FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッキンガム宮殿見学

【イギリス】
2017.8/17-8/28 12日間
10日目-5(8/26)

私達が行った日は、バッキンガム宮殿の衛兵交代が無くがっかりしたが気分を取り戻し、バッキンガム宮殿見学することにした。
バッキンガム宮殿見学の入口は正面横にある。

入場料 23£(3300円)

バッキンガム宮殿見学は、基本見学できない。
しかし、”エリザベス女王がスコットランドに滞在する夏期間の限られた時期”だけ見学できる。

その為、チケット売り場は簡易テント。
テントだけど、すごく立派。
DSCF8520_20180829114123a4a.jpg
床は木製。
トイレも簡易トイレとは思えないほど、立派できれい。

バッキンガム宮殿内部は写真撮影禁止。
たくさんの部屋や各国からの贈り物が展示されていて、どの部屋もきらびやかで品があり、華やかで美しかった。

どの部屋も見事で、ここでエリザベス女王が住んでいるのか??と思ってしまった。
現代人には、ちと暮らしにくいような・・・?

バッキンガム宮殿でも音声ガイドが配られた。
私達は、お互いの言語にチャンネルを合わしてもらった。

やはり、中国語でガイダンスを聞いているエンちゃんは、早く見終えさっさと次に移動する。
中国語は、語尾が無いため、あっという間に説明が終わる。
私がずっと同じ絵画を見ながらガイダンスを聞いていると、エンちゃんがしびれを切らし、
「まだ聞いてるの?長すぎる」とあきれられた。
日本語説明は長すぎる・・・

日本語があまりにも説明が長い為、
中国語と日本語の両方聞いたエンちゃんが言うには、中国語は細かい説明をだいぶ省いているらしい。
それを知ってから、エンちゃんは中国語と日本語の両方のガイダンスを聞くようになった。
そのおかげで、私たちはスコットランドのときのようにはぐれることなく、無事一緒に見終わった。
最後は、裏の庭園に出た。
ここは写真撮影OK。
 DSCF8521_20180829114125070.jpg

建物から出る前、お土産屋とカフェが併設されていた。
私達は思い出に何か買いたかったが、ケンジントン宮殿のお土産屋と同じく欲しい!と思う商品は無かった・・・
「何か買いたい!」お互いずっと店内を探したが、無かった。。。
ガッカリしながらカフェに行き、「何か食べるか飲まない?」とお互い言い合った。
しかし、超高い。
激高なのに、紙コップ…
なんだか納得できず、ここでも諦めた。

 IMG_4054_201808291141265c5.jpg

入場券も高いが、内部は見ごたえがあった。
夏の期間の限られた時期しか内部見学できないのでお勧め。

ちなみに、
出るとき、チケットに印鑑を押してもらうと、1年間の有効期限で一度だけ無料見学券になる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • スポンサーサイト
  • バッキンガム宮殿見学
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2018年08月28日 (火)
  • 21時36分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。