月のカタール・ドーハ・ハマド空港

こんな大きな中央広場ができていた!
DSCF4984.jpg

中央広場には、だらっとした謎の熊の巨大ぬいぐるみがあった。
クマの頭には、電球カバーが突き刺さっていた・・・
DSCF4985.jpg

7年前はもっと中東らしい人(白い服の男性や、真っ黒いヘジャブを着た女性たち)たちばかりだったが、2017年はそのような人は少なく、インド系、パキスタン系、中国人が多かった。
(たまたまかもしれないが)

販売員、空港スタッフもインド系、中国人が多かった。
一人の中国人販売スタッフに話しかけてみた。
「中国で求人を見つけ、4か月前からこの空港で働いている。その後どんどん中国人スタッフが増えてきている」と教えてくれた。
利用者も中国人が増えている為、中国人スタッフが求められるのだろう。

空港内にシャトルが走っていた!
DSCF4988.jpg

お土産屋もカフェも、レストランも増えていた。
7年前はカフェなどほとんどなかった。
きっと当時は建設中で仮設空港だったのかな?

近頃の旅行者は、空港トランジットで何が一番気になるのか?
それは、Wi-Fiでしょう。
ドーハ・ハマド国際空港は、無料Wi-Fiがあります。

フリーWi-Fiですが、パスワードが必要です。
パスワードは、搭乗券の裏に貼られている「荷物預けシール」の
名前が書かれている右側の“6桁の数字”です。

※フリーWi-Fiのパスワードですが、この内容は2017年5月現在です。
数年後には変わってるかもしれません。



ベルギー行の便は一階のゲート。
DSCF4989.jpg


バスに乗って、タラップから乗車。
DSCF4990.jpg DSCF4993.jpg

ドーハ→ベルギー・ブリュッセル行きは、空席が目立ち私の隣2席はだれも来なかった。
DSCF4994.jpg


DSCF4997.jpg

機内食を食べ、映画を見て、4時間眠ってもまだ到着する気配が無い。
また映画を見る。

ドーハ→ブリュッセルは、9時間だか10時間ほどかかった。
思ったより長かった・・・

日本を出発し、ベルギー・ブリュッセル到着まで21時間。
(うちドーハ乗り継ぎ時間は2時間)
ヨーロッパってこんなに遠かったっけ??
21時間って、南米行く時間と同じくらいやん~
長い道のりだった・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • スポンサーサイト
  • カタール・ドーハ・ハマド空港
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2017年07月10日 (月)
  • 17時20分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。