FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッツウォルズ その1(ブロードウェイ)

【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
8日目-2 (8/24)

朝からホテルオーナーの馬を見に行ったエンちゃんは機嫌が直ってテンション高い。

昨晩、ホテル手前にかわいい街並みがあった。
調べると、そこは「ブロードウェイ」というコッツウォルでも有名な町だった。

DSCF8173.jpg

朝10:40だったが、まだ観光客が来ておらず、人が少なかった。

DSCF8175.jpg

お店もまだ閉まってるところが多かった。

 DSCF8176.jpg

藁ぶき屋根の家もあった。
DSCF8179.jpg DSCF8180.jpg
かわいい藁ぶき屋根の家だが、売家だった。

 DSCF8182.jpg DSCF8183.jpg
誰か買いませんか?

ブロードウェイを後にし、次はオーナーが勧めてくれた
「コッツウォルト・ラベンダー」に行くと、どこもラベンダーなど無い。
見渡す限り枯れた丘・・・
ラベンダーの時期は終わってて、全部枯れていた・・・
枯草の丘だった為、写真は撮らなかった。

枯草の丘を少し行くと緑の草原の丘があった。
よく見ると、そこには馬がいた!
DSCF8184.jpg
エンちゃん・・・
わざわざ時間を割いて馬を見に行かなくても、馬見れたやん~
そう言いたがったが、ぐっとこらえた。

馬がいる草原の近くに立派な馬の厩舎があった。
ヨーロッパ、イギリスでは、馬はすごく大切にされていて、家族の一員らしい。
(ヨーロッパ人に日本では馬肉といって馬を食べると言ったら卒倒するかも?)

 DSCF8185.jpg

馬が放牧されていたのは写真右側。
道を挟んだ左側の低い石垣の奥には、立派な厩舎があった。

この裏道をずーーっと走り、
次の目的地「ウィンチカムにあるシュードリー城」へ。

無事シュードリー城にたどり着いた。
DSCF8190.jpg

しかし、エンちゃんは「城には興味がないから行ってきて」と言う。
私一人、お城を見に行くことにし、門をくぐり入場受付に行くと、入場料が予想以上に高かった。
それに、城内見学はけっこう時間がかかると言われた。
1時間ほどならエンちゃんに待ってもらおうと思っていたが、1時間では見切れないと言われた。
できるだけ多くのコッツウォルズの町に行きたかったし、お城の見学を諦めることにした。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
日記タイトル一覧
  • スポンサーサイト
  • コッツウォルズ その1(ブロードウェイ)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2018年07月25日 (水)
  • 09時00分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。