貴陽のネットカフェ

【中国旅行記】 ~貴陽のネットカフェ~

息子のカークンプンは、バスで通学している。
家の近所のバス停まで私も付いていき、彼を見送る。
7時に家を出たはいいが、街はまだ真っ暗。
もう少しお店が空いているかな?って思っていたけど、どこも空いてない。
空いているのは、飲茶屋(肉まん屋)だけ。
2008-1-10-5.jpg

お店の前にはたくさんの種類の肉まんおこわのシュウマイなどが蒸され、常に湯気がたっていた。
2008-1-10-6.jpg

むっちゃ食べたいけど、お父さんが作ってくれた朝食を食べたばかりで、もうお腹いっぱい。

貴陽は日本(大阪)よりとても寒く、部屋でも吐く息が白い。
持ってきた下着を何枚も重ね着し、マフラーをするが、朝は特に寒くてたまらない。
まだどこも店も空いてないし、ネットカフェを探すことにした。
息子のカークンプンにネットカフェはどこにあるのか聞いたけど、18歳以下は出入り禁止なので、
ネットカフェには行ったこともないし、どこにあるのか知らないと言っていた。

あてもなく街を歩いていると、アニメの看板を見つけた。
2008-1-10-8.jpg

この看板は、もしかしてネットカフェかも!?
私は道を渡り看板に近づくと、やっぱりそれらしいニオイを感じた。
2008-1-10-7.jpg

中へ入ると、カウンターには高校生ぐらいの若い女の子が眠っていた。

女の子を起こし、デポジットの10元(約160円)を払う。
彼女がパソコン画面に何か打ち込み、私の番号を渡される。
パソコンを指定され、自分でその番号と暗証番号を打ち込むのだが、中国語の画面で私にはわからない。
他の店員にその作業をしてもらい、画面が出てきたらhotmailと打ち込む。
日本語の設定ができないので、(ほんとはできるやろうけど、お店の店員によってそこまでできない)
日本語で打つことはできないけど日本語は読める。

日本では私のサイトを見るには「やっぱり旅はやめられない」と打つと、
このブログがひっかかりクリックをすると見れる。
でも、日本語で打てないからタイトルや名前で検索することができない。
なので、ブログのURLか「kaoridon」と打つと、私のサイトにひっかかり見ることができる。

しかし、他の観光客がたくさん来る国とは違って、中国では(カンボジアも)、むちゃくちゃ回線が鈍く、
メールやサイトを開けるだけで5分以上は要する。
しょっちゅうエラーが出たりして、また一からやり直し。
メールを打ち終え、送信するのも5分かかり、次の画面を開くのにまた5分。
画面を切り替えるたびに待ち時間だけが無意味に過ぎていく。
ネットカフェでは1時間なんてあっという間。
気がつけば2時間も過ぎていたことも。

終了するとカウンターに行き、自分が利用した時間ぶんのお金をデポジットから引かれ、
残りのお金を返してくれる。
このシステムは他のネットカフェでも一緒だった。

8:30になるとやっと夜が明け、私は街へとくりだした。
早朝、時間をつぶすにはちょうどよかった。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 貴陽のネットカフェ
  • 2008年01月10日 (木)
  • 10時40分04秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる