読者とのご対面

長倉さんのような有名な人の講演って、普通、主催者が長倉さんの脇を固め、
ガードが厳しく、気軽に長倉さんに声をかけられない空気が漂ってるんです。
でも高槻の講演は、長倉さんを「先生」と呼ぶ人などおらず、アットホームな雰囲気なんです。
それに、講演後には交流会があって、長倉さんとゆっくり話ができるんですわ。

こんな機会はめったにないんで、ブログで紹介したり、
興味ありそうな人に声をかけたんです。

長倉さんを知ってる人はみんな17日は用事があり、どうしても行けないと
ショックを受ける人もいました。
で、長倉さんを全然知らない人は、17日なら用事がないから行ってみよっかなー?
っていう感じの人ばかり。

今回は、私の読者2名と初対面しました。

1人はゆうえちゃん。
彼女は旅行記が好きで、本屋で見つけた本をAmazon.conで探していると、
私の本にたどり着き、何気に買って読んでくれたのだという。
今まで友達同士でしか旅行したことがないけど、私の本を読んで勇気が沸いてきて、
私もできるかも?と思ってくれたそうです。
いつもなら著者にメールなどしないけど、私のサイトを見つけて親しみがわき、
勇気を出してメールをくれたそうです。

近頃、一般読者から感想メールがたまーに寄せられるので、
彼女にも同じように返事しました。
彼女は、まさか私から返事がくるとは思ってなかったらしく、
すごい喜んでくれたんです。

そんな彼女は、私ととても会いたがっていたので、
もしかしてアハメットの写真展に来てくれるかなー?って思ってたんです。
でも、彼女はこのブログをたまーにしかチェックをしていなかったようで、
アハメットの写真展でお手伝いしていることを終了日の夜に知って、
すごいショックを受けていました。

自分がブログをチェックしていなかったことに落ち込み、とても悔やんでいたので、
そんなにまで言ってくれるのなら・・・と、
「17日に長倉さんの講演に行くから、ゆうえちゃんもどうですか?」
って誘ったんですわ。
彼女は大喜びして、私と一緒に11時から会場入りして一緒にお手伝いから参加してたんです。

彼女は私と会える喜びに緊張して前日はほとんど寝れず、
待ち合わせ時間より30分も早く高槻に到着したんだとか。

私に緊張するなんて、もったいない~

彼女とは、数回メールのやりとりだけで、詳しいことはほとんど知らなかったんです。
実際会うと、すごい感じいい子で私もホッとしました。

彼女は、私の本が気に入り、旅行好きの友人に勧めたところ、その友人は、
私の本をもう読んで、私の本の内容で盛り上がったんですって。
だから彼女は、「自分が知らなかっただけで、この本は有名なんやー」
って思ったそうな。
彼女の中では、有名な本の著者と会うってことで心臓バクバクだったようです。
そんな風に思ってくれてる人もいるんですね。

もう一人は、アハメットの写真展にたまたま立ち寄って、
私はその日お休みだったんですが、私の存在を知って、
その足で近所の本屋に私の本を探しに行ってくれたそうです。
本を一気に読んで、今まで勇気がなくて踏み出せなかった「トルコへ行こう!」
という思いが強くなったそうです。
私の本を読んで、「がんばって行ってみようと思えるようになった」と嬉いメールを頂きました。
その方とも今回お会いできました。

そして、もう1人は男性。
彼は、私のこのブログが更新されると連絡が入るように設定してくれているらしい。
(でも、なんで登録したのか本人も全く覚えてないという。)
私が長倉さんの講演のお知らせをアップした数秒後に見て、
すぐ実行委員の辻内さんに電話予約してくれたそうです。

彼は一ヶ月前に違う本を探しに書店へ行ったら、長倉さんの本を見つけ、
何気に読んだそうです。
それまで長倉さんのことをまったく知らなかったけど、本を読んで興味を抱いた時に、
高槻で長倉さんの講演があると私のブログで知り、すぐに予約したそうです。

そんな彼は、長倉さんの母校、同志社大の4回生で、しょうちゃんと同級生。
私がブログの管理人だと知ると、プロフィールの写真とあまりにも違うので戸惑ってました。
そらそうやろう~

彼もすごい感じのいい青年で、「彼とは親友になれそうな気がします」と言うほど、
しょうちゃんも意気投合。

彼は、今までアジアだけしか旅したことがなく、
長倉さんの話しやしょうちゃんがこの夏に中東を旅した話を聞いて、
イスラムの国にも興味がわいてきたみたい。
でも、彼はアフリカに憧れがあって、アフリカに行こうか中東に行こうか
ちょっと迷っていました。

実は私、来年春前にマジでリビアを狙っています。
1人は決定していて、もう一人はゆうえちゃんが参加表明。
あと一人・・・と思っていたので、
「私、来年3月にリビア行くねんけど、リビアならアフリカやしイスラムやで。
一緒に行かへん?」
「来年3月!?僕もその時期どこかに旅しようと思ってたんです。
リビア行きます!」
と即決。
ってことで、17日に不足の2名が決まって、4名でリビアを旅してきます。
それまで脱落者が出なければいいけど・・・



コメントの投稿

非公開コメント

長倉さんの話はよかったよ~
東京での講演があれば教えるね。

リビアメンバー決まったけど、脱落者が出そうで・・・
まだ安心できひんねん。

フレーム変えたけど、ちょっと不便もあったり・・・
でもMacには見やすいようでよかったわ。
また変更しようかと思ったけど、このままししておこうかな。

おっと、こちらに色々書いてあったね。
今回も、長倉さんの講演内容、丁寧につづってあって、感心しながら読みました。
それに、またいい体験を出来たようね。
それとリビアメンバー揃ったようですね。
ほっとしたような、寂しいような…(^ ^;)
トーク会③も楽しみにしてます(^-^)

フレーム変えたね。また見やすくなったよ。
Macな私にもサクサクだ!
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 読者とのご対面
  • 2007年11月21日 (水)
  • 10時07分45秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる