癌の特効薬なるか!?

親切な学生と一緒に猛ダッシュし、無事ケンゴ君の研究発表会場へ到着。

私はまだ息が整わないままケンゴ君がいる会場へ。
会場内はそれぞれの研究発表のパネル前には人がいっぱい。
ケンゴ君がスーツ姿で質問に答え説明している。
彼は忙しそう・・・
私の息切れは少しは落ち着いたけど、全身から滝のように汗が噴出し、
ハンカチで拭いても拭いても止まらない。

するとケンゴ君が私たちを見つけ駆け寄ってくれた。
ケンゴ君のポスターを見せてもらうが、全て英語で何を書いているのかわっぱりわからへん・・・
2007.11.2-3.jpg

ケンゴ君は簡単にいうと
『細胞膜モデルを用いた活性酵素の消去』
を研究しているという。

みんなわかる??
私、何度聞いても把握できないんですよねー

お肌の染みとか老化とか色んな病気に関与するとされている
活性酵素を効率よく消去しようというものらしい。

今までなら癌治療をする場合、全身に薬を投与する方法だったが、
この研究が進めば、悪い細胞の核に直接効く効果があり、
癌細胞のある部分だけを温め一定の温度になると薬のカプセルがはじけ、
効いて欲しい部分にだけ治療できるというものらしい。
ナノテクで聞いていて気が遠くなる~
でも理解したいから何度も聞いてしまうんですよ。
私はいつになったらケンゴ君の研究が理解できるんやろう?

この研究が進めば癌だけでなく、いろんな事にも応用できるという。
今は試験管だけの話しなので、もっともっと実験を重ね確率を高め実証し、
その次にマウス実験。
もしかしたらマウスでは実証されないこともあるんだとか。
人間に使われるのはいつの時代なんでしょう・・・
そう考えると、研究や薬の開発って根気のいる作業なんですね。

ケンゴ君は11月、あと2回学会発表があり、次回はポスター発表ではなく、
英語でのスピーチがあり、その資料作りや実験に追われているんだとか。
前日も夜中まで学校で実験をしていて、目が充血しだいぶお疲れのようでした。

いつもは、Tシャツにキャップ帽姿のケンゴ君ですが、
この日はピシッとスーツを着て、まるで別人のようでした。







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 癌の特効薬なるか!?
  • 2007年11月06日 (火)
  • 10時30分11秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる