FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロッズ

【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
9日目-12(8/25)

ハロッズ
IMG_4032.jpg

ここが有名なハロッズかぁ~
ハロッズ前の建物も統一されている。
 DSCF8488.jpg

ハロッズ内の食料品売り場。
ブランドのフロアより、ハロッズの建物の良さがよくわかる。
 DSCF8491.jpg
上はハム売り場
DSCF8492.jpg

このカウンターで食事ができる。
せっかくだからハロッズで食べようかと思ったが、すごい高いので断念した。
カウンター席で料金が高いのはどうも納得できない…
椅子の柱は大理石。
 DSCF8493.jpg

ショーケースも大理石。
DSCF8495.jpg  IMG_4034.jpg


このケーキ、平均9.5£(1330円)
IMG_4033.jpg

ケーキ1個が1330円もする!!
ハロッズだからか??
物価高すぎ…

ハロッズの客さんのほとんどが、金持ち中東人と中国人だった。
中東人も中国人も家族や一族での旅行者が多い。


中国人の子供が、フェンディのショップの椅子でデーンと鎮座し、スマホゲームをしていた。
親はフェンディの店員にいろんな商品を出してもらい、品定めしていた。
ハロッズに来ていた中国人の子供はほぼみんな太ってた。

中国人のエンちゃんも「ここには典型的な金持ち中国人家族がいっぱいだね・・・」と言っていた。

バブル時代の日本人と同じ。
当時ヨーロッパのブランド店には日本人観光客の行列ができていた。
今は、中国バブルなだけ。

中東の人たちは、男性家族、女性家族と別れて、ショッピングをしていた。
中東の男性たちに人気だったのは、高級ブランドの時計店。

ま、たまたま私が見た時はそんな感じだった。

ハロッズでは、今世界の金持ちやブランド好きの国が一目でわかるのかも。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • スポンサーサイト
  • ハロッズ
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2018年08月15日 (水)
  • 10時39分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。