旅先のアバンチュール

年配の男性によく聞かれる質問は、
「そんな危ない国に一人で行って、危険な目にあわないの?」

危ない国・・・?
どういう意味やろう?
「イスラムの国=危ない」ってことかなぁ~?

私、思うんですが、イスラムの国より日本のほうがよっぽど危険だと思います。
一昔前までは「海外の夜道は一人で歩くのは危険だ」って言われてきたけど、
今の日本なんて、全く知らない人に昼間でもナイフで突然刺されたりするでしょ。
日本の方が事件に巻き込まれる可能性が高いと思うんですよねー。

それと、年配男性にもう1つ聴かれることがあります。

「海外に行って、向こうの男性に言い寄られたり、
好かれることとかあるんちゃうの?」


やんわり聞いてるけど、本当に聞きたいことは

「現地の男性と恋に落ちたことあるの?」

ということでしょう。
言い寄られることはあるけど、そんな男は無視!

先日、年配の方とお食事をしたとき、
「旅先の恋の話しが1つや2つぐらいあるんじゃないの?」
と、聞かれました。
その人は、エロオヤジではなく、たまには私の恋の話を聞いてみたいようでした。
でも、これが一度もないんですよねー
に出てきたシャフィーンとは?」
シャフィーンとは手をつないだくらいかなー?
何もないです・・・・
だって、一度きりのアバンチュールでエイズになりたくないもん!

日本では、エイズへの危機感って薄いけど、海外ではエイズ人口が多く、
トイレでは、「エッチをするときはコンドームをつけましょう!」
というポスターをよく目にします。

オーストラリアでは、「コンドーマン」という頭部がコンドームの形をした
キャラクターがいて、街のいたるところに巨大ポスターが貼られてました。
コンドーマンはビーチや街中に出現し、カップルたちにコンドームを配るんです。
これは、コンドームを作ってる会社のPRではなく、エイズ撲滅運動です。

ある日、地下鉄のホームにコンドーマンが現れ、子供たちの人気者でした。
一緒にいた両親もニコニコ。
「日本なら子供にコンドームの形をした頭部を見せるなんて!」って
怒る親がいそうやなーって思っちゃいました。

アフリカの国によっては4人に1人がエイズだったりします。
だから、安易にノリでエッチをするなんて自殺行為。

旅先のアバンチュールを求める人も中にはいるかもしれないけど、
私には考えられないことです。

エイズだけではなく、旅先で浮ついた気持ちはなれないです。
だって、目的地にどうやって行くのか。
バスは何時なのか。
次の町のホテルはどこやろう?
無事見つかるかなー?
など、考えることがいっぱい。
旅先でのアバンチュールなんてありえへん~

それに、もし一夜限りの大人の恋なんてしてしまったら、
その国やその町の印象が、恋の相手になってしまうでしょ?
だって私は恋をしに旅に出てるんじゃーないもん。
その国、その町、そこに住む人々の暮らしを見たいねん。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 旅先のアバンチュール
  • 2007年09月07日 (金)
  • 08時19分50秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる